読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 フィリスのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ (3)

RPG アトリエシリーズ プレイ日記

f:id:case56:20161103001638j:plain

不思議な雑用の錬金術

 

 

引き続きフィリスのアトリエをプレイ。MHFGが、来週からMHFZになるということで、「G最後の宴」なるものを開催しているようでそちらも少し気にしつつプレイ。

昨日は、丘陵にある村に到着し公認の錬金術士様から推薦状を書いてもらおうとしたら、後回しにされたところで終わった。今日はその続きから始める。

 

公認の錬金術士様(ディオンという名らしい)が修理するという風車へ行くと、イベントが発生。風車の修理が終わった矢先、他の村人3人がディオン様に頼み事があると駆けつけてくる。

「推薦状はこれらの頼みを解決してから」と言われ、「それなら、自分達が手伝った方が早く解決出来るだろうし手伝います!」とお手伝いをかって出るフィリス嬢。かくして、お使いクエストが始まるのであった。

 

村民の頼みは全部で3つあり、

  • 逃げた牛の確保
  • 成りすぎた果実の収穫
  • 魔物退治

で、フィリスが担当するのは上の二つだけである。

 

適当に解決できそうな方から進行しようという事で、まずは果実の収穫から。木をぶん殴って果実を落とすだけでいいのでこれは楽ちん。というか、この程度の作業にわざわざ錬金術士を呼び出す意味はあったのだろうか…。

 

次は牛探しのクエストへ。こちらのクエストは、干し草を用いて牛を誘き寄せるか、自分から牛を探しにいくかの二択で進行できるらしい。なるほど、これは少し面白い。

 

f:id:case56:20161104214939j:plain


干し草は拾うのではなく錬金術で作成するのだが、違うクエストで「赤麦パン」を納品すると報酬でレシピを貰えそうなクエストがあったので、そちらを先にクリアしてからやると楽に終えられそうだ。というわけで、先に「赤麦パン」の納品へ。

 

f:id:case56:20161104215034j:plain

無事終了。赤麦パン作成の材料であるハチミツを作るためには、気を叩いてハチの巣をいくつか入手すればよい。文字にするとかなり危ない事をしているように見える。

 

これで牛探しを終えられる…と思ったが、その前に二つばかり寄り道を。

まず一つ目。前回の記事で、旅人に回復アイテムを渡すクエがあったと書いたが、質の良いものを渡すルートで進めそうになったのでそちらを進行。

 

f:id:case56:20161104221701j:plain

↑クエストの分岐条件は、効果欄一番上の「HP回復」が中かそれ未満かで変わるみたいだ。

薬を渡すと、ソフィー並に薬作るのが上手いねと褒められ、君程の錬金術士ならならグリフォニアンを倒せるんじゃないかと、なぜか怪我をさせられた怨敵の討伐を頼まれることに。いくら錬金術師とはいえ、普通こんな小さい女の子にあんなやばそうなやつの討伐を頼むだろうか…。

 

f:id:case56:20161104222048j:plain f:id:case56:20161104222206j:plain

というわけで、全滅覚悟で討伐開始。これで命を落としたら、あの旅人を呪ってやるんだからッ

 

f:id:case56:20161104222304j:plain

まさかの勝利。

フィリス嬢、案外剛の者だった。

 

一連の旅人のクエストを終え、二つ目の寄り道。それは、謎の鍵の作成である。

 

f:id:case56:20161104215128j:plain

以前、いきなり変な人が入ってきて鍵の修理を頼んできたが、その時点では材料不足で作れなかった。しかし、今なら作れそうだったので忘れないうちに作成。すると、イベントが発生。

 

f:id:case56:20161104215144j:plain

オーケーレヴィ、クールにいこう。トゥーハンドの異名を持ってそうだけど、普通の剣士だった。レヴィは、「見かけたら声をかけてくれ」的な事を言って去るのだが、村の酒場で発見出来たので、PTに入れたければそこで話しかけるとよい。

 

f:id:case56:20161104222720j:plain

↑筆者の場合は、丘陵の酒場内で発見出来た。

 

レヴィをPTメンバーに加えて、いざ牛探しを再開。どこに干し草をおけばいいのかとしばらく彷徨っていたら…

 

f:id:case56:20161104215927j:plain

ここか。クエストに関わる人はマップに載るのだから、地点もマップに表示しておいて欲しいものである。

 

お使いを終え、再びディオン邸へ。今度こそ推薦状を…と思ったが。風車がおかしいと村人が入ってくる。ディオン氏は再び風車へ向かう事となり、推薦状は後回しに。またかよ(笑)

 

風車前に行くと、ディオンが突っ立っているので話しかける。すると、結構まずい状況みたいだという。というわけで、再びディオンを手伝う事に。今回は、風車の部品を一つ作成するだけでいいみたいだ。

 

ディオンは他のパーツ制作に使う材料を探しに出かけると言ってすぐに別れてしまった。そしてその直後に、頼まれたはいいが肝心の作り方を教えてもらっていない事に気付くフィリス。「頼むなら作り方ぐらい教えとけよ…」と舌打ちをする(してない)フィリス嬢は、風車の部品の作り方を知ってそうな人物を探すのだった。

 

結局知ってる人はいなかったのだが、毎日酒場のそばで木を打って遊んでいるマスターに聞いてみると、「ディオン邸にパーツについて手がかりが」と言われたので無断でお邪魔することに。すると、

 

f:id:case56:20161104220440j:plain

あった。レシピはこれで閃いたので、早速アトリエへ戻って製作に取り掛かる。パーツは、周囲で取れる素材だけで作れるようになっているので、特に詰まる事も無いだろう。

 

パーツを制作してディオンの元へ。またハプニングが起こって、後回しになりそうな気がしないでもない。

f:id:case56:20161104220956j:plain

まったくである。嫌な予感がしつつも風車のパーツを渡すと…

 

f:id:case56:20161104221229j:plain

やったぜ。ようやく推薦状を入手。リア姉は虫歯なのかな?

 

この後、丘陵を抜けて次は林へ。入るとイベントが発生し、イルメリアという少女と出会う。この子は、丘陵の村で出会った錬金術士の子で、どうやら杖が折れてしまった上に、爆弾も使い切って困っている様子。

 

アトリエなら貸してあげてると、修理をパパッとすませてしまうイルメリア。どうやらなかなかの腕前らしい。お礼として、発破用フラムを頂きさようなら。OPのアニメに結構出てたし、後でまた出会ってPTメンバーに加入しそう。

 

そして、ここら辺からアトリエメイクなる機能が解禁。アトリエ内の模様替えが出来るという事で、ベッドやらなにやら設置したり取り替えたりが出来るらしい。

f:id:case56:20161104221322j:plain

↑アトリエメイクはベッドを調べると開始できる。

 

手始めに、アトリエメイクと同時に解禁された新しいベッドのレシピを元に、製作しようかと思ったが現時点では素材が足りなかった。今後どういったものが追加されていくのか楽しみである。

 

この林は地点間の通路のようなもので、特にこれといって重要そうなロケーションは無さそう。途中、変なおb…お姉さんに会ったが気にしない。

 

f:id:case56:20161104230017j:plain f:id:case56:20161104230141j:plain

また、現在地の確認をする事出来たので確認してみる。最終的な目的地がどこにあるのかはまだ見えなかったのだが、果たして期間内にたどり着き、目的を達成する事が出来るのだろうか。少し不安になってきている。

 

林からは4つの地に行けるみたいだが、とりあえず森へ進んでみる。するといきなりイベントが発生。

f:id:case56:20161104230305j:plain

デカい。そして仲間になりそうな直感が走る。

とんでもない方向音痴さをイベントで披露した後、すぐ話しかけられる所にいたので話しかけてみると…

 

f:id:case56:20161104231006j:plain

やっぱりなった。これでPTメンバーは4人と全ての枠が埋まった。なんとなく、ゲームが本格的に始まった気がする。

 

森に入ってすぐのたき火でテントを張り、今日はここまで。

マップが広く、クエストが沢山始まるので、つい寄り道しがちになってしまうのは楽しいのだが、時間もどんどん過ぎていくので、期間内に目的を達成できるのか少し不安になる。まぁ、なんとかなるか(笑)

 

続く。