無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 新次元ゲイム ネプテューヌVII (2)

新次元ゲイム ネプテューヌVII - PS4

 

アヴェ・マリア 

 

引き続きねぷV2を進行。どんなゲームかよく分からないV2Rが発表され、それに合わせてこのゲームを開始したが果たしてV2Rまでにこのソフトをコンプできるだろうか。まぁ、現状だと7/13に出るFF12までやりたいソフトが無いので、十分すぎるほどプレイする時間があるわけだが…。時間があるのと、プレイするモチベが保てるのとでは話が別。正直なところ、このゲームをプレイするモチベが少しだけdownしてきたので、モチベが空になる前にコンプまで突っ走っていきたいところ。あと、フリプに来ている魔女百を早く始めたいので、そういう意味でも早く終わらせてしまいたい。いや、いっそ魔女百も始めてしまおうか…どうしましょうね。って前回も同じこと言ってた気がする。

 

 

f:id:case56:20170609005421j:plain

第一部が終わったところから再開。第一部は世紀末な異世界に飛ばされてしまったが、第二部は元の世界で物語が展開される様子。 果たしてどんな話が待っているのか…こうご期待。

 

 

f:id:case56:20170609191943j:plain

NEW GAMEを選択するとキャラ選択の画面が。どこかで見たことあるようなそうでもないような。キャラクターを選択という事は、4人が合流するのはまだということなのかな?PTメンバーはさっさと集結してほしい人間である筆者にとっては、少々歯がゆいプレイとなりそうだ。 まぁ、第一部の長さから察するに、一キャラ当たり一時間程度で終われると思われるので、ちゃっちゃと終わらせて集結してもらおう。どうせ全部終わったら集結してラスボス倒しておしまいでしょ?ゲーム慣れしてたらそれぐらい分かっちゃうのさ。

思い入れのあるキャラが特にいるわけではないので、左のネプテューヌから順に開始していくことにする。ストーリー的にもそういう流れで作られてたらアレだしね。というわけで、さっさと開始。一応話について説明しておくと、各国はゴールドサァドと呼ばれる4人組に奪われた状態から始まることとなる。果たして、ゴールドサァドとは何なのか。そして彼女たちの目的とは一体何なのか。これから解明されていくことだろう。…多分。

 

 

f:id:case56:20170609203050j:plain

各キャラのパートでは、そのゴールドサァドから各国を取り返し、また最終的に何らかの形でそのキャラと和解するというのが大体の筋書き。各キャラパートで出てくるゴールドサァドはそれぞれ特徴が異なり、例えばネプテューヌのパートだと上のようなヒーロー気取りの幼女だったり…

 

 

f:id:case56:20170609203137j:plain

ノワールのパートだと、ノワールに強く依存するヤンデレだったり。

他の二人のパートについては省略。気になる人はプレイしてみよう云々。特に書くことが無いくらい普通なストーリーだったので、ストーリーについても省略。大体は上で書いた通り。決してスクショを撮っていなかったという訳ではない。まぁ、どのゴールドサァドもキャラが立っててよかったんじゃないですかね。個人的に刺さったキャラはいなかったが…。次回作に期待しよう。

とりあえず、全キャラのパートの最後で強いボス戦が用意されているのだが、そのボス戦が結構苦戦した。前にも書いた通り、詰まった場合はレベル上げをすれば全て解決されるのだが、そのレベリングがめんどい。せめて、戦術を上手く組み立てたら低レベルでもクリアできるようにしてほしかった。レベルが足りないと文字通りワンパンで殺されるからなぁ。もう少しその辺でプレイヤーに猶予が欲しかった。良くも悪くもレベルに忠実過ぎる(笑)

 

 

愚痴はさておき、全キャラのパートを消化すると自動的に新たなパートへ進行。やっぱりこうなるのね。第二部において、裏で暗躍している描写が多々あった二人組がいたので、ラスボスはおそらくそいつらだろう。そのそいつらというのが…

 

 

f:id:case56:20170609204703j:plain

同人誌を見てキャッキャ騒ぐロボット共。このアホさがこのゲームのいいところ。名前までギャグ仕様とは恐れ入る。

こいつらが第二部における黒幕であり、全ての騒動における元凶。さて、どう落とし前を付けてくれようか。ラスダンの解禁はかなり早く、そのラスダンも中身が短くすぐに攻略できてしまったので、ラスボスともすぐにご対面。部下の方は途中で出てきたが、あっさり撃破。各キャラパートでレベル上げをしておいた甲斐があったというもの。余談だが、2週目はレベルを引き継いでプレイすることができるのだろうか。もし違うとしたら、レベル上げが面倒だな…まぁ、そんな心配はクリアしてからすればいいか。

「レベル上げしておいたことだし、ラスボスも余裕っしょ^^」と思いきや、そうでもない様子(ストーリー的に)。

 

 

f:id:case56:20170609203715j:plain

思いのほかこの将軍が強いらしく、四女神の力をもってしても勝てないという体たらく。このゲームの四女神は強いのかそうじゃないのかよく分からんな。どうしたもんかねぇと思っていると、急に駆け付けたゴールドサァドの連中から力を貰い、更なる覚醒を果たす。それににより、「ネクスト・フォーム」という新たな姿と力を手に入れることに成功する四女神。この力があれば楽勝っすね、ということでもう一度戦闘開始。ただでさえ楽勝だったボス戦が、さらなる力を得ての再戦ということでより楽勝化。もはやレイプ試合である。

部位破壊もきっちりとこなし、ラスボスを撃破。すると、世に平和が訪れた的な話が展開され…

 

 

f:id:case56:20170609204617j:plain

第二部終わり。かなりざっくりとした内容だったが、まぁ大体の筋書きは書けたしいいよね。

平和が戻ったことだしこれでおしまい…とはならず、現世に突如巨大な穴が出現したという報告を受ける。嫌な予感がするが、調査しないという訳にはいかないので調査に向かう四女神諸君。絶対何か起こるやつですやん。また謎の連中にボコされて捕まってしまうのか?あるいは、珍しく勝利をおさめて無事に帰ってくるのか?多分前者だろうなぁ。なんとなくパターンが分かって来たぞ。

 

 

f:id:case56:20170609211042j:plain

といったところでまたなんか始まった。これが最後の部ということで、全ての決着を付けることができるのか。タイトル画面を見た限り、荒廃した街の風景が広がっていることから、また第一部で飛ばされた異世界(零次元)へと旅立つことになるのだろうか。ということは、また海男と会うことができるんですね…なにげに気に入っているキャラなので、海男の出番が増えてくれると嬉しい。だってあの声は反則ですよ。

 

 

こんな感じで今回は終わり。さて、次で最後の部となるわけだが、どれぐらいで終われるだろうか。このペースだと20時間以内に終われるかな…ライトでゆるい雰囲気のRPGをプレイしたいということで開始したが、この程度のプレイ時間で終われるのはありがたいですね。若干モチベがdownしているが、クリアまでなら問題なく突っ走れそうな雰囲気。まぁ、最悪コンプできなくてもクリアできればいいよね。

 

 

続く。