無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【雑記】 トロフィーレベル☆38突破

f:id:case56:20170813213310p:plain

 

☆38 

 

トロフィーレベルが上がったので、また一記事書くことにする。☆37~☆38の間にプレイしたゲームをまとめたり、トロフィーについてあれこれ好き勝手に書く…かも。もしかしたら特に何も書かないかも。

 

 

前回のトロフィーレベル☆37についてはこちら。

【雑記】 トロフィーレベル☆37突破 - 無名の手記

 

 

☆37に到達したのが6月の頭ということは、今回のレベルアップにかかった期間は2ヵ月ちょい。あれ、早くね?正直、半年ぐらいかかると思っていたので、これには筆者自身も驚いている。なんでこんなに早かったんだろう…冷静に考えてみる。

まず一つ目の理由としては、☆37の記事でも書いたがFF14MHFなどといったネトゲをあまりプレイしていなかったというのが挙げられるか。FF14MHFは、面白いもののトロフィーを大体は集めきってしまっているので(コンプ率→FF14:100%、MHF:90%)、プレイしてもトロフィー的な旨みはほとんどない。なので、これらのプレイはトロフィーという点だけで見てしまえば、言葉が悪いが無駄なのである。でも面白いからやってしまうのよね。まぁ、筆者はそこまでトロフィーにこだわって生きている人間ではないので、そこら辺はかなりいい加減。だってやりたいようにゲームしたいじゃないですか。トロフィーレベル☆37~☆38の間では、FF14を一か月程度(しかも他のゲームと並行しながら)しかプレイしていなかったので、トロフィー的にはあまり無駄なくゲームをプレイできていたという事になるか。誤解を招かないように一応言うが、何もFF14MHFのプレイが無駄だという気は全く無い。むしろ、筆者はこの二つのゲームがとても好きであり、トロフィーなんぞ関係なくプレイしていたほどである(実際、プラチナ取得後も何十、何百時間と遊んでいた)。なので、これらのゲームをプレイしているという人や、好きだという人はどうか誤解しないでもらいたい。面白いよね、両方とも。てか、近い内にMHFに復帰するかもしれない。

二つ目の理由は、長時間かかると思われていたFF12とクラッシュリマスターが、思いのほか早く終わってしまった事。これが筆者の一番の誤算であり、正直両方ともあんなに早く終わるとは思っていなかった(特にFF12)。ゲーム的に両方とも面白かったので、もう少しやりこみを要求するトロフィーがあってもよかったのになぁとしみじみ思う。FF12だと「弱くてニューゲームをクリア」とか、クラッシュだと「全ステージでプラチナレリックを取得」とか。そうなれば、やり応えも上がるしゲームの寿命も上がる。得しかない。なぜあんなに緩いトロフィー構成にしてしまったのか…。まぁ、FF12の弱くてニューゲームに関しては、後々時間が空いた時にでもトロフィー関係なしに攻略していく予定なので、その時にでも期待しておこう(一応、ジョブ構成だけは考えておいてある)。 

 

 

f:id:case56:20170814001205j:plain

PSNPにおけるレア度云々はこんな感じ。ベリーレアが大幅に増えたような。まぁ、前回の☆37でも書いたように、レア度と難易度は必ずしも比例するとは限らないので、難易度厨としてはレア度にはあまり関心が無い。でもふと見てしまう。不思議なもんですね。公式でもレア度毎の数を表示出来たら面白そうなのになぁとも思ってみたり。まぁでも、公式のレア度はトロフィー好きじゃない人も分母に含まれてしまっているからあまり面白味が無いか。難易度云々よりも、いかに分母が大きいかという戦いになってしまっている感が強い。それは面白くないよね。

 

 

大体の事をかいたところで、恒例のレベルアップ間にプレイしたソフトを羅列していく。今回は結構多い気がするぞ。さっとまとめてしまおう。()内の数字は、個人的な難易度指標。点が高いほどコンプ難易度が高く、10点満点。なお、未コンプのものは現在のトロフィー取得率を記載する。

 

  

 

新次元ゲイム ネプテューヌVIl(3.5/10)【PS4

  

新次元ゲイム ネプテューヌVII - PS4

 

「ねぷねぷ」の愛称で知られるRPG。これに追加要素を足した最新作が8月の下旬に出る予定であり、VR機能対応やら演出強化やら色々強化されている様子。気になる人は買ってみたらいいんでない?RPGとしては、シビアな戦略が求められない非常にライトなRPGとった印象を受けた。そういう意味では遊びやすい。でも、戦略を練ったりするのが好きな人がプレイしたら少々物足りなく感じるかも。

トロフィーに関しては、運要素が強く絡むカード以外は特に書くことなし。今ならば攻略情報が充実しているので、特に詰まる事は無いだろう。運が無いとかなり厳しいことになるらしいが、まぁ何とかなるでしょう。

 

攻略:

【トロフィー】 新次元ゲイム ネプテューヌVII 【攻略】 - 無名の手記

 

 

 

魔女と百騎兵 Revival(トロフィー取得率:8%)

  

魔女と百騎兵 Revival 通常版 - PS4

 

6月ぐらいにフリプに来ていた作品。元はPS3で発売されていたものを、PS4向けに追加要素を足しつつ移植したもの。内容はダークファンタジーなアクションRPGといったところで、シリアスでダークなシナリオは特に高い評価を得ている。

そんなゲームだったが、なぜやめてしまったのか。それは筆者にもよく分からない。多分、PS3版をプレイ済みだったから早々に飽きが来てしまったのだろう。仕方ないね。しかし、このまま放っておくにはもったいない作品だと思うので、いつかは再開する予定。 

 

 

 

FINAL FANTASY XIV7.5/10)【PS4/PS3】 

 

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

 

みんな大好きFF14。4.0が来た時に、一か月ほどだけ復帰。戦闘面で大きな変化があり、スキルやバフが減って簡単になった…とは思えなかった。むしろ、新たなゲージが追加されており、複雑になったような印象を受けた(筆者のメインジョブは機工士)。他にも、新たなメインクエストが大幅に追加されていたり、新たな蛮神とレイドの追加など様々な新要素が登場した。その他の事に関しては正直よく知らない。なんといっても戦闘民族なので、戦闘に関連する事以外には疎いのである。

これから暇になった時にMHFと相談しつつ復帰していくことになると思うので、情報はこまめに受信していきたいところ。

 

 

 

WipEout Omega Collection(7.5/10)【PS4

  

f:id:case56:20170813233832j:plain

 

超高速浮遊レース、的な名目でジャンル付けされているレースゲーム。浮遊と付いているだけあって、実際に操作する機体は全て浮遊している。この操作感が結構独特であり、よくある現実の車を扱ったレースゲームとは一線を画している。それが超高速で走るので、制御が難しく普通にコースを走る事すら困難を極める。そんな難しいゲームではあるのだが、上手く走れるとやはり気持ちがいい。この一風変わった爽快感は他のゲームでは味わえないと思う。レースゲーが好きだという人や、超高速浮遊レースというものに惹かれるものがある人は是非買ってみてはいかがだろうか。

トロフィーに関しては、全部で3つあるキャンペーンを制覇するトロフィーが鬼門。HDとFuryに関しては、敵のAIとスピードが容赦なく非常にストレスが溜まる。2048に関しては、敵のAIは大したことはないのだが、ゾーンイベントが難しい。両方それぞれ難しいのだが、かといってとても常人には不可能という訳でもない。頑張ればなんとかなる程度。根性さえあれば、気にする必要は無い。

  

攻略:

【トロフィー】 WipEout Omega Collection 【攻略】 - 無名の手記

 

 

 

Severed(セヴァード)(トロフィー取得率:3%)

 

なんとなく開始。すぐ終われるらしいがモチベが保てなかったので進行を断念。いつか再開するかも。

 

 

 

Tearaway ~はがれた世界の大冒険~(1.5/10)【PSVita

 

Tearaway ~はがれた世界の大冒険~

紙を題材としたACT。 Vitaの機能を存分に使っており、タッチ操作を使って紙を剥がしたり、カメラを使ってプレイヤーの顔を模様を映したりと実に様々。全てが紙で出来ている世界で、こうした多彩な機能を使って進んでいくゲーム性は新鮮味がある。ゲームの難易度も非常に易しく、誰でも気軽にプレイできる点も良し。

トロフィーに関しては、特に難しいものは無い。ゲーム自体のボリュームもそこまでないので、時間もあまりかからない。収集要素が少し面倒かもしれないが、今ならば攻略情報が充実しているので、特に困ることはないだろう。

 

攻略:

【トロフィー】 Tearaway ~はがれた世界の大冒険~ 【攻略】 - 無名の手記

 

 

 

FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE(4.5/10)【PS4

  

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ

 

PS2で発売されていたFF12のインター版を、PS4向けにリマスターした作品。元々ゲーマーにはウケていた作品だけあって、今プレイしてみてもあまり古臭さを感じずに楽しめる。無印版と比較すると、12のジョブから二つ選択してキャラを育成するジョブシステムや、2倍速か4倍速でゲームを進行できるハイスピードモードという追加要素があるので、無印版しかプレイしていないという人がプレイすると、新鮮味が強く受けられるかもしれない。なので、PS2版を未プレイという人にはもちろん、無印版しかプレイしていないという人にもおすすめできるソフトである。

トロフィーに関しては、一通りのやりこみを要求されるため手軽にコンプ、とは言えないかもしれない。が、それでも難しいものは無く、攻略情報が充実している今では詰まる物は無いだろう。どっかの難易度レビューでは難しいとされているようだが、個人的にはどこが難しいのか全く分からない。

 

攻略:

【トロフィー】 FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE 【攻略】 - 無名の手記

 

 

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(トロフィー取得率:14%) 

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

 

国民的RPGシリーズ最新作。古き良きRPGのお手本とも言える作品であり、昔ながらのターン制コマンドRPGの戦闘システムに加えて、王道な世界観とストーリーを持っている。こうして見ると面白そう…なのだが、いまいち筆者はハマり切れていない様子。なぜだ。戦闘にもう少しひねりが欲しかったか。あるいは、戦闘以外の要素があまり充実していないように感じられ、そこら辺が退屈に思えるのか。いずれにせよ、モチベが高まり切らない。かといってモチベが0になるほどでもないので、チマチマ細々と進めていこうと思う。

 

 

 

BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND(トロフィー取得率:40%) 

 

BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND - PS4

 

いつぞやのフリプ。トロフィーのキリ番調整に二十数個のトロフィーを取得。今後このゲームを起動するかは不明。

 

 

 

GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS R(トロフィー取得率:28%)

 

BBCPEXと全く同じ。なので略。扱い雑過ぎんだろ。

 

 

 

クラッシュ・バンディクー4/10)【PS4

クラッシュ・バンディクー2 ~コルテックスの逆襲!~(3.5/10)【PS4

クラッシュ・バンディクー3 ~ブッとび!世界一周~(2.5/10)【PS4

 

【PS4】クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!

 

PS1時代に発売された、名作アクション。宇宙初の奥スクロールだのなんだの当時では言われていたらしいが、今プレイしてみてもやはり面白い。思い出補正がかかっているだけかもしれないが、面白い。ゲームシステム自体は非常にシンプルで入り込みやすいので、シリーズ未経験という人でも安心して手に取れると思う。その他の批評についてはプレイ日記にまとめてあるのでそちらを見てください。まぁ、面白いゲームですよ。

トロフィーに関しては、1が最も難しく3が最も易しい。やること自体は少なく、ゲーム自体のボリュームがそこまで無いのと相まって、早ければ10時間もかからずにコンプできる。そう聞くと「ブーストゲーか?」と思えるかもしれないが、ゲーム自体の難易度は比較的高めであり、PS1版をやりこみ済みという人や、この手のアクションが得意という人でない限りはそう簡単にはいかない…かもしれない。

  

攻略:

1→【トロフィー】 クラッシュ・バンディクー (クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!) 【攻略】 - 無名の手記

 

2→【トロフィー】 クラッシュ・バンディクー2 ~コルテックスの逆襲!~(クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!) 【攻略】 - 無名の手記

 

3→【トロフィー】 クラッシュ・バンディクー3 ~ブッとび!世界一周~(クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!) 【攻略】 - 無名の手記 

 

 

 

NINJA GAIDEN Σ2 PLUS(トロフィー取得率:45%) 

 

NINJA GAIDEN Σ2 PLUS - PS Vita

 

気が向いた時にでも少しずつプレイしている作品。処理落ちさえなければ神ゲーだったのに…と思ったけど、ラスボス戦を始めとして糞要素が追加されてしまったので糞ゲーには変わりないか。てかΣとΣ2をPS4に移植してほしい。 出されたら絶対買いますよ!

 

 

 

アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-(トロフィー取得率:1%)

  

アンチャーテッド - 地図なき冒険の始まり -

 

いつぞやのフリプ。これからチマチマ進めていくよ。多分ね。ヤベヤベヤベ!

 

 

 

Tearaway PlayStation 4(2.5/10)【PS4

 

Tearaway PlayStation 4

 

紙を題材としたアクション。上で書いたVita版に、大量の追加要素を加えた作品といった感じ。マイクやカメラが無くても普通に最後までプレイすることができるので、その辺は安心してよい。この手の移植作にしては珍しく追加要素が非常に多いので、Vita版をプレイ済みという人でも新鮮な気持ちでプレイできるのではなかろうか。

トロフィーに関しては、Vita版と大して変わらないのだが、ゲーム全体のボリュームが大幅に増しているためコンプ時間は結構増える。それに反して、スキル面でのハードルは大して変わっていないので、全体のコンプ難易度はVita版と比較すると少し上がったと言えるだろう。が、それでも簡単なことには変わりなく、多少面倒なものはあるが誰でも難なくコンプできるものと思われる。

 

攻略:

【トロフィー】 Tearaway PlayStation 4 【攻略】 - 無名の手記

 

 

 

以上。いやー、多かったっすね。2か月の間にこんなにプレイしたのかって感じ。☆37の時点で、やるソフトは一通りやったかなぁとも思っていたが、世の中まだまだ面白いソフトはあるもんだ。これからもまだプレイしていないソフトにガンガン手を付けていって、新たなゲーム的な趣味を発見していきたいところ。やっぱりゲームって楽しいっすわ。そして、もうトロフィーレベルが☆38になったというのにも驚き。なんだか最近はトロフィーに関しては順調に集められているような気がする。…が、それは裏を返せば高難易度から最近は離れているという事でもあると思うので、そろそろ難しいものもやりたいなぁ…。ARKが延期されて、これから暇になりそうだしビーソ(Super Beat Xonic)のPS4版でも買おうかしら…でもDJMAXの新作11月に出るしなぁ。まぁ、よく考えておくことにする。何か高難易度で、暇つぶしに遊べそうなものを探してみよう。

 

 

 

☆39に続く。次のレベルアップはいつかな。