読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 Lumo (2)

f:id:case56:20170516225255j:plain

 

アヒル 

 

引き続きLumoをプレイ。細かいトロフィーを取り終え、残るはオールドスクールモードのみというところまで到達。が、ここからが最大の難所であり、ここを超えられるか否かで色々試されているような気がする。久々の高難易度っぽいトロフィーという事で、張り切っていきたいところなのだが…正直、通しでノーセーブクリアというチャレンジは嫌いなので、あまりモチベが上がらない。だって長いしリトライがめんどいじゃないですか。こういうチャレンジを設けるぐらいなら、10分程度で終わる超絶難易度のチャレンジを用意してくれた方が100倍マシ。要は、時間がかかるのが嫌いなのである。失敗した時に無駄になる時間が大きすぎるのだよ。

 

 

一周目をクリアしたところから再開。 収集物はロクに集められなかったので、それらのトロフィーは全て取りこぼしてしまっていた。また、ミニゲームに関連するトロフィーもいくつか取り逃しており、そちらもやる必要がある。他にも細かいトロフィーを取り逃していたので、それらのトロフィー取得に向けた二周目を早速開始することにする。幸い、全ての収集物の位置を網羅した参考動画があったので、そちらを見ながら進めていく。作業用BGMとなる動画を再生しながらゲームをプレイするのは好きだが、参考動画を見ながらゲームをプレイするのは嫌いなので、これはなかなかに苦痛。頻繁に手を止めて動画を注視する必要があるのが好きになれない。

 

 

そして、二周目の前半。ここで一つアクシデントが発生する。収集物の一つであるアヒルに関して、持ったまま死なずにすべて回収するというトロフィーがあるのだが、アヒルを全て回収した段階でトロフィーが取得できなかった。持ったまま死んだ場合、そのままアプリを終了してリトライしていたのだが…もしかしてこの手法は使えないのか?だとしたら相当面倒だぞこれ…嫌な予感しかしない。オールドスクールだけでも面倒で嫌になってくるのにこれ以上嫌な要素を増やさないでくれ。勘弁してくれよ。

グダグダ言っても仕方ないので、次の周で再び狙っていくことにする。まさかの三周目ですかい。そうですかい。もうこうなったら何周でもしてやりますよ、ええ。

 

 

f:id:case56:20170518174000j:plain

そんなアクシデントに遭遇したわけだが、コインと地図を全て集めるトロフィーは無事完了。こっちは死なずにという縛りは無かったので、集めきるだけでよかった。当たり前か。ゲームの仕様上一方通行が多いので、取り逃していたらどうしようと思っていたがこれで一安心。残るはカセットのみとなったが、動画を見た限りだとこちらも大丈夫そう。すぐに集めきってこのたるいプレイとおさらばしてやるぜ。

…その前に。

 

 

f:id:case56:20170518174230j:plain

トーリーの進行上、カセット制覇よりも先にプレイすることになるミニゲーム関連のトロフィーの回収をすることに。ミニゲームは全部で6つあり、その全てにトロフィーが課されている。一周目では3つぐらいしかトロフィーの回収を出来なかったので、残りの全てを回収していけるよう頑張っていきたいところ。

残り3つのうち、2つは簡単に終えることができたが、残りの1つはそう簡単にはいかなかった。どのミニゲームが簡単にいかなかったかと言うと… 

 

 

f:id:case56:20170518173139j:plain

「Cerny Method」のトロフィーが課されている玉乗りのミニゲームである。このミニゲーム、 玉に乗ったキャラを操作しゴールに到達するだけなのだが、これがなかなかに難しい。というのも、まず操作性が悪く方向キーの上下左右が反転しているのである。これがなかなかに厄介であり、慣れないと坂道すらまともに登れないという始末。もちろん、坂道があるだけではなく、レーザーやら細い通路の綱渡りやらもやらされるので、操作に慣れないとトロフィーを取るどころかクリアすらできない。玉転がしでギミック地獄…某猿玉を思い出す。あちらに比べればかわいいものだが、それでも難しいことには変わりない。

結果、1時間ほどかけてようやく取得。疲れた。もうやりたくない。コツは、前半は勢いで上手くごまかし、後半は落ち着いて進むといった感じか。更に言えば、慣れ。うん、間違いない。タイムには案外余裕があったので、今挑んでいる人は落ち着いて慣れていくことから始めるとよいのではなかろうか。アドバイスになってねぇな。

 

 

そんな感じで二周目は終わり。カセットも無事全てとり終えることができた。全て自力でやるには厳しそうだったので、動画に情報をまとめてくれた人に感謝。いや、まじでありがたかった。おまけにすごく上手だったし。どれだけこのゲームをやりこめばあんなに上手く動かせるのだろうか。正に達人の域だった。あれほど上手だったらオールドスクールも楽勝なんだろうなぁ。羨ましい限りである。

 

 

二周目が終わったところで、すぐに三周目に入る。狙いはもちろんアヒルを死なずに全取得の「Duck Hunt」。情報を集めた結果、オフラインでやると上手くいったとの報告があったので、今回はオフラインで進めてみることに。これでだめだったらどうしよう。ガチンコでノーデスをやるしかないのか。それは嫌だなぁ…。

 

 

f:id:case56:20170518232939j:plain

なんて考えているとピロン。やったぜ。

どうなるかと思われたトロフィーだったが無事取得出来て安心。やはりオフラインでやるのが正解だったようだ。

 

 

オフライン(PS4のインターネット接続をオフ)にして、アヒルを持ったまま死んだらアプリを即終了。

 

 

これがこのトロフィーの取得におけるセオリーなのかもしれない。「これから狙うぞ☆」という人や、「なぜか上手くいかない…(´・ω・`)」は、オフラインにしてやることを推奨。きっと上手くいくはずである。少なくとも、筆者の場合は上手くいった。間違っても、セーブをして終了はしないようにすること。ちなみに、マップとアヒルがどちらもある部屋の場合、マップは取得しない方が無難。というのも、マップを手に入れるとオートセーブが入ってしまうのである。このセーブによって判定が変になってしまう可能性があるので、そういう部屋に遭遇した場合は回避するよう努めましょう。

 

 

といったところで、今回はここまで。無事収集要素を終えることができて、面倒から解放されたような気分。しかし、最大の鬼門であるオールドスクールモードがまだ残っているので、全く安心はできない状況。果たして、どれくらいの時間がかかるだろうか。また、モチベは保てるのだろうか。幸い、近いうちに新作を買う予定は無いので、しばらくは集中できそう。モチベが切れて折れるのが先か、クリアしてガッツポーズをするのが先か…。おそらく前者かな!頑張ろうね。

 

 

続く。