無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ感想】 いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY 【レビュー】

【PS4】いただきストリートドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー30th ANNIVERSARY

 

「いたスト」のプレイ感想。
 

いただきストリートをコンプしたので、感想を記事にまとめる。随分とまぁ久しぶりに書く感想記事だな…アサクリの感想記事はどうした?いやいや、一応アサクリの感想記事もチマチマと書いているんですよ…なんか文にするのが難しくてね。筆者程度の文章力じゃあ、あんな壮大な作品をまとめ上げるのは難しい。本当に文章力が欲しいと思う今日この頃。まぁそんな話はどうでもいいんですよ。それよりもいたストですよ、いたスト。

このシリーズは結構昔から続いているシリーズであるが、筆者が触れるのは今作が初めて。故に、過去作と比較するようなことは一切書けない。どうやら、過去作と比較するとキャラが減っていたり、マップがあまり変わっていなくて手抜き感が強かったりするようだが…そんなことは一切分からない。まぁ、そこら辺の評価は某通販サイトなどのレビューに任せましょう。ここでは、「今作が初めてのいたスト」というゲーマーのプレイ感想を書いていこうと思う。

 

 

 

 

〇が良かった点。×が悪かった点。

 

 

 

 

〇. 単純なようで奥が深いゲーム性

 

このゲームの目的は、最初に定められた目標金額をライバルよりも早く貯めて、その状態で最速で銀行城というスタート地点に戻るというもの。その過程で、ライバルから買い物料を文字通りいただいたり、株と株価を駆使して賢く稼いだりと頭脳と運による勝負が展開される。最初こそ、どうすればいいのか分からず闇雲に店を構えては何も考えずに投資して店を大きくしたり…という感じで進行してしまいがちだが、少しコツが分かってくるとこれがまた少し変わってくる。

このゲーム、ずばり株がキモであり、株を上手く扱えるかどうかで大きくプレイングが変わってくる。「いただき」とゲームタイトルにあるくせに、店による買い物料の徴収がメインの稼ぎ手段ではなく、株価上昇による株の儲けがメインの稼ぎ手段になる。そこに気付いてしまえば、一気に世界は変わってくる。株価を上げるには、増資して店を大きくしなければならない。増資できる額を上げるには、そのエリアにまとめて多くの店を構えなければならない。そして、店をまとめて構えるにはダイスの運が要求されたり、金に物を言わせて無理矢理買い取ったり、あるいは他プレイヤーと交渉して手に入れたりと実に様々な手法がある。それらの駆け引きや運勝負がなかなかに面白く、このゲーム独特の面白味がある。いかに早く、かつ自分に害がない範囲でエリアを独占するか、そしてその上で大量の株を育てられるか。また、敵の行動を予測してあらかじめ株を買っておき、その地域の株を押さえておくことで株価の上昇を抑える、あるいはその地域の株価が上昇した際に自分も恩恵を賜る、という立ち回りもできる。知れば知るほど気にするべきことが増えていき、その面白味が増していく。単に、高い店に止まってもらって買い物料を徴収するというゲームではないという事を理解さえすれば、このゲームの深さを知ることができるだろう。

 

 

 

 

〇. 他人を陥れる爽快感

 

こうして書くととんでもないことに思えるが、事実なのでこう書くことにする。このゲーム、金を稼ぐゲームである故に他人から金を奪う事も多々ある。その額は小さな額から大きな額まで様々であるが、大きな額を奪い去り一気に他人の順位を下げた時の爽快感はかなりもの。ACTやFPSなどの、アクション要素が強いゲームとは異なった爽快感が感じられる。また、買い物額が大きい店を構えた時や、そこをライバルが通りそうになった時の期待感、逆に自分がそういった店を通りそうになった時の緊張感もなかなかに大きく、ボードゲームとは言えとても刺激的な気持ちを味わうことができる。なるほど、このゲームはこういう面で人を虜にするのか…一度味わえば分かると思うが、この爽快感や緊張感はなかなか魅力的であり、他のゲームでは簡単には味わうことができないだろう。

 

f:id:case56:20171130205201j:plain

↑大きな額の店に止まってもらう事は滅多に無いことだが、その分止まってもらった時の恩恵と衝撃は大きい。一度この快感を覚えてしまうとやみつきになること間違いなしなので、この手のゲームや他人を陥れることに快感を覚える人はこのゲームに触れてみてほしい。

 

 

 

 

×. オンラインの不具合の多さ

 

このゲーム、オフラインによる対戦よりもオンラインによる対戦の方をメインで遊ぶ人が多いと思われるが、そのオフラインの不具合が多い。その不具合と言うのは様々であるが、いずれも質の悪いものばかりであり、最悪だと強制的に切断をしなければならないものまである。例を挙げると、ゴールすると同時に進行が止まってしまって切断せざるを得なくなったり、カジノマスに入ると画面が進まなくなってしまい、同様に切断せざるを得なくなる、自分のターンが回ってくると操作がきかなくなり、切断するか600秒の持ち時間の間ずっと待たなければならなくなったりなどといったものがある。特に質が悪いのは、ゴールと同時に進行不可能になるバグであり、「勝った!」と思ったらそのまま切断コースへ…なんてことになりかねない。安心して一位すら取れないってどうなの…一試合が非常に長いだけに、このバグに遭遇した時のショックは計り知れない。このバグは早く直すべきだと思うのですが…。

 

 

 

 

×. カジノマスの冗長さ

 

このゲームにはカジノマスというミニゲームマスがあり、ミニゲームの結果に応じていくらかの報酬がもらえるのだが、その報酬が非常にしょぼい。全体の金額が小さい序盤ならばともかく、額が大きくなっていく中盤以降はカジノマスに止まる恩恵が相対的に小さくなりすぎて、ただ演出が長いだけのかったるい面倒マスになってしまいがち。レベルや総資産に応じて報酬金額が大きくなる仕様だったらよかったのに…なんでそういう仕様にならないんですかね。勝っている時ならばともかく、負けている時にいちいち相手のどうでもいいメタル戦や、勝とうが負けようがもはやどうでもいいバトルコロシアムなんて見せられるのは正直ストレス。せめて報酬がもっとまともだったら…あるいは、演出がもっと短ければ…カジノマスに対する評価も少し変わったかもしれない。

 

f:id:case56:20171130195416j:plain

↑一人用モードだとカジノの内容をいじることが可能。この細かい設定をオンラインでもできればいいのに…なぜそういう仕様にしないのか。謎。

 

 

 

 

×. ゲームに管理されている感が否めないダイスの目

 

このゲーム、実は出るダイスの目があらかじめ決められている。中断セーブを利用してオフラインの一人用モードを何度かプレイしていれば分かるのだが、同じ目しか出ない。おまけに、チャンスカードの配置も全く同じ。最初から最後まで全部同じという訳ではないのだが、最初の数手は全く同じ。ボードゲームとしてそれはどうなの…まぁ、ダイスの目なんて結局はプレイヤーには分からないものであるが故、最初からゲームに決められていようがそうでなかろうがあまり変わらないのだが…。しかしこのゲーム、「ここであの目が出たらまずいよな」という時に限って、その目が出ることが非常に多い。逆に、「ここであの目を出したら運がいいな」と言う時に限って敵はその目を出すことが多い。特に、CPUと戦う一人用モードの時。ゲームによって意図的に管理されているかどうかは分からないが、正直わざとらし過ぎる目が本当に出やすいので、ゲームによって目が管理されているのではないかという感じが非常に強い。本当にやってみれば分かるのだが、ダイスの目がわざとらし過ぎる。オフラインのみならず、オンラインでもこのようなことは多々見られ、「普通ここでこの目を出すか?」という事が本当に多い。いや、確率上あり得ない話ではないので何とも言えないのだが…しかし、ゲームにより数手先まで目が決められているという事を考えると、特定のマスを踏むよう管理されているという話はあり得ない話ではない。まぁ、考えても仕方ない話ではあるのだが…でもこういう要素を臭わされると、少し萎えますよね。いくらゲームとはいえ。

 

 

 

 

総評

 

ゲームシステムが少々独特だが、単純そうに見えて実は奥が深いゲーム性がウリの今作。自分で育てた大きな店でガツンとライバルを突き落とす爽快感は勿論、株価上昇による総資産の急上昇という、また違う方面での大儲けもそれはまた気持ちがいい。ACT的なスキルとは違う方面でスキルが問われる中、ライバルと駆け引きをしたり自分で考えて目標に向かって総資産を増やしていくのはやりがいがあって非常に楽しい。そうして突き進んだ末に勝利を掴めると、非常に達成感があり快感がある。頭脳戦や、相手との駆け引き、そして運のぶつかり合いとも言える勝負が好きな人にはもってこいなゲームなのではなかろうか。

しかし、オンラインに周りの不具合が多いのが大きなマイナス点であり、何のアクシデントも無く最後まで試合を終えられることがあまり多くないのも事実。これは、これからのアップデートに期待しろという事なのかもしれないが、アップデートの約束なんてされていないだろうし何とも言えない感じ。進行不能なバグが少なくない上、切断してしまうとオンラインのマッチングに支障をきたす仕様となっているらしいので、かなり質が悪い。まずはこの辺をきっちり直してもらいたいものである。また、ダイスの目についても少し疑惑感が強いものとなっているので、そこら辺についても少しは改善される…のかな?まぁ、ダイスの目については本当に何とも言えないので、変にいじる必要は無いのかもしれないが。

 

 

 

 

こんなところか。この手のゲームはあまりプレイしていないので、あまりレビューらしいことを書けないが見逃してね。ゲームシステムという面だけ見れば非常に面白かったが、オンラインの不具合が非常に多かったのが残念。オフラインでの対戦よりもオンラインによる対戦の方が圧倒的にやる機会が多いと思われるので、この不具合祭は早々に直すべきだと思う。キャラ追加なんてその後でいいのよ。

 

 

 

 

以上、「いただきストリート ドラゴンクエストファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY 」のプレイ感想でした。