無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 Minecraft: PlayStation 4 Edition (4)

【PS4】Minecraft: PlayStation 4 Edition

 

地獄

  

引き続きマイクラを進行。ある程度終わりが見えてきた…ように見えるが、実際はそうでもないかもしれない。残る課題は絞れつつあるが、その課題の達成要件が少し手こずりそうなものであり、簡単には終わらせてくれ無さそうな様子。やはり誰かしら助っ人を呼ぶしかないか…いや、どうせなら最後まで一人でやり切ろう。情報ならば非常に充実しているので、きちんと調べて対策を練れば対応できるはずだ。

 

 

ダイヤモンドを初めて発見したところから再開。たしか、ダイヤモンドのつるはしを作ろうと思っていたら、ダイヤモンドが一つだけ足りなくて断念せざるを得なかったのだったか。ダイヤモンドは本当に見つけにくかったので、こういう悲しい出来事は極力勘弁してほしかったものである。次にダイヤモンドを発見できるのはいつになるだろうか…と、思いきや。追加のダイヤモンドはすぐに発見することができた。なんだこの偏り。というか、スタート地点から遠くの洞窟の方がダイヤモンドが生成される確率が高いのだろうか。まぁ、普通に考えればスタートから遠くにあるところの方がレアなものは手に入りやすくなっているわな。このことにもっと早く気づいていれば、もっと早くにダイヤモンドを活用することができていたのだろうか。

ダイヤモンドのつるはしを無事作ったところで、黒曜石を掘りまくる。とにかく掘りまくる。全世界の黒曜石が枯渇するまで掘りまくる。そして…

 

 

f:id:case56:20170904233533j:plain

ネザーへの扉は開かれた!!!!!!なんで金鉱石が設置してあるんだ。

前回の記事でも書いたが、ネザーとは俗にいう地獄であり、その名の通り危険極まりないところである。どれくらい危険なのかと言うと、ネザーに入ってすぐに溶岩に落ち死滅したほどである。危険というかドジなだけでは…いや、これもまた危険という他ないだろう。足場の下は、基本的に溶岩がぐつぐつ温かそうにしているので、落下=死亡と見てほぼ間違いないだろう。更に、ネザーは非常に暗くて視界が悪い。そんでもって、足場が少しいびつで思わぬところに穴が開いてることが多い。つまり、落ちたら死亡な上落ちやすいということ。こいつぁとんでもねぇ世界だ。気を引き締めて挑まねば、死亡しまくってモチベがやられかねない。

 

 

f:id:case56:20170904234446j:plain

 ネザーの危険はもちろん足場だけではない。ネザーに出現する敵もまた、プレイヤーにとって非常に危険な存在となっている。その最たる例として挙げられるのが、ガストである。あの安いレストランかって?

スクショ奥に、グレーになっているデカい顔のようなものが見えるだろうか?それがガストである。本来はもっと白に近い色をしているのだが、撃破時のスクショしか残っていなかったのでこんな色となっている。このガスト、見た目こそゆるい顔をしていて可愛いように見えるが、実際はかなり厄介で可愛くない相手。常にネザー内をゆっくりと浮遊し、プレイヤーを見つけると火炎弾をどんなに遠くからでも容赦なく放ってくる。更に、その火炎弾が着弾したブロックは一部を除いて破壊され、周りには火が残る。これを聞いただけでもかなり厄介そうなことが分かると思うが、こんなのが当たり前のように浮遊しうじゃうじゃしているのだから恐ろしい。というか、鬱陶しい。まともな対抗手段は弓矢しかなく、その弓矢も当てるのが少し難しい。なんでこんな敵を複数配置しているんですかね…正直、本当に鬱陶しさしか感じられなかったので、あまり配置してほしくなかった。まぁ、かといってこいつをあまり配置しないと、難易度が下がりすぎて「ネザー(笑)」とか言われることになっていたかもしれないし、地獄にふさわしい難易度にするという面では正しかったのかもしれない…が、やはりこの鬱陶しさは少なからず悲しみを背負わされてしまう。見た目はかわいいのにね。顔だけだね、この子も。あの女と一緒だわ…。

 

 

f:id:case56:20170905000203j:plain

続いてのメンバーを紹介するぜ!それがこのブレイズだ!!

正直、このスクショではほとんど分からないと思う。「詳しい外見を知りたい!」という人は自分で調べてみてね☆よく分からない見た目をしているよ。こいつは、訳の分からない見た目をしていてコメントに困る外見をしているが、その攻撃方法はやはり「鬱陶しい」の一言に尽きる。 ガストと同様、常に浮遊しては火炎弾を飛ばしてくる。ガストを小さくし、更に数を増やした感じといったところか。要するに、ちょろちょろ飛び回って鬱陶しい奴です。鬱陶しいしか言ってないな。うん。でもそうなんだもん仕方ないじゃん。もう一回言います。鬱陶しい。

 

 

 他にも、強化されたスケルトンやら攻撃しなければこちらに無干渉な豚ゾンビやらがいるが、こいつらは接近戦しか挑んでこないので対処は非常に楽。やはり遠距離攻撃が強すぎる敵って鬱陶しさが非常に強いですよね。おまけにどっかの超忍やデビルハンターみたいに強力な回避手段も無いので、攻撃の対処が非常に厳しい。その代り、ブロックを積み壁を作ることが可能ではあるのだが…どちらかというと、素直に回避したいというのが正直なところ。まぁ、このゲームってそういうゲームじゃないしね…仕方なし。

 そんなネザーだったが、ある程度のネザー限定素材を入手できたので、早々に退散する。正直、もう二度と行きたくない。それぐらい厳しかった。何回死んでリセットしたか分からんもん。このゲーム、死んだら所持品を全て落とす仕様になっているので、死に場所によっては回収が非常に困難になる。特にネザーは、あらゆる場所が修羅場となっているので、この傾向が強い。そのデスペナルティを回避すべく、ネザーに突撃する前にオートセーブを切っておき、死亡したらリセットしてやり直す、ということをやっておいたのだ。いやー、この手法を取っておいて本当に正解でしたね。せこいって?知るか!!!!

 

 

f:id:case56:20170905001538j:plain

 ネザーから帰還したところで、他の細かいトロフィーを回収していく。残っているトロフィーでは一番の心配要素だった「ゾンビドクター」も無事取れたし、あとはもう条件を軽く満たしていくだけといった感じ。なので、どんどんこなしていく。

 

 

f:id:case56:20170905003820j:plain

そい!

 

 

f:id:case56:20170905003839j:plain

そいそい!!

 

 

f:id:case56:20170905003855j:plain

そいそいそい!!!

 

 

といった感じで今回はここまで。残るトロフィーは3つとなったが、その内の二つはラスボス関連のトロフィーである。正直、ラスボス撃破にはまだ色々と準備が足りていないので、もう少しこのゲームを続けていくことになりそう。このラスボス撃破までにどれくらいの時間を要するのかよく分からないが、一応の終わりは見えてきたか。思いのほか早く終われそうだな。あと、この分だと無事完走できそう。よかったよかった。正直、このゲームを始めた時は一人で完走なんてできないだろうと思っていたので、少し意外に思う。やっぱり、全世界で大人気というだけあって面白かったってことなんですかね。

 

 

続く。