読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【PS4/PS3】プラチナトロフィー難易度別おすすめソフト10選(初級編) Part2 【PSVita】

f:id:case56:20170405214437p:plain

 

プラチナトロフィーの取得が簡単なおすすめソフト集、Part2

 

好評(?)につき、Part2を書くことに。全く需要が無かったらどうしようと思っていたが、思いのほかウケてくれたようでなにより。難易度の基準も、面白いの基準もあくまで筆者の基準なので、参考程度に見てくれるとありがたい。

 

()内の数値は、プラチナトロフィー取得難易度の指標。点が高いほど厳しい。 

 

 

 

1. Dante's Inferno(1.5/10) 【PS3

 

ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~

 

GOW(ゴッド・オブ・ウォー)シリーズによく似た作風のACT。プレイしたのが非常に前のことなので、内容については細かく覚えていないが、とにかくGOWによく似ていた作品だということは覚えている。つまりはそういうこと。GOWシリーズが好きだという人や、海外産のACTが好きだという人におすすめ。

トロフィーに関しては、ストーリークリア(収集物含む)+闘技場でプラチナトロフィーは取得できたはず。追加トロフィーがあるため、それだけでは100%にできないのは注意。闘技場とは、戦い続けるチャレンジ要素のようなものであり、クリアするのは難しい…わけが無く、遠距離攻撃を連発しているだけでクリアできてしまう。闘技場に限らず、このゲームは遠距離攻撃が強かった記憶があるので、困ったら適当に遠距離攻撃を連発していればなんとかなるのではなかろうか。

 

 

 

2. BIO HAZARD HD REMASTER(3.5/10)【PS4/PS3

 

バイオハザード オリジンズコレクション Best Price

 

有名なサバイバルホラーシリーズの第一作目。PS1で発売されていたものは、ラジコン操作でしかプレイすることが出来なかったため操作の癖が強かった。しかし、HD版はリマスターに伴って通常の操作も追加されており、操作の癖が解消され非常に入り込みやすくなった。銃をぶっ放し、豊富な格闘技で敵をぶっ飛ばしまくっていた456と比較すると、アクション要素が控えめになっている今作であるが、シリーズの原点というだけあってホラー要素はこちらの方が上。ホラーゲームがやりたいという人や、このシリーズの原点が知りたいという人は迷わずプレイしてみることをおすすめする。

トロフィーに関しては、周回が必要なものの一周あたりが短いため、コンプ時間はあまり長くならない。とはいっても、タイムアタックやノーセーブクリアなどといったチャレンジプレイも求められるため、初級編で挙げている他のソフト達に比べるとコンプ難易度は若干高め。ゲームのコツさえ分かってしまえばこれらのチャレンジもそこまで手こずることなくクリアできてしまうので、その境地にいかに早く至れるかが勝負どころ。中級編に入れるか迷った作品であるので、初級編卒業試験のソフトと見ると面白いかもしれない。

 

 

攻略:

【トロフィー攻略】 biohazard HD REMASTER - 無名の手記

 

 

 

3. BIO HAZARD 5(3.5/10)【PS4/PS3

 

バイオハザード5 - PS4

 

有名なサバイバルホラーシリーズの5作目。上記のバイオハザードHDと比較して、こちらの方がアクション、TPS色が強い。銃を撃ち敵を怯ませ、その間に近づいて格闘術をぶち込むというのが主な立ち回り方であり、必要最低限の戦闘はなるべく避けていた初代バイオとは大きく異なる。銃をぶっ放し敵をバシバシ葬っていく爽快感はもちろんのこと、銃を強化していく面白みや協力プレイで遊ぶ楽しみもあり、ゲームモードもストーリーモードのみならず色々あるので、様々な楽しみ方が出来る。長年愛されているゲームであるので、まだ未プレイだという人は是非触れてみてはいかがだろうか。

トロフィーに関しては、プラチナトロフィー取得という範囲内であれば、本編を最高難易度でクリア+αで終われる。最高難易度というのは、敵の火力が非常に高くなっており普通にやると厳しいかもしれない。しかし、弾薬無限の公式チートが使用可能なので、強力な武器を担いでそれを用いれば簡単にクリアすることが出来る。作業も多少はあるのだが、数時間もすれば終わる範囲なので構える必要は無し。ただし、トロフィー100%を狙うのであれば話は別。オンラインの対人要素が絡むためまともにやっては厳しいかもしれない。幸い、談合することは可能なので、人を集めてから挑むと楽に終われるだろう。

 

 

 

4. Horizon Zero Dawn(2.5/10)【PS4

 

Horizon Zero Dawn 通常版 - PS4

 

最近発売された、オープンワールドの狩りゲー。巨大な機械獣が闊歩している世界を歩き回り、主人公・アーロイの母と世界に迫っている脅威についての情報を集めて回る。敵を観察し、弱点部位や歩行ルートから戦略を考え実行するという、正に狩りといったゲーム性が特徴的で、モンハンとは若干異なる狩りの面白さがウリ。戦略通り上手くいった時の快感が凄まじく、巨大な機械獣を自分のペースで圧倒し撃破できると非常に楽しい。また、パッケージの裏で「大自然」と謳っているだけあって、自然の描写が非常に綺麗であり、その手の楽しみ方が好きな人からすると、ゲームをプレイする度にスクショがどんどんたまっていくことだろう。

トロフィーに関しては、一部スキルが必要なものがあるが、レベルを上げれば解決することがほとんどなので心配する必要は無し。時限トロフィーが一切ない上、収集要素もほとんどゲーム内のマップに位置が記されているので、手間があまりかからない。ゲーム内容のみならず、トロフィー内容も非常に良心的なので、このゲームに興味があるという人は是非プレイしてみることをおすすめする。

 

 

攻略:

【トロフィー】 Horizon Zero Dawn 【攻略】 - 無名の手記

 

 

 

 

5. inFamous Second Son(3/10)【PS4

 

inFAMOUS Second Son 【CEROレーティング「Z」】

 

善悪と煙による超能力が特徴的なACT。 煙を自在に操る超能力は実に多彩で、手先から煙を射出する基本的な攻撃から、自身の体を煙化して配管の中に潜り込み移動してみたり、煙を両腕から出し空中をホバー移動したりと様々。これらの能力を駆使しながら街を駆け回る楽しみはもちろん、襲い来る敵を超能力で一網打尽にする爽快感もある。戦闘に関しては、ACTというよりはTPSに近い感じがあるので、ACTが苦手だという人でも比較的入り込みやすいゲームなのではないかと思われる。箱庭ゲーが好きだという人や、手軽に終われる面白いACTを探しているという人にはぴったりだろう。

トロフィーに関しては、善ルートと悪ルートで最低二周しなければならない点と、難易度Hardでクリアしなければならない点を除けば簡単にコンプすることが出来る。難易度Hardに関しては、苦戦はしなかったのでそこまで構える必要はないと思われるが、もしACTやTPSが苦手で心配だという人は、事前にどちらのルートでHardを攻略すべきか調べておくといいだろう。善ルートと悪ルートで使える技やアビリティが変わるので、人によっては結構重要な選択になるかもしれない。

 

 

 

6. METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER(2/10)【PS3/PSVita

 

メタルギア ソリッド HD エディション PlayStation3 the Best - PS3

 

ご存知、名作ステルスアクションの3作目。今更語ることもないだろう。未プレイで興味があるという人は、とりあえずプレイしてみることをおすすめする。あんまり内容について覚えていないわけではない。

トロフィーに関しては、ストーリークリアと収集物を制覇すれば大体のトロフィーを取得できる。収集物のカテゴリが多く、それ故に収集物全体の数が多いため、人によっては厄介に感じられるかもしれない。が、攻略情報ならばネット上に溢れているので、きちんと調べながら進めれば特に苦戦することなく制覇することが出来るだろう。また、本作はPS3版とPSVita版で別トロフィーである上、セーブデータをPS3PSVitaで共有できる仕様になっている。なので、片方のハードでプラチナを取得し、そのデータをもう片方のハードに移行、それにより大半のトロフィーを一気に取得する、という芸当も可能である。もっとも、こんなことをしても虚無感しか得られないだろうが…(筆者が経験済み)。レベルを簡単に上げたいという人や、プラチナの数を手早く増やしたいという人にはおすすめ。

 

 

 

7. SOUL SACRIFICE(2.5/10)【PSVita

 

SOUL SACRIFICE ソウル・サクリファイス (通常版)

 

魔法使いが数多のモンスターと戦う狩りゲー。モンハンに比べて動きが身軽であり、槍や飛び道具といった攻撃魔法から、盾や鎧といった強化魔法などといった多彩な魔法を駆使して戦うゲーム性は、モンハンとは異なり戦略性と爽快感に富んでいる。また、狩りゲーとしての出来が良いだけではなく、ストーリーモードの話の出来も素晴らしく、狩りゲーにストーリーは不要という筆者の考えを見事に打ち砕いてくれた。各モンスターに設けられている設定話も凝っており、読み応えがある。狩りゲーというジャンルのみならず、ダークな雰囲気が漂うストーリーが好きだという人にもおすすめ。

トロフィーに関しては、ストーリークリアとモンハンでいうところの集会所のクエストを全てクリアで大体のトロフィーを取得することが出来る。オンライン関連のトロフィーもあるが、一応ソロでも全て取得することが出来る模様。しかし、後半のクエストはソロだと難しそうなものがあり、可能であればオンラインで協力を募った方が楽に終われるだろう。もっとも、現在オンラインに人がいるかは不明であるが…。

 

 

 

8. アサシンクリード シンジケート(2/10)【PS4

 

ユービーアイ・ザ・ベスト アサシン クリード シンジケート 【CEROレーティング「Z」】

 

暗殺で有名な「アサシンクリード」シリーズの最新作。この作品独特のシステムとして、ジップラインを用いた移動がある。このシステムが追加されたことにより、屋上での移動が飛躍的に楽になり、マップ探索がかなりしやすくなった。また、パルクールに関する操作性も改善されており、より楽でかつストレス無く地上と屋上を行き来できるようになった。Part1で紹介した「アサシンクリード2」が楽しめたという人は、本作もプレイしてみると楽しめるだろう。もちろん、アサクリ2が未プレイの人でも楽しめると思うので、気になる人は迷わずプレイ。

トロフィーに関しては、ストーリークリア+αでプラチナトロフィーを取得することが出来る。アサクリ2と比較すると若干手間がかかるかもしれないが、それでも簡単に終われる範囲に収まっていると思われる。一つだけ少量の作業が求められるトロフィーがあるので、事前に調べておき序盤から地道に稼ぎをしておくことを推奨。ちなみに、DLCの追加トロフィーがあるため、100%にするにはDLCの購入をする必要がある。DLCの方の難易度は不明。

 

 

 

9. ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲(2.5/10)【PS3

 

ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクション

 

海外産ACTゲームの中でも、特に評価が高い大人気シリーズのリマスター版。バイオレンスな表現と、要所要所で求められるQTEが特徴的な作品。人によってはQTEがくどく感じられるかもしれないが、ACTとしてはよくできており特に不満も無く遊べる。良くも悪くも癖が無く無難に遊べるゲームだと思うので、ACTが好きだという人やこれからACTゲームを触りたい、という人に合うかもしれない。また、「落日の悲愴曲」のみならず「降誕の刻印」も面白いので、落日の悲愴曲が楽しめたという人はそちらもぷれいしてみるといよい。トロフィー的にも大差無い難易度と所要時間なので、そちらの面でも心配する必要はない。

トロフィーに関しては、ストーリークリア(ハードモード)+αでプラチナトロフィーを取得することが出来る。ハードモードは、ハードというだけあってアクションが苦手な人には少々難しいかもしれない。が、ACT慣れした人からすれば大して難しくは無く、初見でハードモードを選択しても十分クリアできるだろう。αの部分である試練は、よく覚えていないが大して難しくは無かったと思う。ACT慣れしているか否かでコンプ時間と手間が変わるだろうが、早ければ10時間もかからずに終われるだろう。

 

  

 

10. ソフィーのアトリエ~不思議な本の錬金術士~(2.5/10)【PS4/PSVita

 

ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ - PS4

 

錬金術がテーマのRPG。駆け出し錬金術師のソフィーが、その祖母から託された不思議な本であるプラフタと共にあれこれ頑張ろうという内容。素材を吟味し、完成物に付けるスキルを考える錬金術が非常に楽しく、簡単なパズル形式で行われるため誰でも非常に入り込みやすいのも〇。そうして生み出したアイテムや装備を戦闘に生かし、雑魚敵を無双したり強敵を攻略していく面白さはこのゲームならではの醍醐味。キャラ絵が気に入ったという人や、有名なシリーズで以前から気になっていた、という人は迷わずプレイ。最近フリプにも来ていたと思うので、そちらで落としておいたがまだ未プレイという人も是非プレイしてみてほしい。

トロフィーに関しては、時限トロフィーが一つだけがあるものの、それさえきちんと押さえておけば一周クリア+αでコンプすることが出来る。その時限トロフィーというのも、あらかじめポイントを知ってさえいれば簡単に取ることが出来るので、特に構える必要はない。また、難易度EASYでプレイしてもトロフィーを取得することが出来るので、もし戦闘が難しいと感じたら難易度を下げるとよい。アーランドシリーズのように、シビアなフラグ管理などは一切無いため、安心してプレイできることだろう。

 

 

 

以上。色々書いたが、どれも面白いゲームだと思うので、気になるものが一つでもあった場合は是非プレイしてみてほしい。きっと楽しめるはずである。

 

 

終わり。Part3に続く…?

 

 

 

初級編・Part1

【PS4/PS3】プラチナトロフィー難易度別おすすめソフト10選(初級編) 【PSVita】 - 無名の手記

 

中級編

【PS4/PS3】プラチナトロフィー難易度別おすすめソフト10選(中級編) 【PSVita】 - 無名の手記

 

上級編

【PS4/PS3】プラチナトロフィー難易度別おすすめソフト10選(上級編)【PSVita】 - 無名の手記

 

難易度リスト

【PS4/PS3】 プラチナトロフィー難易度まとめ 【PSVita】 - 無名の手記

 

 

 

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)