無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 Everybody's Gone to the Rapture -幸福な消失-

f:id:case56:20170603221417j:plain

 

消失で幸福

 

特にやりたいソフトが無かったので、ライブラリを見ていてパッと目に付いた「Everybody's Gone to the Rapture -幸福な消失-」をプレイ。フリプで落としておいて「その内やろう」と思っていたので、ちょうどいい機会となった。この手の雰囲気ゲーはあまりプレイしたことが無く、自分でも楽しめるか少々の不安がありながらのプレイ。結果、話が断片的にしか入ってこず、全体を理解するのに少々苦労した(というか、結局ネットで調べた)が、全く理解できないという訳でもなかったのでそこそこは楽しめたといった感じ。かといって、とても楽しめたという訳でもなかったので、やはりこの手のゲームは合わないのだなぁとしみじみ。

 

 

f:id:case56:20170603222535j:plain

収集物が面倒という評判を見てからのプレイ。正直、何週もしたくなかったので、最初から収集物を網羅した動画を参照しながらプレイ開始。攻略動画を見ながらのプレイは面倒なので嫌いだったが、こればかりは仕方ない。さっさと面倒な収集物は終わらせて、快適プレイに行きましょう。

スクショはこの開始時のスクショ以外はトロフィー取得時の物しか撮っていなかったので、内容についてはあまり書けない。というか、ネタバレになるし書く気が無い。ADVで内容書いちゃったら、見てる人はもうプレイしなくていいやってなっちゃうだろうしね。フリプでDL済みで、かつ雰囲気ゲーやADVが好きだという人はプレイしてみてはいかがだろうか。グラフィックは綺麗だった…とだけ言っておく。

 

 

じゃあこれでこの記事おしまい…となると、内容が無さ過ぎてマズいので、筆者がプラチナ取得までどのように進行したかを書いていこうと思う。内容が書けないとなると、これぐらいしか書くことが無いのよね。攻略記事を書く気も無いし、このブログにおける難易度の決定も兼ねて簡単に書いていく。

今作は、最短だと一周プレイするだけでプラチナを取得できる。が、そうするにはなかなか面倒な手順を踏まなくてはならないので、筆者は一周でのプラチナは狙わなかった。ではどういう風に進めていったのかと言うと…

 

 

1週目:「完璧主義者」とその他の収集系トロフィーを取得。(「コックさん」と「戻り道」を取り逃す)

2周目:「ラジオ好き」と「自由人」のトロフィーを回収。(「戻り道」をまたしても取り逃す。「コックさん」は面倒だったので3周目に集めることに)

3周目:取り逃した「コックさん」と「戻り道」を取得し、プラチナ獲得。

 

 

といった具合だ。どの周も、順番を変えても全く問題は無いと思う。本来ならば、1週目内で「コックさん」と「戻り道」のトロフィーを取り終えて、合計2周で終わる予定だったのだがそれは失敗してしまった。取得条件を知っていれば取りこぼす心配がない「コックさん」はともかく、取得条件が曖昧でよく分からない「戻り道」は正直どうしようもない感じがあるので、一応気を付けること。といっても、気を付けようがないのだが…。失敗した時はなぜ失敗したのか分からなかったし、成功した時もなぜ成功したのかよく分からなかった。

 

 

f:id:case56:20170603223830j:plain

そんな感じでプラチナ取得。たしかに、収集物の数が多く面倒だったが、スキルが必要なわけでもなく時間が長くかかるわけでもない。プラチナの難易度を決めるのであれば、他のADV同様最低難易度でいいだろう。

というわけで、お約束の…

 

 

個人的な難易度指標。(点が高いほど厳しい。10点満点。)

 

  • 時間 1/10
  • スキル 1/10
  • 作業 1.5/10
  • 総合 1/10

 

コンプ時間:10時間未満

 

 

こんな感じか。一部のトロフィーの取得が少々面倒だったが、それでも攻略動画は充実しているし、それを完全にトレースするだけで終われるので、難易度は最低レベル。というか、難易度を付ける必要すらないと思う。毎度思うのだが、スキルが完全に不要なADVにトロフィーは必要なのだろうか。まぁ、遊んだ証拠として残すという意味では有効なのかもしれない。

 

 

終わり。