無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 biohazard HD REMASTER (3)

f:id:case56:20161024231803j:plain

大幅に進行。

更新を怠ってしまったため、前回よりも大幅に進行してしまった。どこまで行ったのかと言うと、ジル編で2週クリアしました。

 

初週はHARDでプレイしているかと思っていたが、NORMALだったのね。あれよりも上の難易度があるとなると、ジルは2回噛まれたら死ぬのでは…?

 

色々と書ける事が多いので、早速プレイ記録を書いていく。前回は、1週目の寄宿舎に入ったところで終わったのだったか。

 

寄宿舎に入り、すぐの所にセーブポイント部屋があり、寄宿舎内では、そこを拠点に行動をしていくようであった。最初に行ける部屋が少なく、鍵の使い所等もすぐ分かったのでサクサク進行。本棚を押したら梯子があったので地下へGO。

f:id:case56:20161027011333j:plain f:id:case56:20161027011334j:plain

地下のとある部屋に入って少し進むと、やたら画質の悪いムービーが。ここも綺麗に移植しておけよ…と思いつつもムービーが終わり、現れたのはサメ。こういう明らかにやばそうな輩はスルーするのが定石なので、一発殴られながらも無視して制御室へ。途中で触手がウネついてる部屋があったが、おそらく後程行くことになるのだろう。

 

f:id:case56:20161027012110j:plain

制御室内で、先ほどの水槽部屋の排水を実行…しようとすると、大きいサメが制御室のガラスをタックルで破ろうとしてきて、「損害度~%」的なテキストが左上に出現。おまけに、室内は警報が鳴り赤ランプがプアンプアン室内を照らし散らす。正直結構焦りました(笑)

安全装置解除→シャッター閉鎖→安全装置解除→油圧調整(逆かも)→シャッター閉鎖

とするだけなのだが、どこにどの機材があるのかを把握しきれていなかったものだからテンパってしまった。

 

無事排水を済ませ、行けるようになった道を進んでいく。途中でサメがビチビチしていたのは少し笑ってしまった。ざまあみろ。そして、一段と大きいサメの近くに鍵を発見。どうみてもこのサメが動く展開だったが、やはりその通りで鍵を水中に落とされてしまった。

f:id:case56:20161027012953j:plain

とても取りに行ける状況ではなさそうなので、近くにあった機材を落としスイッチオン。当然のようにサメは感電。ビクンビクンッ

f:id:case56:20161027013319j:plain

その後サメにビビりながらも鍵を回収。水場を歩いているとコントローラーが振動するから無駄に警戒心が煽られるのだ。

 

トロフィー(ブロンズ):デカイにも程がある|ネプチューンを撃退した

 

拾った鍵は、ギャラリーの鍵で地上に戻る必要があるようだ。という事で地上にさっさと戻り、ギャラリーへGO。 耳障りで目障りな蜂に迎えられながら、殺虫剤を発見。いかにもな穴が前の通路にあったのでそこで使用し、蜂をあっさりと殲滅。鍵を見つけ、部屋の中に入ったが現状ではこれ以上どこにも行けそうになかったのでギャラリーを後にした。

 

残る未探索の部屋は一つなのだが、正直行くことが躊躇われた。なぜならば…

f:id:case56:20161027014204j:plain

蜘蛛がいたからである。筆者は虫が苦手なのである。特に、蜘蛛は見ただけでも震え上がり、コントローラーも満足に握れない程手に力が入らなくなり、ましてや蜘蛛と交戦するとなるとあまりの恐怖感と嫌悪感でもうアレな感じになってしまう程である。

 

とは言っても、ここを探索しない事には始まらないので半泣きになりながら探索。アルコールランプにライターを付けたり、ビリヤードの玉を見つめてみたりしている中、見覚えのある赤本を発見。

f:id:case56:20161027014847j:plain

使い所はさっき見つけたばかりなので、早速退散して本棚へ突っ込みに行く。が、その前に電子ロックで閉鎖されている部屋があったので、先ほどの蜘蛛部屋で得た手がかりを元に開錠。そして、中でウイルスに侵された植物に効果テキメンという「V-JOLT」を作成。これをボスに直接使うのか?と思ったが、地下にあった触手部屋(文字にすると嫌な感じがする)で使う方が理に適っているような気がしたのでそこへ向かう。

f:id:case56:20161027015425j:plain

やはり正解だったようだ。植物はもう萎え萎えで、もはや元気の欠片も無い。これでボスを蹂躙できそうだ。という事で地上に戻り、最後の未探索部屋へGO。

 

f:id:case56:20161027015540j:plain

植物はまだまだ元気だった。なんだ?さっき萎えたのは違う植物だったとかそんな感じ?と思っていたら、バリーが火炎放射器を持って登場。危うい感じになりつつも、なんとかこれを焼却。弱ったボスと勝負かと思っていたが、ボス戦すら無かった。嬉しい誤算である。

 

f:id:case56:20161027015905j:plain

部屋内の暖炉で最後の館の鍵を入手。これでようやく洋館を制覇出来るという訳だ。

  

トロフィー(ブロンズ):洋館の鍵制覇|ジルで兜のカギを入手した

 

そして、ここからの洋館はゾンビの代わりに彼らが徘徊することになる。そう、数多くのプレイヤーの首を跳ね飛ばしたというハンターである。PS1の頃は、本当にキャラの首が飛んだもんだからたまげたよね。流石にリマスター版では飛ばないだろうけど。

 

洋館に入るとムービーが。そして満を持して登場ハンター君。

f:id:case56:20161027020954j:plain f:id:case56:20161027020905j:plain

至近距離でショットガンを使えば2発で死ぬようだ。これぞ「ハンター×ハンター

 

トロフィー(ブロンズ):狩人討伐|はじめてハンターを倒した

 

ハンターを蹴散らしながら、兜の鍵をどんどん開けていく。落ち着いて対処すれば、案外怖くないものである。突き進んでいると、何やら怪しい通路に。

f:id:case56:20161027021538j:plain

少し踏み込むと、何かが蠢くような音が。恐れずにそのまま進んでいくと、

f:id:case56:20161027021523j:plain

リヴァイアサン討滅戦。今回はリチャードのギミックが無いようだ。しかし、前回出会った時から、尻尾を追いかけていれば被弾しない事は分かっていたので、逃げ回りながらグレネードランチャーを5,6発撃つと…

f:id:case56:20161027021935j:plain

ち~ん(笑) 完封勝利である。

 

トロフィー(ブロンズ):ヘビはこりごり|ジルでヨーンを倒した

 

この後、引き続き洋館内を探索し、バッテリーを入手。これの使い所に悩まされたが、何とか発見。ここは盲点だった。

f:id:case56:20161027022352j:plain

ここからクランクを操作し、滝を消したら地下へGO。地下に入って道なりに進むと、仲間のエンリコを発見。しかし、裏切者がいることを臭わすことを言った途端に射殺されてしまう。

f:id:case56:20161027022804j:plain f:id:case56:20161027022820j:plain

この先は行き止まりだったので、彼が持っていたクランクを入手して引き返すっす。ちなみにこのクランクは六角っすよ。

 

六角の穴は地下に入った部屋にあったのでそこで使うのだろうと考えていたら、帰り道でハンター2体に遭遇。グレランも持ってるしいつも通り蹴散らす。

f:id:case56:20161027023157j:plain

蹴散らされた。

 

油断は禁物という事を肝に銘じておき、いざ再開。この後ハンター達に勝利し、その先へ。そして…

f:id:case56:20161027023637j:plain f:id:case56:20161027023513j:plain f:id:case56:20161027024122j:plain

岩を避け、デカい蜘蛛を粉砕し、突き進んでいく。結果的に、道中にあったエレベータの作動に成功し、そこでバリー合流。そして、頭巾被った輩に追われたりバリーに逃げられたりしながらもまだまだ突き進むと、再びバリーと合流。悲劇の頭巾氏との戦いにも勝利し、いよいよ舞台は研究所へ。

 

トロフィー(ブロンズ):クモ恐怖症|ブラックタイガーを撃退した

トロフィー(ブロンズ):仲間を信じる心|リサ・トレヴァーからバリーを助けた

 

が、流石に長くなってきたので今回はここまで。