無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 MHF (9)

モンスターハンター フロンティアZ ビギナーズパッケージ - PS4

 

狩猟のセオリー 

 

引き続きMHFを進行。とある勘違いからスキルシミュを回し直す羽目になり、その結果製作する装備が変わってしまった。素材と金を多少ながら無駄にしてしまったが、仕方ないと割り切ることにする。自分がなぜあんな勘違いをしていたのか…2017年の七不思議が一つ、埋まってしまった。

スキルシミュを回し直した結果、辿異レウスに用は無くなり代わりに辿異フルフルを狩ることになった。エスピナスティガレックスについては、引き続き素材が必要なので戦い続けることに。特にエスピナスは、素材の必要量が飛躍的に増したので回しまくる必要が出てしまった。果たして、ナス狩りはいつまで続くのだろうか…。

というわけで、今日やったことをまとめると…

 

 

である。前回と大して変わらんね。仕方ないね。そういうゲームなんだもん。同じ敵を狩り続けても中々飽きないこのゲーム性は、素直にモンハンの凄いところだと思う。なんでだろうね。他の狩りゲーだとこうはいかないのに。モンスターのモーションの作りこみの差かねぇ。

 

 

 

辿異エスピナス

 

もう嫌というほd(ry

戦いなれた敵というだけあって、立ち回りが非常に洗練されておりだいぶ上手く立ち回れるようになった…ような気がする。コモン素材はもう十分すぎるほどたまっているので、狙う素材は部位破壊素材となる。特に、腹破壊で出現する毒腺と刺胞嚢は、腹破壊のしにくさと相まって常に不足気味。上手く腹を破壊して稼いでいきたいところなのだが…これが中々難しい。というか、ガンナーじゃないと無理なんじゃなかろうか?剣士オンリーのPTで戦った場合、上手くいったことが無いような気がする。ガンナー装備は一応作ってはあるのだが…ガンナー自体まともに使ったことが無いので、立ち回りが死んでいるのが最大の難点。練習せねば…。

 

f:id:case56:20170405001934j:plain

毒腺に限っては、クエストの報酬で低確率で出現するので、その手法で集められなくもない。が、確率がかなり低い(3%程度?)ので、効率はかなり悪い。

 

 

 

辿異ティガレックス

 

最新の辿異種。特殊な状態異常である「出血やられ」と、異常に発達した爪が特徴であり様々な面で原種とは一線を画す個体。特に出血やられはなかなか厄介であり、上手く対処できないとスリップダメージによる思わぬ乙が発生してしまうことも少なくない。また、たまたまなのかもしれないが辿異種の中でもタフなように感じられ、討伐時間が非常に長くなってしまうことが多かった。え?筆者が下手糞なだけではって?

 

f:id:case56:20170404220357j:plain

800にもなると、足踏みなどの細かいダメージが結構痛く、適度に回復をしなければ根性貫通コンボで死亡しかねない事が多かった。

 

 

 

辿異フルフル

 

個人的に一番嫌いな辿異種。(まだ戦ったことが無い辿異ドドブランゴと辿異アクラ・ヴァシムを除く)

嫌いな理由は、ずばり問答無用で即死する攻撃があるためである。それも、攻撃の予兆が長くわかりやすいならばまだ分かるのだが、予兆が短く注意しないとほぼほぼ食らうレベルのものであるのがなお質が悪い。筆者は、即死ゲーがかなり嫌いな人間なのでこの手の仕様は本当に勘弁してほしかった。即死ゲーってつまらないじゃないですか。どれだけこっちが頑張って立ち回ったとしても、相手がワンパン入れれば相手の勝ちって…なんというか、フェアじゃないような気がするのである。俗に言う、「理不尽」ってやつですね。

 

f:id:case56:20170404220706j:plain

クエストの失敗率もずば抜けて高い。しょうがないね。ぶっちゃけこれはコンテンツ側が悪いと思う。

 

 

 

各種GHCモンスター

 

精錬するために、様々なモンスターを狩猟。と言っても、シミュを回し直したおかげでこちらの作業量は大幅に減少した。正直、これに関してはかなりありがたかった。前回のシミュでは8割方の装飾品が新規に作成するものだったからな…早めに勘違いに気づけてよかった。

狩猟したモンスターは、ゴゴモアイャンクック亜種、エスピナス亜種(茶ナス)、ゼナセリスの4つのみで、 ゴゴモアイャンクック亜種の二体は無事素材を集めきることが出来た。茶ナスとゼナセリスに関しても、残るはGHC素材一つとコモン素材のみという状態まで持って行けたので、なかなかいいペースで進めることが出来たと言える。ゼナセリスの防具は、精錬にGHC素材が不要なのがとても良心的で素晴らしい。他のG級防具達も見習ってほしいものである…が、そうしてしまうと流石にぬるすぎますよね。

 

f:id:case56:20170404220946j:plain

茶ナスは20体ぐらい狩ったが、HCは一度も引けず。出ない時はとことん出ない典型である。2%恐ろしい。

 

 

 

今日はここまで。思いのほか高いモチベが保てているので、もう少しMHFに集中してプレイしていこうと思う。次にプレイするCSゲームは、おそらくアサクリRになる…と、思われる。アサクリRのプレイを渋る理由として、面倒な(というか、やるのが苦痛そうな)トロフィーが2つほどあるためである。なんでも、一人称視点であれこれやらされらしいのだが…一人称視点のゲームは基本的にあまり好きではないので、それはやりたくないなぁと。まぁ、最悪トロフィーなんて無視して遊べばいいだけなのだが。今更コンプ率なんて気にするようなリストでもないしね。

 

 

 

続く。

 

 

Horizon Zero Dawn 通常版 - PS4

Horizon Zero Dawn 通常版 - PS4

 

 

 

 

広告を非表示にする