読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 龍が如く6 命の詩。 (6)

龍が如く6 命の詩。 - PS4

 

シュレピッピ

 

 

違う記事を作成していたため昨日はお休みしていたわけだが、モリモリ進行していた龍が如く6。一応、ラスボス前までは来たのだが、その前にやる事はすべて終わらせておきたかったので、サブイベントの消化などに奔走する事となった。

 

 

 

勇太を連れて神室町に戻るところから再開。ストーリーはかなり進み、色々起きたのだが全て書いていくのは大変なので端折りながらザックリとアバウトに書いていく。

 

 

 

 

中国マフィア(祭汪会)の本拠地へ  

 

 

神室町に二人戻った桐生と勇太。予定通り、祭汪会のリーダー(ロウ)に会いに行くつもりだったのだが、勇太が一人抜け出して勝手に会いに行ってしまう。おそらく、ロウと二人で心中するつもりなのだろうと読んだ桐生は、勇太を追って祭汪会の本拠地へ向かうのだった。

 

 

 

f:id:case56:20161214213613j:plain

燃え盛っている祭汪会の本拠地には、やはりあいつもいた。今作は使い回しのボスが多いな。

エドを倒し、最上階に着くと、そこには勇太と倒れているロウが。このままここに残り二人で死ぬと言い張る勇太に、早く逃げろと言う桐生。どうしても逃げる気配が無かったので、

 

 

 

f:id:case56:20161214213908j:plain

はよ逃げるぞ^^

勇太を撃破すると、3人で本拠地を脱出。それから、ロウからながーーーーーーーーーーーい話を聞くのだった。

 

 

 

再び尾道

ロウからの話を聞き終え、尾道に眠る秘密についての手がかりを入手した桐生達。それと同時に、広瀬の親父が勇太をロウと刺し違えるように仕向けたとの話も聞き、広瀬の親父への疑念も募らせる。

その話を広瀬組の連中にすると、一同は激怒。「いくら桐生”さん”といえどもそれ以上は許せんッ」ということで…

 

 

 

f:id:case56:20161214214559j:plain

喧嘩に。少しこらしめたところで

 

f:id:case56:20161214214840j:plain

敵さんが沢山押し寄せてきた。どうやら相手も尾道の秘密を守るのに必死らしい。

これらの敵を、広瀬組の連中と協力して倒すと、全員で秘密を解明しようという事になり、謎解きフェーズへ突入。街にある石碑巡りをさせられた。謎解きを終えた結果、秘密は巌見造船所にアリ、という事で、造船所へ行くことになる。

 

 

f:id:case56:20161214215202j:plain

造船所内は、もちろん敵が沢山。徐々に味方の数を減らされながらも最奥へ到達すると…

 

 

f:id:case56:20161214215538j:plain

広瀬の親分が登場。「秘密に触れるのはやめておけッ」みたいな事を言われたが、ここまできてそんなことも出来るはずはなく。ということで…

 

f:id:case56:20161214215655j:plain

長年秘密を守り続けてきた親分と対決。「かなり年を取っているようだが、まともな喧嘩が出来るのだろうか…?」と思っていたが、バリバリ動ける状態だったので無用な心配だった。

 

f:id:case56:20161214215814j:plain

大御所だろうが関係ねぇぞ、馬鹿野郎この野郎ッ

 

親分を倒すと、これまたながーーーーーーーーーーーーーーいムービーが。尾道の秘密や、巌見造船の親分と広瀬の親分の関係など、色々な事が解明されたムービーだったが、まとめるのが面倒なのでカット。決して内容を忘れたわけでは無い。

少しだけ説明しておくと、広瀬の親分は幼い頃から巌見の社長に借りがあって、その借りを返すために昔から秘密に近づく人間を始末していたという話でした。

その後広瀬の親分は巌見の親分に射殺される。なんてこったい。あとの詳しくはまぁ個人でプレイしてみてつかぁさい。

 

 

 

サブイベントの消化(尾道編)

広瀬の親分ともお別れをしたところで、遥が目覚めたとの報告を受けたので再び神室町へ行こう、となったところで尾道のサブイベントの消化を開始。時限の物は無かったようだ。

 

f:id:case56:20161214220721j:plain

ゴーストハント

 

 

f:id:case56:20161214220739j:plain

シュレピッピッ(怪しい宗教団体内での専門用語。「再教育」という意味らしい)

 

 

f:id:case56:20161214220834j:plain

素潜りの龍ッ

 

 

f:id:case56:20161214220901j:plain

素潜りのミニゲームは、上の画像のようなシューティングゲームのようなものだった。スコアに応じて、金と素潜り専用の経験値がもらえ、コースは全てで3つ。

なお、サブイベントコンプリートの為には3つ全てのコースでクリアする必要があるが、後述するスナックのサブイベントを全てクリアしてから挑むと楽らしい。(スナックイベント完結前に挑んだ人←)

 

 

f:id:case56:20161214221026j:plain

スナックッ

スナックのイベントを終わらせた後、ママから素潜りで使える強力な銃を貰えるとのこと。先に言えよ。

 

 

こんなところだろうか。かなり端折ったが、サブイベントなのであえて書くことも無いのでまぁいいだろう。

 

 

 

再び神室町へ  

尾道でやれる事を全て終わらせたところで、神室町へ帰還。あとは神室町のサブイベントを全てこなせばメインに集中することが出来るのだが、これがまた長くなりそうであった。

メインを進める前に、簡単に消化出来そうなサブイベントを消化しておき、気分的にスッキリしたところでメインを進行。

 

目覚めた遥と顔を合わせ、一安心する桐生さん。そこで、自分の命を狙う東城会の菅井と、巌見の息子を殺害しようと考える。まずは神室町内にいる菅井から、ということで、広瀬組の連中と秋山を連れて…

 

f:id:case56:20161214222112j:plain

殴り込みッ

殺しなんてしたら、またムショに入らなきゃいけないんじゃ…

 

 

f:id:case56:20161214222147j:plain

最上階にて、菅井を殺害…と思いきや、菅井はいなかった。代わりに、元妻である清美ママを人質に取られた染谷と決戦。しかし、染谷には桐生を殺すほどの力がなかったためこれに失敗。染谷が死ねば清美ママは見逃してやると言われ、染谷は自分で腹を切るが、清美ママもついでに殺されてしまう。

 

f:id:case56:20161214222448j:plain

一人残された娘を頼むと言われ、頼まれたという南雲。この二人の間にそこまでの信頼があったっけ…?

 

父親同然に慕っていた広瀬の親分を失い、愛する清美ママも失った。これでもう失うものは無いという南雲は、桐生に最終決戦のお供をするという。ここで、「準備が完了したのでGO」といえば、おそらくラスボス戦が始まるのだろうが、その前にサブイベントやら色々消化しておきたいので後回しに。

 

 

今日はここまで。次回には終われるか…?と思ったが、キャバクラが思いの外だるくてなかなか進行しない。また、プラチナトロフィーを取得するには全てのステータスを300にしなくてはならないので、その作業も時間がかかりそうだ。

最悪、プラチナは諦めればいいが、ここまで来て諦めるのも癪なので、出来る限り粘ってみるつもりである。

 

 

 

続く。

 

 

 

 

龍が如く6 命の詩。 - PS4

龍が如く6 命の詩。 - PS4