無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 Diablo III Reaper of Souls Ultimate Evil Edition (2)

ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション【新価格版】 - PS4

 

骨の王

 

引き続きディアブロ3を進行。モチベが悪くなく、いい感じに没入できている。このままプラチナまでモチベが保てるといいのだが…。具体的なコンプ時間が不明なため、どれほどプレイすればいいのか不明なのがやや心配だが、きっと完走できると思いたい。PS3版だと非常に面倒なトロフィーがあったようだが、PS4版だとそれは緩和されているらしいので、そういった点からも頑張ってプラチナまで行きたいところ。

 

 

じいさん(デッカード・ケインというらしい)を救出したところから再開。今作のキーとなるキャラを救出したことにより、物語が大きく動く…と思われたが、相変わらず物語の理解をしていなく、だらだらとマップが指す方へと進めていくだけといった感じ。それだけでも十分楽しいのでいいのだが、物語を理解しながら進めた方がやはり面白みが増すというもの。本当にwikiを見て物語のおさらいをするべきか…面倒だな。

 

 

f:id:case56:20170429233458j:plain早速救出した爺さんに話しかけると、レオリックと呼ばれる物者を倒す必要があるらしい。そのためには王冠が必要であり、その在処を知る鍛冶屋を探してこなければならないらしい。なるほど、話の流れが全く分からないが、やることははっきりと分かった。とりあえず、言うとおりにしてみよう。

 

 

f:id:case56:20170429234126j:plain

というわけでサクッと救出。これにより、新たに鍛冶屋の機能が解禁。鍛冶屋では、武器と防具を作成できるのはもちろんの事、装備の修理と分解をすることもできる。装備作成の素材は装備を分解することでも手に入れられるので、金が無いときは装備を売却し、金があるときは装備を分解する、というのが今後の装備の使い道となりそうだった。装備を分解して得られる素材は、分解する装備のグレードによって変化するので、レアな装備であるほどレアな素材が手に入る。が、レアな装備ほど売却時の価格も高くなるので、金をとるか素材を取るか…色々悩ましいところである。

 

 

鍛冶屋を救出したことにより、大聖堂の新たな道が解禁。他に行くところも無いので、この道を突き進むことにする。さて、次はどんなイベントが待っているのだろうか。

 

 

f:id:case56:20170429234627j:plain

なんかSMっぽい現場に遭遇。真ん中にいるのは誰だ?味方かもしれないしそうじゃないかもしれない。正直あまり干渉はしたくなかったが、どうも気になるので攻撃してみることにする。攻撃すると、当然のように儀式を行っていた邪教徒達が襲い掛かってきたので、当然のように応戦し殲滅する。その結果…

 

 

f:id:case56:20170429235253j:plain

戦士がPTに加入。 が、装備を全て取り上げられてしまっているようで、助けて早々「装備を探してほしい」とのたまう始末。何様だ。もう少し感謝してくれてもいいんじゃない??おぉん?

幸い、装備はすぐに見つかったのでさっさと渡してやる。すると、本格的にPT加入し、戦力が一気に増加…と思われたが、この戦士、かなり弱い。耐久力は問題ないのだが、攻撃力が非常に低い。自分がバーバリアンだからそう感じるのか、あるいは本当にこの戦士が低いだけなのかは不明だが、とにかく火力としては期待でき無さそう。戦士の癖に情けないな。戦士としての誇りは無いのか云々。まぁ、盾にはなるからいないよりはましか。

 

 

そんな役に立つのか立たないのかよく分からない戦士を引き連れ、大聖堂の最奥に到達。そして…  

 

f:id:case56:20170429235613j:plain

王冠を骸骨に近づけるとイベントが発生。「スケルトン・キング」という名の、巨大な骸骨が登場。 こちとら今のところ負けなしのバーバリアン様だぞ。スケルトンだろうがキングだろうがなんでも来いなのですわッ

 

 

f:id:case56:20170430000336j:plain

というわけで粉砕。骸骨の王という名の魔物もただの骨と化し、粉々に砕け散っていった。ざまぁみやがれ。特に恨みもなかったし、どういった話の流れで戦ったのかすら知らないが、襲い掛かってくるからそうなるのよ。

ケルトン・キングを撃破し、更に奥へと進む主人公。特に何も無い…わけが無く、流星が落ちた跡に遭遇。果たして何があるのか?調査しないというわけにはいかないので、恐る恐る近づいてみる。可愛い子出てこないかな。

 

 

f:id:case56:20170430000514j:plain

なんと、そこには謎の男がいた。なんだ女の子じゃないのかよ。解散

その男は記憶を失っているようで、主人公曰く悪の気配が微塵も感じられないとか。そんなの分かるんかい…善人スカウターか何かでも付けてんの?人は見た目じゃ判断できんぞ。天から落ちてきたという時点で非常に奇怪で、嫌な臭いがプンプンするのだが…てか、天から落ちたら普通死んでるだろ。その時点でおかしいと疑ってかかるべきなのでは…?この主人公、脳みそまで筋肉で出来ているのか。あるいは、筋肉理論でこの人間は善人という結論に至ったのか。なんにせよ、変な奴と無駄に関りを持ってしまった。今後気を付けよう。

 

 

というところで、今回はここまで。正直、ゲームのプレイにブログが追い付いていないが、頑張って記事を書いていきたいところ。結構ハマれており、モチベはそこそこ高い。途中で燃え尽きないか心配だが、まぁなんとかなるだろう。そんな気がする。嘘。本当は少し不安。

 

 

続く。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする