無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【雑記】 トロフィーレベル☆40突破

f:id:case56:20180411115015p:plain

 

☆40 

 

トロフィーレベルが上がり申したので、恒例の記事を書く。ようやく40台に突入し、レベル的な面で少し貫禄が付いてきた。まぁでも、過去に何度も書いている通り、レベルで勝負している人種ではないので大して嬉しくも無いのだが。レベルよりも難易度。 今年はそこそこヘヴィなものをコンプできているので、そういった意味では好調かも?去年は完全にぬるま湯に浸かっていたからな…今年は少し修羅の道を歩むぐらいがちょうどいいのかもしれない。

 

 

 

☆39に到達したのが去年の11月下旬。となると、今回はレベルを上げるのに5ヵ月ほどかかったということか。結構かかったな…いや、これぐらいが普通なのか。ブーストゲーもそこまでやらんしね。様々なソフトをやった記憶があるが、ゲームライフ的な意味では結構充実してたような気がする。面白いソフトが多かったよなぁ。ディシディアとかモンハンとか。今後もこれぐらい大作が出続ければいいんだけど。無いか。てか、今後の発売日スケジュールを見てると買う予定のソフトが少ない。どうなってんだよ…積みゲーを消化しろってことか?あるいは心置きなくSO4リマスターを進めろってことか??そういうことか!

 

 

 

f:id:case56:20180422024348j:plain

某サイトにおけるレア度云々。やはり変わり映えしない。まぁでも、どのレア度も順調に育ってきているのでは?レア度も大して興味は無いので、これも割とどうでもいい。レア度と難易度は必ずしも比例するわけではない云々。この話も何度目だ。じゃあなんで毎度上げるのかって?少しでも話題を増やすためだよ。

 

 

 

さて、いつもの話を書き終えたところで☆39~☆40の間に遊んだソフトを羅列していく。今回はどんなのがあるかな?乞うご期待。

()内の数字は、コンプ難易度を示している。10点満点で、点が高いほど難しい。

 

 

 

 

1. いただきストリート ドラゴンクエストファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY(5.5/10)【PS4/PSVita

 

【PS4】いただきストリートドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー30th ANNIVERSARY

 

いただきストリートシリーズ最新作。某所の商品レビューを見ていると、使用キャラがかなり減ったらしいが…代わりにボイスが付くようになったみたい。割とどうでもいい。ゲーム内容は結構面白かった。株を育てて総資産を一気に増やしたり、他人を陥れて嘲笑ったり。ゆるそうな見た目に反して結構頭を使わされる上、他人を一気に引きずり落とす冷酷さを兼ね備えているなかなか油断ならないゲームである。

トロフィーに関しては、オンラインで30勝するトロフィーが正攻法で行くとかなり鬼門。一戦自体がかなり長い上、勝てるかどうかも運勝負な面が少なからずあるので、そう易々とはコンプできない。…と、思われていた。なんと、環境さえ整っていれば一人で談合することができるという事が判明。それを使えばコンプ難易度はガクッと下がる。なので、一人で談合できるか否かがコンプ可否の分かれ目になる…かもしれない。まぁ、正攻法でもできないことは無いんですけどね。 

 

 

攻略:

【トロフィー】 いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY 【攻略】 - 無名の手記

 

感想:

【プレイ感想】 いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY 【レビュー】 - 無名の手記

 

 

 

 

2. PsychoBreak 2(7/10)【PS4

 

 

PsychoBreak 2(サイコブレイク2) 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

 

あのサイコブレイクが色々パワーアップして帰ってきた。軽めのオープンワールド要素に、豊富な自キャラ強化要素、緊張感あるステルス戦、サイコブレイクならではのクリーチャーとの熱い対決…等々注目すべき点は多い。若干移動がもっさりしているのが少し馴染めなかったが、それ以外だと特に目立った不満は無かった…はず。TPS好きならば問題なくおすすめできると思われるので、該当する人がいたら触ってみてほしい。

トロフィーに関しては、クラシックモードという最高難易度でクリアするトロフィーが難しい。が、今ならば攻略がとても充実しているのでそこまで苦労することは無いか。オートセーブ無しで、かつセーブ回数に制限という嫌らしい縛りを課されているので、人によってはかなり苦戦するかも?

 

 

攻略:

【トロフィー】 PsychoBreak 2 【攻略】 - 無名の手記

 

感想: 

【プレイ感想】 PsychoBreak 2(サイコブレイク2) 【レビュー】 - 無名の手記

 

 

 

 

3. ARK:Survival Evolved(トロフィー取得率:5%)【PS4】 

 

【PS4】ARK: Survival Evolved

 

恐竜が闊歩する世界を生き延びる、サバイバルACT。☆39の段階ではかなりハマってたんだけどね…今はもうほとんどプレイしていない。飽きたというよりは、新作軍の消化に追われてやる暇がないという感じ。なので、暇さえできればいつかは再開するものと思われる。

トロフィーに関しては、公式チートが使い放題なので、おそらく苦労することはない…はず。いや、そんなこと無いか?結構面倒そうなものが多いよね。

 

 

 

 

4. 仁王(4.5/10、トロフィー取得率:62%)【PS4】 

 

仁王 Complete Edition 初回限定版 - PS4

 

戦国死にゲー。正直、個人的にはあまり好きになれなかった作品。敵側のバランス調整が下手糞すぎて、結構頻繁にイライラさせられた記憶が強い。まぁ、その辺の詳しい話はプレイ感想の記事にて。

トロフィーに関しては、プラチナまでしか取得していない。なので、難易度はDLCを含まないものとなっている。プラチナだけだとそこまで難易度は高くない印象。多少の作業はあれど、それでもトロフィー全体の中で見れば易しい方なのでは?もっとも、ゲーム内容がアレ過ぎるので、そういう意味で折れる人がいるかもしれないが。

 

 

攻略:

【トロフィー】 仁王 【攻略】 - 無名の手記

 

感想:

【プレイ感想】 仁王 【レビュー】 - 無名の手記

 

 

 

 

5. リディー&スールのアトリエ~不思議な絵画の錬金術士~(トロフィー取得率:10%)【PS4

 

リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~  - PS4

 

ご存知、アトリエシリーズ最新作。ゲーム内容は相変わらず。面白いと言えば面白いのだが、ディシディアNT発売後はほとんどやらなくなってしまった。だって、あっちが面白すぎたんだもん。未コンプのまま終わらせるつもりは一切無いので、いつかは再開する予定。SO4リマスター始めといてよく言うぜ。

 

 

 

 

 

6. モンスターハンター:ワールド(7.5/10)【PS4】 

 

モンスターハンター:ワールド - PS4

 

国民的人気タイトルとなった狩りゲー。正に正統進化といった出来であり、ゲーム内容は至って良好。装備を作る楽しさ、スキルを吟味する奥深さ、モンスターを討伐した際の達成感、美麗な自然が広がるマップ等、注目すべき点は多い。詳しくはプレイ感想の記事にて。

トロフィーに関しては、なかなかに鬼畜。全てのモンスターに金冠を付けるトロフィーが非常に長い作業となっており、そう易々とコンプはさせてくれない。が、救済クエストが結構頻繁に配信されている?思いのほか救済クエが来てくれているようなので、昔ほどの難易度ではなくなってそう。というわけで、難易度を評価を少し下げてみた。どれくらい楽になったのか確認できないので少しマイルド気味な修正になったが、まぁこんなもんでしょう。

 

 

攻略:

【トロフィー】 モンスターハンター:ワールド 【攻略】 - 無名の手記

 

感想:

【プレイ感想】 モンスターハンター:ワールド 【レビュー】 - 無名の手記

 

 

 

 

7. Devil May Cry 3 HD(Devil May Cry HD Collection)(4.5/10)【PS4

8. Devil May Cry HD(Devil May Cry HD Collection)(6/10)【PS4

 

デビル メイ クライ HDコレクション

 

スタイリッシュアクションのHDリマスター。1,2,3SEの三作が入っているが、1と3SEの未プレイ。2は…うん。触る気になれなかった。トロフィーのキリ番調整に取っておくぐらいかな。ゲーム内容は今更語ることも無いだろう。面白いです。みんなやろうな!

トロフィーに関しては、3SEはそこまで鬼ではない。1もそこまで鬼ではない。が、人によっては苦戦するかも。それぐらいの感じ。どちらも周回する必要があるが、一周あたりが短いため時間もあまりかからない。なので、気軽にやってみてほしい。

 

 

攻略:

3SE→【トロフィー】 Devil May Cry 3 HD (Devil May Cry HD Collection) 【攻略】 - 無名の手記

 

1→【トロフィー】 Devil May Cry HD (Devil May Cry HD Collection) 【攻略】 - 無名の手記

 

 

 

 

9. DISSIDIA FINAL FANTASY NT(9.5/10)【PS4】 

 

ディシディア ファイナルファンタジー NT - PS4

 

個人的に2018のGOTY候補と言っても過言ではないくらい楽しめた作品。パーティー対戦アクションというジャンル付けだが、要は3on3の対戦物。パーティーで戦うというところがミソで、ランクが上がれば上がる程個人のスキルだけではなくパーティーの連携も求められてくる。アクション自体もスピーディで動かしやすい上、操作が簡単なので誰でも入り込みやすい。ルールもシンプルで分かりやすい。対戦ゲームにしてはかなり入り込みやすい部類のゲームだと思われるので、興味があれば是非触れてみてほしい。まぁ、この辺の話はプレイ感想の記事にて。

トロフィーは、率直に言って難しい。全キャラSSランクを取得するものがスキル的に立ちはだかる他、トレジャー300回開封が非常に時間がかかる。時間とスキル両方求められるという、隙の無いトロフィー構成を取っている数少ないゲームであり、コンプはそう容易くできるものではない。が、ゲーム内容は本当に素晴らしいのでトロフィー関係なく遊んで欲しいソフトである。もっと流行れ。

 

 

攻略:

【トロフィー】 DISSIDIA FINAL FANTASY NT 【攻略】 - 無名の手記

 

感想:

→もう少しで書き終わるよ!

 

 

 

 

10. HEAVY RAIN -心の軋むとき-(2.5/10)【PS4

  

f:id:case56:20180408211848j:plain

 

4月のフリプで来ていたADV。サスペンスものとでも言うのだろうか?ドラマとかその辺には疎いので、このゲームのシナリオのジャンルが分からない。プレイヤーの選択でEDが変わる他、QTEやボタン入力が頻繁に発生するので没入感が凄い。一度見たシーンを飛ばせないのが面倒だったが、まぁそれでもこのゲームが面白いという事には変わりないだろう。

トロフィーに関しては、かなり易しめ。上でも書いた通り、一度見たシーンが飛ばせないので少々面倒に感じられるかもしれないが、特別高度なスキルを求められるわけでもなく、莫大な時間がかかるわけでもない。コンプ難易度は最低に近いと言っても過言ではないだろう。

 

 

攻略:

【トロフィー】 HEAVY RAIN -心の軋むとき- 【攻略】 - 無名の手記

 

 

 

 

11. STAR OCEAN - THE LAST HOPE - 4K & Full HD Remaster(トロフィー取得率:5%、PS3版の難易度は9/10)【PS4】 

 

f:id:case56:20180408211906j:plain

 

作業オーシャン4(SO4)、再び。あの作業地獄で知られるSO4が、綺麗になって帰ってきた。ゲーム内容はPS3版と変わりないが、なんとトロフィー内容も変わりないというアホっぷり。これはやるしかないね。PS3版をコンプ済みだけど、PS4版もやらなければならない謎の宿命を感じてしまった。今年中にコンプできればいいかなぐらいの感覚だが…さてどうなるか。これからに期待ですね。

 

 

 

 

12. インパクト・ウィンター(トロフィー取得率:6%)【PS4

 f:id:case56:20180422024847j:plain

 

隕石が落下し、雪に包まれてしまった地球上で遭難してしまったので、救援が来るまで頑張って生き延びましょうというサバイバルアドベンチャーTwitterのTLでたまたま見かけたものに興味を持ち、即購入。プラチナも付いているという事で、やり込み甲斐はありそう。ただ、攻略情報がかなり少ないので、軽く見てると思わぬ火傷をするかもしれない。パッと見、一通りのやり込みを要求されそうな感じがあるので、ゲームの難易度やボリューム等によってはかなり手間取る可能性が…まぁ、なんとかなるでしょう。と、思いたい。結局はADVなので、ずば抜けたスキルや莫大な作業が求められるという事は無いと思われるので、根気と情報があれば多分簡単になんとかなるはず。そう思いたい。てか、早く終わらせていち早く攻略情報をまとめたい。

 

 

 

 

13. アサシンクリード ローグ リマスター(トロフィー取得率:24%)【PS4

 

 

アサシン クリード ローグ リマスター 【CEROレーティング「Z」】

 

世界的に有名なアサシンクリードシリーズの、リマスター作。今作は、2014年に発売されたローグのリマスターということで、内容はそのままにグラフィックが強化され蘇っている。ゲーム内容に関しては特に語る必要も無いか。ただ、他のアサクリと異なり船による海戦が多い印象が受けられ、人によってはこれじゃない感が強く感じられるかもしれない。ゲーム内容だけではなくトロフィー内容も同じようなので、攻略情報などはそれらを流用できそう。なので、おそらく何も問題は無いはず。そのトロフィーも、シリーズ恒例とも言える程度の難易度っぽいので、心配することおそらく無い。まぁ、のんびりやって行きましょう。

 

 

 

 

以上。結構ソフトが少なかった。☆39~☆40の間は、結構ヘヴィで高難易度なソフトをこなせたかな、という感じ。特にディシディアNT。文句なしのゲーム内容に、文句なしの高難易度トロフィー。ゲーム的な意味でも、トロフィー的な意味でも。個人的に素晴らしい作品だった。モンハンワールドも、ゲーム内容は面白かったしトロフィーもそこそこ歯ごたえがあってよかった。まぁ、今では救済クエがなかなかの頻度で配信されているようなので、発売当初程の難易度では無くなっているのだが。残念。

そして、遂に始めてしまったSO4リマスター。二度目の挑戦となる今作だが、色々勝手が分かっているので少しは早く終われるのではないだろうかと少し希望的な観測が入っている。どうなるかな…無駄に取りこぼして周回をする羽目にならなければ少しは早くなりそうか?頑張って今年中に終わらせられるよう頑張りたいですね。

まぁこんな感じか。今後は購入予定の新作がガクッと減ってしまうが、何か面白そうな新作出ないかな。あるいは、買い損ねていた旧作を回収していくか。色々あるんだよね。ドラクラプロとか、ワンダリメイクとか。そこら辺の購入も考えながら、SO4リマスターをメインに進めていきましょう。そうしましょう。

 

 

 

 

☆41に続く。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラゴンズクラウン・プロ - PS4

ドラゴンズクラウン・プロ - PS4