無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 NieR:Automata (1)

ニーア オートマタ - PS4

 

これは呪いか。それとも罰か。

 

今日発売のニーアオートマタを開始。アサクリコレクションも一緒に購入したが、そちらの開始は後回しにする事に。まぁ、そちらはPS3でプレイ済みだしね。また、昨日まで進行していたBO3については、残りは作業のみということなので合間合間にチマチマと進めていく事にする。残る作業内容についてだが、勲功は全て終わり残りは武器迷彩のみとなっている。各武器で650キルとは中々の作業量のように感じられるが、果たしていつ頃終われるだろうか。

 

 

話をニーアに戻す。例のごとくアップデートファイルが既にあったので、それをDLしてから開始。容量は2,3GB程度だったような。

ゲームを起動し、スタートボタンを押す。すると…

 

f:id:case56:20170223223044j:plain

「セーブ方法はゲーム内を探してください。」 って…見つからなかったらどうするんだ。オートセーブに対応していなかったり、セーブ方法について云々というのはやはりストーリーに関係があるからなのだろうか?今からストーリーがどういう展開になるのかワクワクである。

 

 

f:id:case56:20170223223552j:plain

セーブデータを作成する際に、恒例(?)の名前入力が。前作にも同様の手順があり、その時は同名のセーブデータを作成する事が出来ないという制限が課されていたが…今作でもそうなのだろうか。気が向いたら試してみよう。

 

 

f:id:case56:20170223223849j:plain

続いて難易度選択。初見という事なので、無難にNORMALを選択。多分ほど良くゲームを楽しめるということらしいが、どの程度の難易度なのだろうか。また、途中で変更する事はできるのだろうか。まぁ、なんとかなるか。ACTはそれなりに慣れているジャンルでもあるしね。

 

 

f:id:case56:20170223224133j:plainさて、ゲームを開始…する前に、体験版でも行ったキーコンフィグの設定を行う。DMCシリーズに極力近いようなキー配置にしてみた。「ポッド切り替え」の使用頻度によっては方向キーとL2R2の配置を変えてみてもいいと思われたが、それは後々考えていく事にする。

キーコンフィグの設定を済ませると、ようやくゲームを開始。「ようやく」とは言っても、文にすると少し長く感じるかもしれないが、実際には大した手間では無いのでその辺が気になる人は気にする必要は無い。

 

 

f:id:case56:20170223224456j:plain

ゲームを開始すると、まずはSTGパートから始まった。いくつか機体が飛んでいたが、最終的には主人公以外の機体は全て破壊されてしまう。情けない奴らだ。

襲い来る敵を適当にあしらい、放たれるビームを適当に避ける。そんなことをしているとムービーに入り、体験版のパートへ突入。変更されている点があるのかと思ったが、特に見当たらず体験版まんまだった模様。少しだけ敵の攻撃力が下がっていたような気がしたが、気のせいかもしれない。

 

 

f:id:case56:20170223232604j:plain

横スクロールになったり

 

 

f:id:case56:20170223232629j:plain

俯瞰視点になったり。この辺は体験版まんまなので気になる人はそちらをDLしてやってみよう。

 

 

f:id:case56:20170223232717j:plain

開発が数多くの良作ACTを生み出しているところというだけあって、爽快感のあるアクションは健在。今作は回避がとても強力で、適当に連打しているだけでほとんどの攻撃を避けることが出来るので、ACTが苦手な人でもある程度は楽できる仕様になっているのも嬉しい。なので、ACTが苦手だからと敬遠している人も、その点はあまり心配する必要は無いと思われる。

道なりに進んでいくと、やはりボス戦が始まる。ここも体験版と大して変わらないのでササッと流す。

 

f:id:case56:20170223232744j:plain

まずは第一形態。先端に回転のこぎりが付いた二本の腕と戦闘。そこそこタフだったが、特に厄介な動きをしてくるわけでもなく、隙もかなり多かったので難なく撃破。相手の動きが分からなくて上手く立ち回れなかったとしても、回避を連打していれば全ての攻撃を避けられると思うのでかなりゆるいボス戦だと思う。最初だしこんなもんよね。

 

 

f:id:case56:20170223233409j:plain

続けて第二形態。今度は本体を戦闘。弾幕を張ってきたり腕を振り下ろして来たりと中々にアグレッシブな動きを見せる敵だったが、これまたスイスイと避けながら攻撃するだけで勝利。特に書く事無しッッ

 

 

f:id:case56:20170223233436j:plain

そしてイベント。2B(主人公)を守ったせいで9S(スクショの人)が負傷。すぐに救助に向かわねばッ…ということでさっさと救助しに行く。9Sの元へたどり着き救助しようとすると、大勢の巨大ロボに囲まれる。こいつぁまずいぜ。

 

 

f:id:case56:20170223233516j:plain

そしてお別れムードに。 この後、二人が持っている黒い箱をこっつんこするとなぜか大爆発が発生。大勢のロボットもろとも吹き飛ばされてしまいましたとさ。めでたしめでたし。こんなことをして二人は無事で済んだのだろうか?とても助かるとは思えない描写だったが…

 

 

f:id:case56:20170223234520j:plain

そして舞台はバンカーと呼ばれる謎の施設へ。ここには2Bや9Sのようなアンドロイドやオペレーターが大勢おり、 

 

 

f:id:case56:20170223235411j:plain

そして簡単なストーリーの説明が始まる。どうやら、地球に異星人とその兵器である機械生命体が襲撃してきて、人類は月に追いやられてしまったらしい。その結果、地球にあった人類文明は壊滅してしまうこととなった。未だに地球に居座り続ける機械生命体を排除すべく、人類はアンドロイドを作り出しそれらを地球に送り込む。そのアンドロイドが2Bや9Sであり、個体によって得意分野が違うらしい。なるほど、そういう話だったのね。体験版をプレイしただけで、そういった情報は一切仕入れていなかったので、こうしたストーリーの説明はありがたい。

で、2Bと9Sはアンドロイドということもあり、データをバンカーにアップロードすれば複数の個体で記憶を共有する事も出来るそうな。ということは、いくら2Bが死んでも記憶のアップロードさえしていれば(言葉が悪いが)替えはきくということなのね。なるほど納得。(この理解で正しいのかは不明だが)

 

 

f:id:case56:20170224000357j:plain

そうこうしていると、新たな任務を任される。次の目的地は滅んでしまった市街地。相変わらずロボットが闊歩していたが、ばっさばっさとなぎ倒していく。鹿のような獣もおり、容赦なく襲い掛かってきたので遠慮なく討伐。毛皮の素材をドロップしたが、何かの作成に使うのだろうか?素材はいくら持っていても損はしないので、見かけ次第どんどん討伐していく。

 

 

f:id:case56:20170224001252j:plain

探索をしていると、川を発見。近づいてみると、釣りが出来るという知らせがあったので 試しにやってみる。システムは至ってシンプルなもので、ポッドを投げ込みポッドが沈んだら〇を押すだけ。主人公のサポートだけではなく、釣りもできるとは…なんて高性能はポッドなんだ。それにしても、ペルソナ5といいFF15といい最近の国産ゲーでは釣りをする事が多いような気がする。

 

 

f:id:case56:20170224001627j:plain

市街地の奥でレジスタンスのキャンプを発見。そこで次の任務を聞けるらしいが、果たしてどんな内容なのだろうか?とりあえず、レジスタンスの頭に聞いてみよう。

 

 

というところで今回は終わり。あまり進んでいないが、これはBO3の武器迷彩作業と並行して進めているためである。妙にBO3のモチベが高いせいで、しばらくはニーアの進行スピードが遅くなるかもしれないが、そこはまぁ仕方ないということで勘弁して頂きたい。キャンペーンの迷彩は何時間程度で全て解除できるのだろうか…気が向いたら調べてみよう。

アサクリも早くプレイしたいので、なるべく早く消化するよう心掛けたいところ。これで来週にはHorizonも出るんだよな…色々と間に合いそうにないッッッ

 

 

続く。

 

 

 

 

Horizon Zero Dawn 初回限定版 - PS4

Horizon Zero Dawn 初回限定版 - PS4