無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【スポンサーリンク】

【プレイメモ】 Devil May Cry 5 Demo まとめ

デビル メイ クライ 5 (【予約特典】「EXカラーパック」が入手できるプロダクトコード 同梱) - PS4

 

「DMC5体験版」のメモとかテクニックとかネタとか

 

ある程度体験版を遊んで色々分かってきたような気がしたので、現時点で筆者が得られた情報をまとめてみようと思う。上級者のDMCプレイヤーからすれば鼻で笑われるような内容になると思うが、まぁそれはいい。あくまで、ただの個人的な情報のまとめ記事なので、クオリティに期待してはならない。各アクションについての確認とか、地味な使い道の発見とか、エネステの入門的なコツとか、どちらかというとシリーズ初心者向けの記事にしたい。あわよくば、これを機にこのゲームの面白みに気が付き、ファンになってくれる人が増えることを地味に願う。

 

 

 

 

基本情報

 

この体験版は…

 

  • 使用可能なキャラはネロのみ。
  • セーブに対応しており、集めたレッドオーブや、デビルブレイカー、更にはショップで購入したスキルも保存できる。
  • プレイ可能なミッションは一つで、一度ゲームを終了すると進行度はリセットされる。
  • 製品版への引継ぎは今のところ情報が無いので、おそらく何もない?

 

といった仕様を取っている。特に重要なのが2番目の項目で、スキルの拡張が保存されるという点。ショップには、各種デビルブレイカーの他にもスキルが複数並んでおり…

 

  • エアハイク
  • エネミーステップ
  • ルーレットスピン
  • シャッフル
  • イクシード2

 

の5つが購入できる。ものによっては、あるのと無いのとでかなりキャラの動きが変えられる極めて重要なスキルも売られているので、是非とも周回して全てのスキルを揃えてみよう。

 

 

 

 

基本システムについて

 

基本システムというか、スタイリッシュランクとボタン配置の変更について軽く。戦闘中にスタイリッシュな行動を取りまくっていると、画面右に表示されるスタイリッシュランクは、具体的には様々な技を使いまわしていれば自然と上がるようになっている。高等なテクニックを必ず使わなければならないというわけではないので、とりあえずランクを上げたいという人は、まずは様々な技を使いまわせるようになろう。ちなみに、挑発でも上げることが可能。余裕があればガンガン使うべし。

次に、ボタン配置の変更について。オプションからコントロールの項目でいつでも変更できるので、自分に合った配置に変えよう。個人的には、溜めるために常に長押しをした方が戦闘を有利に運びやすい遠距離攻撃は、比較的長押しをしやすいでボタンであろうL1あたりに配置した方が良いような気がする。あとは、なるべく攻撃に関わるボタンはジャンプのボタンに近くに配置するとか。

ちなみに、筆者のボタン配置は…

 

 

  • 近距離攻撃→□
  • 遠距離攻撃→L1
  • デビルブレイカー→R2
  • ブレイクアウェイ→△
  • その他→デフォルト

 

 

である。一応参考までに。

 

 

 

 

基本アクションについて

 

上でも書いた通り、この体験版での操作可能なキャラはネロのみである。ダンテとVは、製品版までの我慢ということっぽい。残念。

で、その唯一遊べるというネロ君。一通りアクションをまとめると…

 

 

 

移動、ジャンプ、カメラ操作、回避

 


Devil May Cry 5 Demo 移動他

 

そのまま。これらのアクションは、おそらくダンテとVも共通して使えるアクションとなるのではなかろうか。ジャンプは、今まで通り出始めに無敵時間が付いているので、回避行動としての性能が相変わらず高い。回避は、地面に足がついている時しか行えないので注意。また、回避はロックオンボタン+左スティック左右+ジャンプボタンだが、この時左スティックを倒す方向は、ネロがロックオンしている状態で向いている方向から見て左右ということ。つまり、ロックオンしている状態でネロが画面から見て横を向いている状態であれば、回避を行うには左スティックは左右ではなく上下のどちらかに倒さなければならない。誤解しないよう気を付けるべし。

 

 

 

 

レッドクイーン(近距離攻撃)

 

基本中の基本である攻撃アクション。とりあえずこれを振っておけば、体験版に出現する雑魚敵は簡単に処理できる。

レッドクイーンのスキルは複数あり…

 

 

レッドクイーンコンボA

 


Devil May Cry 5 Demo レッドクイーンコンボA

 

素早く4連斬を繰り出す。

地上で近距離攻撃ボタンを連打していれば、自然と出せる攻撃。威力はそこそこ。前作同様、最終段の入力を遅らせることが可能だが、威力が上がるのかは不明。

 

 

 

レッドクイーンコンボC

 


Devil May Cry 5 Demo レッドクイーンコンボC

 

レッドクイーンコンボの派生型。

より広範囲の敵にダメージを与える。

レッドクイーンコンボの3段目を遅らせて入力すると、こちらのコンボに派生する。スキルの説明通り攻撃範囲に特化したコンボであり、総合的な火力はレッドクイーンコンボAと同等なのかは不明。しかし、最後の2撃がネロの周囲を攻撃する形を取っているので、囲まれた際にその真価を発揮する。

 

 

 

エリアルコンボ

 


Devil May Cry 5 Demo エリアルコンボ

 

空中で連続攻撃を放つ。

空中での攻撃の基本形。とりあえず、空中で近距離攻撃を連打していれば自然と出せる技。前作とモーションに大差は無いが、最終段を当てた時の敵の挙動が変わったので注意。今作では最終段を当ててしまうと、敵は真下ではなく斜め下に吹き飛ぶようになってしまったので、最終段を当てると同時にエネステでキャンセル、ということができるシーンはかなり減った。壁際ではおそらくできると思われるが未検証。

 

 

 

ルーレットスピン(要ショップで購入)

 


Devil May Cry 5 Demo ルーレットスピン

 

空中で回転しながら敵を切り払い、

その勢いでわずかに上昇する。

空中コンボその2。使用するには、体験版後半か、一度クリアした後にゲームを開始すると利用できるショップで購入する必要あり。威力が高く、上昇する関係上空中にいられる時間が増加するので、何かと頼れる技。範囲も広めなので、密集している状況だと巻き込みも狙える。

 

 

 

ハイローラー

 


Devil May Cry 5 Demo ハイローラー

 

敵を斬り上げ、上空に打ち上げる。

近距離攻撃ボタンを押し続けて自身も上空に舞い上がる。

DMC伝統の打ち上げ技。当てた敵は、大型の敵を除いて空中に打ち上げられる。近距離攻撃ボタンを押しっぱなしにすることで、ネロが打ち上がった敵と同じ高さに自動で浮かび上がるので、そのまま空中コンボに繋げることが可能。

 

 

 

ストリーク

 


Devil May Cry 5 Demo ストリーク

 

流れるような華麗な動きで

一気に踏み込み、周囲を斬り払う。

いわゆる突進技。ロックオン方向に突っ込んでいき、オブジェクトor敵に接近するか、一定距離を進むと自動で斬り払いに派生する。移動速度と攻撃範囲が優秀で、当たった雑魚敵は吹き飛ぶため周りを一掃したり、囲まれた状況を打破するのに向いている。

 

 

 

スプリット

 


Devil May Cry 5 Demo スプリット

 

空中から急速に落下し、

敵を両断する勢いで剣を叩きつける。

いわゆる兜割り。コマンドが前作と変わってしまったので、前作をプレイ済みの人はおそらく最初はかなり出しにくい技。性能自体は素直な落下攻撃そのものであり、空中で敵に当てれば地面に引きずりおろすことも可能。人によっては、これが暴発して意図せずして着地してしまう、なんてことも起こり得るが、逆に言うと急いで地面に降りたい時はこの技を使うと楽である。

 

 

 

キャリバー

 


Devil May Cry 5 Demo キャリバー

 

空中で敵に向かって突進し、強烈な斬撃を

放つ。

言うなれば、空中版のストリーク。コマンドが少々複雑で、人によってはこの技を使う以前に、出せるようになるところから始まることも少なくない。突進距離、攻撃範囲、威力と使用感はほぼほぼストリークと同じであるが、空中技ということで多数の敵を薙ぎ払うというよりかは、空中に打ち上げた敵への追い打ちや、浮遊して飛び回っている敵への攻撃、あるいは空中での移動技というのが主な使い道にあるだろう。

 

 

 

 

シャッフル(要ショップで購入)

 


Devil May Cry 5 Demo シャッフル

 

バックステップで攻撃をかわした後、

素早く踏み込んで大振りの一撃を加える。

後方への素早い回避をした後、そのまま高速で前方にステップを踏んで攻撃をする、というテクニカルな技。回避行動には無敵時間がしっかりと設けられており、きちんと回避としても機能する。なので、敵の攻撃とのタイミングが合えば、カウンターを入れることも可能。ちなみに、攻撃部分がヒットした雑魚敵は前方に吹き飛ぶ。また、最初の回避行動はジャンプでキャンセルすることが可能。使い道があるのかは要研究。パッと見、かっこいい動きであるような気がしないでもない。

 

 

 

 

が、この体験版で使用できるレッドクイーンのスキル。おそらく、製品版ではレッドクイーンコンボのBが追加されるはず。4ではレッドクイーンを何度も叩きつける技だったが、果たして変更はあるのか。気になるところである。

直接攻撃に当たるスキルは上で挙げた通りだが、レッドクイーンにはもう一つ無視できない要素がある。それは、イクシードの存在。というわけで、次はイクシードについて書いていく。

 

 

 

 

イクシード

 

最初から使えるネロのアクション…だが、攻撃をするアクションではない。レッドクイーンによる攻撃を強化するためのアクションである。イクシードのアクションは大きく分けて二つ。低速ながら、確実にEXゲージを溜められる「イクシード」と、テクニカルだが一瞬でEXゲージを一つ溜める「EXアクト」である。

 

 

 

イクシード/イクシード2(2のみ要ショップで購入)

 


Devil May Cry 5 Demo イクシード

 

推進剤を一気に点火して強力な攻撃を放つ。

EXゲージを1つ消費して

EXレベル1の技を使用できる。

強力な攻撃を放つとあるが、適用されるのはレッドクイーンによる攻撃のみ。レッドクイーンコンボ系の技であれば一度剣を振る度にゲージを1つずつ消費し、ストリークやハイローラーなどのコマンドを伴う技であれば一撃で全てのゲージを消費する。EXゲージを消費して繰り出す攻撃は、主に攻撃力と攻撃速度が上昇するのだが、技によってはヒット数が増加したり、突進距離が延長、更には攻撃範囲が拡張されたりもする。また、イクシード2を習得するとEXゲージの上限が二つに増え、ストックできるゲージ数が増えるだけではなくコマンドを伴う技はより強力な攻撃に強化される。

これらのことから、戦闘を有利に進めたかったらEXゲージをいかに溜めるかが重要…なのだが、このアクションではゲージを溜めるのに時間がかかってしまうので、攻撃する度にゲージを溜めていてはかえって戦闘時間が伸びてしまう。そこで、この問題を解消するのがもう一つのアクション。

 

 

 

EXアクト

 


Devil May Cry 5 Demo EXアクト

 

攻撃後の特定のタイミングでイクシードを

発動させることで、EXゲージを1つ

溜められる。

 

タイミングが少しずれてもEXゲージを

少量溜められる。

攻撃後とあるが、つまりは各攻撃でレッドクイーンを振った直後のことである。要は、ネロがレッドクイーンを振り切るごとにイクシードボタンをタイミングよく押せば、EXゲージが一つ一瞬で溜まるということ。上手くこのアクションを使いこなせば、コマンドの入力に失敗しない限りは永遠にEXゲージを伴った攻撃を繰り出すことができる。

ただ、EXゲージの恩恵は上で書いた通りなので、ぶっちゃけてしまえば別にこのアクションは使わなくても戦える。ただでさえ操作が忙しいゲームなのに、これ以上考えることを増やすのはなかなか酷かもしれない。が、使える方が戦闘が楽になるのは確定的に明らかなので、是非ともマスターしておきたいアクションである。そして、なにより使える方がかっこいい。

  

 

 

 

ブルーローズ(遠距離攻撃)

 

銃を撃つ。銃を撃っているモーション中は空中に停滞できるので、空中で銃を連射するとある程度は滞空時間が伸びる。連射性能が前作に比べてかなり落ちたが、その代わりチャージショットを3発までストックできるようになった。元々通常の射撃攻撃はあまり使わないレベルだったので、この仕様変更はなかなかありがたい変更なのではなかろうか。

 

 

 

ノーマルショット

 


Devil May Cry 5 Demo ノーマルショット

 

同時に2発の弾丸を発射する。

通常の射撃。連射性能が落ちたが、ダメージが上がっているのかは不明。

 

 

 

 カラーアップ

 


Devil May Cry 5 Demo カラーアップ

 

特殊弾を用いて、通常よりも強力な弾丸を

装てんする。

遠距離攻撃ボタンを押し続けるとバレットゲージが

溜まり、点灯時は3連射となる。

おなじみのチャージショット。チャージの段階が無くなった代わりに、溜めることで3発までチャージショットをストックできるようになった。

 

 

 

ハイショット

 


Devil May Cry 5 Demo ハイショット

 

通常の弾丸より高威力な特殊弾を発射する。

多段ヒットで敵の動きを止める。

4のチャージショットと異なり、当たった敵は吹き飛ばない。その上、多段ヒットするようになったので、空中に浮いている敵に当てれば短時間ながらその敵の動きが止まる。これらの要素により、コンボに非常に組み込みやすくなった。その分威力は控えめで、火力に期待する技というよりはそのヒット数と複数ストックが可能なことから敵の拘束を期待する技なのだろう…という認識。

 

 

 

ハイショット…つまりは溜め撃ちの使い勝手が良いので、 可能であれば常に溜め状態を維持したい。しかし、初期のボタン配置だと溜めながら戦うのは辛いものがある。このことから、遠距離攻撃のボタン配置を変更するのはなかなかに重要度が高いのではなかろうか。

 

 

 

 

デビルブレイカ

 

悪魔の腕から悪魔狩りの義手に変わった。出来ること自体は4のデビルブリンガーと大差なく、優秀な接敵手段から各腕に対応した個性的な攻撃、更には腕が破壊される代わりに強力な威力を発揮する大技など、実に様々。使いこなせればとても頼りになるアクションなのは間違いないが、非常に壊れやすいという欠点が存在する。壊れる条件は…

 

 

である。デビルブレイカーは最大で4つまでしか持ち歩けないため、使いすぎるともれなく使用不能になる。ショップに入るか、ステージに落ちているものを拾うことで補充可能だが、逆に言うとそれ以外では補充する術が無いので、扱う際は大胆かつ慎重になるべし。

また、デビルブレイカーを道中で拾った場合、新たに拾ったものが装備されてしまう点も注意。デビルブレイカーを切り替える手段は、おそらく装備しているものを破壊するしか無いと思われるので、拾うタイミングには注意しよう。

以下、デビルブレイカーのアクション。

 

 

ブレイクエイジ

 


Devil May Cry 5 Demo ブーストナックル

 

装備中の デビルブレイカーの潜在性能を

強制的に引き出し、強烈な一撃を放つ。

発動後は壊れてしまう。

デビルブレイカーボタンを押し続けている間に攻撃を受けても

壊れる。

今作におけるネロの目玉技。装備しているデビルブレイカーによって技が大きく異なり、威力はどれも非常に高い。が、使用するともれなく破壊されるので、使いどころが大事。主な使いどころに関しては、各技の項にて記載。

 

 

 

ブレイクアウェイ 

 


Devil May Cry 5 Demo ブレイクアウェイ

 

装備中のデビルブレイカーを強制的に

切り離し、内部エネルギーを爆発させる。

ダメージ状態からの緊急脱出手段として

利用する。

前作でいう、DT発動の回避に近い性能。しかし、こちらは当たった敵は打ち上がらずに吹き飛んでいくので、コンボパーツとしては使いにくくなった。無敵時間があるので緊急回避に使えるほか、単純に広範囲攻撃に使えるので多数の巻き込みを狙った攻撃、あるいはスタイリッシュランクの上昇、更にはゴリアテに吸い込まれた時の脱出手段にも使える。攻撃にも回避にも使える万能な技だが、使用すると装備中のデビルブレイカーが破壊されるので注意。逆に言えば、ブレイクエイジ以外で唯一自分の手でデビルブレイカーを破壊できる行動であるので、デビルブレイカーを素早く付け替えたい時に使えるという一面も持つということでもある。

 

 

 

スケープゴート

 


Devil May Cry 5 Demo スケープゴート

 

デビルブレイカーの使用中や

ブレイクエイジの発動準備中に

攻撃を受けても体制を崩されなくなる。

ただし相応のダメージは受け、

デビルブレイカーは壊れてしまう。

説明の通りで、デビルブレイカーを使用中、あるいはブレイクエイジの溜め中に攻撃を食らうと、のけ反ったり吹き飛ばない代わりにデビルブレイカーが壊れる。このおかげで、デビルブレイカーの使用にはある程度慎重にならざるを得なくなる。 正直、敵にダメージが入るわけでもなく、自分が受けるダメージが無くなるわけでもないので、これが原因でデビルブレイカーが破壊されるのはほとんどうま味が無い。気を付けるべし。

 

 

 

バッテリー

 


Devil May Cry 5 Demo バッテリー

 

内部エネルギーを増幅し、掌底から強烈な

電撃として撃ち出す。

敵の状態により掌底の方向が変化する。

オーバチュア装備時に行える、通常攻撃。基本的には前方に巨大な電撃を撃ち出すが、空中で敵の真上で撃てが下方向に撃ち出すことも可能。 その際は、敵が地面にバウンドして空中に戻ってくる挙動を取る。威力は見た目ほど高い印象が無く、範囲はそこそこ、当たった敵は大きく吹き飛ぶ、硬直が長い、など正直そこまで魅力を感じない性能。オーソドックスな攻撃性能をしている上、単発火力ならば他のデビルブリンガーよりも高いので、適当にぶっぱなす分には使いやすい性能。だが、それだけだ…とどうしても感じられてしまうのが現状。要研究。

 

 

 

エクスプローダー

 


Devil May Cry 5 Demo エクスプローダー

 

内部エネルギーを暴走させ、装備を爆弾化。

敵の体に差し込み、切り離したのちに

時間経過で自動起爆する。

複数個の埋設が可能。

遠距離攻撃などの追撃で任意に起爆できる。 

オーバチュアのブレイクエイジ。時限爆弾を敵に埋め込む。埋め込んだ爆弾は、時間経過か遠距離攻撃を当てると起爆。近距離攻撃でも起爆可能?要検証。威力はブレイクエイジらしく高めで、雑魚ならば一撃で屠れる。攻撃を当てるだけで起爆できるため、任意のタイミングで起爆させやすい。起爆した際の範囲は広めで、密集しているところで起爆すれば大勢を一掃できる。また、爆弾を埋め込むアクションは、敵にヒットした時点で短時間ながら当てた敵の動きが止まるので、当ててさえしまえばほぼほぼ確実に埋め込むことができる。

 

 

 

ジョッキー

 


Devil May Cry 5 Demo ジョッキー

 

掌から衝撃波を放つ。

デビルブリンガーボタンで前方に攻撃。敵の遠距離攻撃の

打ち消しや撃ち返しができる。

左スティック+デビルブリンガーボタンで、衝撃波を

推進力に変えて素早く移動する。

ガーベラで使用可能なアクション。左スティックを倒さずに繰り出せば、目の前に衝撃波を放つ攻撃になる。衝撃波のサイズはオーバチュアのバッテリーよりは小さい上に、攻撃力も低い。硬直も長いので、性能だけでいえば劣化版バッテリーそのもの。だが、左スティックを倒しながら繰り出せば、スティックを倒した方向にネロが飛んでいくという移動技に変わる。ダメージがあるので攻撃にも使えるが、一番の利点は空中でも使用可能な移動技であるという点。ネロの空中で使える移動技と言ったら、他にはレッドクイーンのキャリバーしかないので、かなり貴重な技であることがわかる。敵を吹き飛ばしてしまうが、ネロも同じだけ前進していくので追撃がしやすい。技後の硬直が長めだが、各種攻撃や挑発である程度はキャンセルできるので、エネミーステップが使えないという人はそちらでキャンセルするといいかもしれない。

 

 

 

ステイメンレイ/ペタルレイ

 


Devil May Cry 5 Demo ステイメンレイ

 


Devil May Cry 5 Demo ペタルレイ

 

地上で放てば(ステイメンレイ)、

リミッターを解除した大威力の光束線を

照射する。

空中で放てば(ペタルレイ)、指先から

貫通力を高めた光束線を照射する。

周囲の壁や床に跳弾する。

 ガーベラのブレイクエイジ。地上で出すか空中で出すかで性能が大きく変わる。地上で出した場合は、右腕からレーザーを射出し続ける。レーザーは連続ヒットし、当て続ければそれだけダメージを与え続けられる。ダメージは、レーザーの出し終わりに与えられる一撃が最も高く、それまでに射出している間は一定時間当て続けるぐらいじゃないとあまりダメージは入らない。あまり使いやすい性能ではないが、ゴリアテが建物内で吸い込みを始めた際は安置から安定して撃てるので、遠くからであれば安全に攻撃できる場面で使うのがベターなのかもしれない。

空中で出した場合は、一転して貫通性の細いレーザーを一気に数本ばら撒く。このレーザーは、壁にぶつかると反射する性能をしており、更に貫通もするため狭い部屋内で使用すれば非常に高い威力を発揮する。逆に言えば、開けた場所では反射させようがないためヒット数が非常に少なくなり、あまり強い威力を発揮しない。一応、射出した際はある程度レーザーがまとまっているので、ゴリアテであれば全段当てることが可能。その際の威力はなかなか高い。だが、やはり一番の使いどころは狭い部屋内だろう。体験版では一か所だけ該当する場所があるので、そこで使うのが最も賢いか。

 

 

 

ジェットガジェット

 


Devil May Cry 5 Demo ジェットガジェット

 

パンチラインをロケット推進器として射出。

射出後にデビルブリンガーボタンで呼び戻し、回収時にデビルブリンガーボタンを

押し続けると飛翔体に乗ることができる。

搭乗時に遠距離攻撃ボタン、近距離攻撃ボタン、デビルブリンガーボタンでトリック挙動、

ジャンプボタンで飛び降り、ブレイクアウェイボタンで爆破。

スタイリッシュランク上昇で搭乗時間延長。

パンチラインのアクション。腕にパンチラインが付いている状態で使うと、ロケットパンチの如くパンチラインを敵に撃ち出す。撃ち出されたパンチラインは、一定時間その敵を自動で殴り続ける。ヒット数が多く、攻撃している時間が長いため拘束力が非常に高い。なので、敵を吹き飛ばす攻撃を繰り出してもあまり吹き飛ばないことが多く、攻め継続がしやすい。故に、コンボを手助けする性能が高い。

パンチラインが撃ち出されている状態でデビルブリンガーボタンを押すか、一定時間が経過する、あるいはパンチラインが攻撃中の敵を撃破すると、パンチラインは自動でネロの右腕に帰ってくる。この際、デビルブリンガーボタンを押しっぱなしにしていると、ネロがパンチラインに乗り、一定時間自由に飛び回れるようになる。各種攻撃ボタンでトリックを決めることができ、トリックには攻撃判定があるため攻撃に使える。見た目こそ派手で楽しいが制御が難しく、乗ったはいいが上手く攻撃できないこともしばしば。要練習。

 

 

 

ブーストナックル

 


Devil May Cry 5 Demo ブーストナックル

 

パンチラインの飛行推進力をすべて使い切り

渾身の殴りを行う。

クリーンヒットすれば重い敵も吹き飛ばす。

パンチラインブレイクエイジ。殴りとあるが、殴りというよりは豪快なアッパーである。繰り出した際は長めの溜め時間が発生するが、至近距離で敵に当てられると非常に高いダメージを与える。雑魚ならば一撃で撃破できるほか、ダウン中のゴリアテに命中させると大きく上に吹き飛ぶ演出が見られる。一応カス当たりもあるようで、その際はダメージが下がる。

また、空中で使用するとアッパーではなく地上に向かってパンチラインを撃ち出す攻撃に変わっている。撃ち出されたパンチラインは、敵に命中するか地面に着弾すると爆破し、広範囲に大ダメージを与える。相変わらず出は遅いのだが、雑魚相手には使えなくもない。

 

 

 

その他のアクション

 

アビリティや、攻撃に関与しない行動など。

 

 

エアハイク(要ショップで購入)

 


Devil May Cry 5 Demo エアハイク

 

体内に残った微かな魔力によって

空中に足場を作り、再度ジャンプする。

DMC伝統の二段ジャンプ。通常のジャンプには無敵時間があるが、こちらにも無敵時間があるのかは不明。過去作には無かったような?ジャンプによって到達できる高度が上がるほか、空中にいられる時間の延長、単純に空中で使用可能なアクションの増加といった、汎用性が高い恩恵を得られるので習得する優先度は高い。

 

 

 

エネミーステップ(要ショップで購入) 

 


Devil May Cry 5 Demo エネミーステップ①

 

空中で敵を踏み台にして再度ジャンプする。

これまたシリーズ伝統のアクション。説明の通り、空中で敵と密着している際に、敵を踏み台して一度ジャンプする。過去作に比べると非常に出しやすくなっており、おそらく3や4をやり込んでいた人であればその使いやすさの向上に驚いたのではなかろうか。また、このシリーズにおいて最も重要なアクションであり(と、筆者は勝手にそう思っている)、動画サイトに上げられているコンボ動画などは、このテクニックをふんだんに使用しているものがほとんど。

このアクションが重要である理由は主に二つ。

一つは、あらゆる行動を即座にキャンセルできること。たとえ剣を振っていようが、銃を撃っていようがお構いなしにキャンセルできるので、攻撃中にエネステでキャンセル→即座にまた攻撃…ということも可能。これを高速で繰り返すことができるようになると、短時間で高い火力を出すことも可能になる。

二つ目の理由は、キャリバーやエアハイクなどの空中で繰り出せる行動の使用回数がリセットされること。このゲームは、一部の空中アクションは一回の滞空中には一回しか使用できないようになっている。しかし、エネステを成功させるとその使用回数はリセットされる。おそらく、「敵を踏み台にしてジャンプ=地上でジャンプ」という扱いになっている?つまり、エネステを使用し続ければいくらでもキャリバーが出せ、いくらでもエアハイクが出せる。なので、定期的にエネステを成功させていれば空中に浮き続けることも容易くなる。

これらの仕様が、このアクションをこのゲームにおいて重要であるとさせている理由である。各アクションの硬直をキャンセルし、技の使用回数をリセットして更なる追撃を繰り出し、その上常に滞空して安全を確保する…使いこなせれば大きく戦闘を有利に運べること間違いなし。更に、このゲームの醍醐味であるコンボの自由度が非常に広がるので、マスターできればこのゲームの楽しみ方が大きく変わるのではなかろうか。慣れるには練習をしなければならないが、練習する価値は非常に大きい。一応、エネステのコツ?的なものを後述するつもり。

 

 

 

 

挑発

 


Devil May Cry 5 Demo 挑発

 

地上や空中で、敵を挑発する様々な動作を

行う。

スタイリッシュランクに応じて動作内容が

変化する。

ただの挑発…だが、挑発を成功させるとスタイリッシュゲージが上昇する。なので、定期的に挟めばスタイリッシュランクの維持が楽になる。もちろん、連発していてはランクは上がらないので、ちょいちょい挟むのが大事。 また、今作では空中でも使用可能になったので、滞空中でスタイリッシュランク維持の選択肢が増えた。しかも、空中挑発はEXアクトでEXゲージの補充が可能。タイミングは覚えておきたい。

 

 

 

レインボウ 

 


Devil May Cry 5 Demo レインボウ

 

走り状態から、強烈な飛び蹴りを見舞う。

ネロ君お得意のドロップキック。今作では、後述するスピードが発生している最中でなくても使用が可能になった。逆に言うと、左スティックを倒している状態で繰り出すと挑発ではなくこちらが出てしまうようになったということなので、挑発を出す際は注意。

威力はかなり低い上、とどめにこれを使用してもあまり様にならない。あくまでネタ技といった印象。何か隠れた要素が眠っている?要研究。

 

 

スピード

 


Devil May Cry 5 Demo スピード

 

左スティックを同じ方向に入れ続けると、

より速く走れる。

戦闘中では発動しないorさせにくいが、移動中はすぐに発動できる。ただ速く走れるだけのアクションなので、移動が楽になるという以外に書くことが無い。

 

 

 

 

ワイヤースナッチ/ワイヤースナッチ2

 


Devil May Cry 5 Demo ワイヤースナッチ

 

右腕のコネクターに付属しているワイヤーを

伸ばし、遠方の敵を引き寄せる。

巨大な敵や重い敵は引き寄せられない。

敵を引き寄せる、前作にもあったスナッチ。ネロが持つ優秀な接敵手段で、基本的にこれを使ってから近距離攻撃で殴っていれば雑魚敵は簡単に対処できる。ダメージは無いので、あくまで敵との接近を楽にするための手段に過ぎない点は注意。それでも使い勝手が非常に良いので、お世話になる機会が多いアクション。スナッチで引き寄せた敵は大体無防備な状態で引き寄せられるので、安心して攻撃に移れるのも〇。

また、右腕を使用したアクションだが、デビルブリンガーを装備中でなくてもこのアクションは繰り出せる。なので、デビルブリンガーが尽きてもこのアクションには何の影響もない。

 

 

 

 

ワイヤーバウンド

 


Devil May Cry 5 Demo ワイヤーバウンド

 

ワイヤーフックでは引き寄せられない

一部の重い敵をつかみ、

近くに素早く移動する。

 ワイヤースナッチで引き寄せられない大型の敵に使用すると、敵を引き寄せるのではなくネロが敵の方へ飛んでいく。敵に接近するためのアクションという面は変わりなく、使用する場面はほとんど同じ。ただ、こちらを使用する場合は、スナッチとは異なり近づいた際に敵が無防備になっていることがほとんど無いので、飛んで行った先で早々にぶん殴られる、なんてことが無いように注意。

 

 

 

 

以上がこの体験版で使用できるネロのアクション。製品版でどれほど増えるのか期待である。個人的に、「空中でスティック前+近距離攻撃」のコマンドが空いているので、そこに何が入るのかがすごく気になる。何かあるよね…?わざわざスプリットのコマンドを前作から変えたわけだし。

 

 

 

 

エネミーステップ(エネステ)について

 

上でも書いた、最重要アクションであるエネミーステップ。おそらく初心者がぶつかる壁となる要素で、マスターできればかなりこのゲームが面白くなるものの、そのハードルの高さからマスターするどころか大して使わずにプレイをやめてしまう人も多いとか多くないとか。まぁ、このアクションをマスターできている人なんてかなり少数だと思うが…(かくいう筆者も練習中の身である)。

マスターする、とまでは行かなくても、「少しぐらい使えるようになりたい」という人や、「使ってみたいんだけどどうやって使えばいいのかわからない」という人は少なからずいるのではなかろうか?ということで、個人的に「こうするとこのアクションを理解しやすい、練習しやすいのでは?」というのをまとめてみた。

 

 

1. ワイヤースナッチ

  


Devil May Cry 5 Demo エネミーステップ①

 

スナッチは、上でも書いたように敵を引き寄せる技。引き寄せられた敵はネロの目の前に引き寄せられるが、実は引き寄せた段階でエネステの使用が可能。おそらく、最も簡単にエネステを繰り出せるアクションだと思うので、とりあえずエネステの感触を掴みたい、という人はここから始めてみてはいかがだろうか。落ちそうになったら、とりあえずスナッチをしておけばエネステで着地を回避できることが多い。「滞空時間を延ばしたい!」という人は、落ちそうになったら「スナッチ→エネステ」ということを頭に入れておくと実現しやすいかも?

また、スナッチで引き寄せたあとにエリアルコンボやスプリットで攻撃しても、やはりエネステでキャンセルできることが多い。慣れてきたら、狙ってみるのも面白い。

 

 

 

2.ハイローラー

 


Devil May Cry 5 Demo エネミーステップ②

 

打ち上げ技。近距離攻撃ボタンを長押しで、ネロも空中に舞い上がる。至近距離で出した際、舞い上がりの動作をエネステでキャンセル可能。「地上でスナッチ→ハイローラー→エネステ」というように簡単に試せるので、これまた初歩的な練習に向いていると思われる。

 

 

 

3. ジョッキー

 


Devil May Cry 5 Demo エネミーステップ③

 

ガーベラのアクション。突進しながら一定距離を移動する技。敵に当てた際は、敵と密着していることが多いので、エネステのチャンスとなっている場面が多い。スナッチと比べて操作がやや忙しいが、慣れてきたらこちらも狙って見ると練習になる。狙う際は、若干敵の上でジョッキーを出す他に、壁際や天井付近で出すと成功率が上がる。

 

 

 

4. キャリバー

 


Devil May Cry 5 Demo エネミーステップ④

 

 

キャリバーは、当てた敵を吹き飛ばしてしまうアクションだが、ヒットと同時か攻撃部分を繰り出す直前にエネステをすればキャンセルできる。キャリバーのコマンドがやや難しいだけではなく、更にそこからエネステというアクションが追加されるので、慣れないうちは難しいかもしれない。だが、慣れれば非常にエネステをしやすいアクションとなっているので是非とも習得しておきたい。エネステを使う上で、スナッチと同じぐらい重要なアクションなので、スナッチとキャリバーはエネステで自由にキャンセルできるようになれると楽しくなってくる。

 

 

 

5. ジェットガジェット

 


Devil May Cry 5 Demo エネミーステップ⑤

 

パンチラインのアクション。拘束力が非常に高く、空中に打ち上げた敵に使えば長時間拘束してくれる。この拘束している間は、吹き飛ぶことが少ない上にある程度定位置に敵が固定されるので、エネステを交えれば敵を空中で殴り放題になる。ある程度エネステに慣れてきたら、今度はこの空中拘束を利用して練習してみてはいかがだろうか?慣れれば簡単に空中で敵を固定でき、エネステをするスポットを作り出すことができるので動きの幅が増す。

 

 

 

6.ハイショット

 


Devil May Cry 5 Demo エネミーステップ⑥

 

チャージショット。ジェットガジェットの拘束時間を短くした性能だが、一応拘束力はあるのでエネステの足掛かりにできなくもない。シビアではあるが、これすらも上手く利用できるようになれば、もはやエネステマスターと言っても過言ではないのではなかろうか。

 

 

 

パッと浮かぶのはこれぐらいか。あらゆる行動をキャンセルできるので、他のアクションなどでも試してみるのも面白いと思う。このアクションさえ慣れれば、やり込みの限界が見えなくなるほど世界が変わるので、できれば多くの人に興味をもってもらえたら幸いだな、と思う。

 

 

 

 

 

小ネタ

 

クソどうでもいい、ネタにもなっていない小ネタ。

 

 

 

フード

 


Devil May Cry 5 Demo フード

 

ネロの挑発で、フードを被れるものがある。該当する挑発を出すには、挑発使用時のスタイリッシュがB以上であることが条件?また、この挑発の使用率は低いものと考えられるので、もしかしたらDMC3でいうところのレア挑発に当たるものなのかもしれない。ちなみに、ダメージを受けたり、ゴリアテが発する風圧を受けて怯むとフード状態は解除される。フードを被っていると何か特典があるのかは不明。いや、フードを被ること自体に意味があるのだよ。

 

 

 

ゴリアテの瓦礫破壊

 

動画保存し忘れにつき後程追加予定。

 

体験版ラストで戦えるボス・ゴリアテが後半で投げてくる瓦礫は、デビルブレイカー・オーバチュアの「バッテリー」かガーベラの「ジョッキー」で破壊可能。恩恵は特になし?その割には失敗するとデビルブレイカーが破壊されるので、まるでリスクとリターンが合っていない。

 

 

 

地味に乗れるスポット 

 


Devil May Cry 5 Demo 登れた

 

テクニックを駆使すればここに立つことも可能。隠しオーブがある以外に深い意味は無い模様。隠しオーブは…

 

 

f:id:case56:20190216172018j:plain

この位置で少し立ち尽くしていると、自然と現れる。 

 

 

 

スタイリッシュ☆ズッコケ

 


Devil May Cry 5 Demo 転倒

 

パンチラインに乗った状態で、トリックを決めながらムービーが入る地点まで行くと、パンチラインがネロを強制に落として去っていく。ネロはズッコケる。その後、使用していたパンチラインは破壊扱いとなりムービーが終わったころには違う腕が装備される。やる意味が無いどころか、プレイヤーにマイナスをもたらすだけという、正にただのネタ。

 

 

 

 

こんなところか。製品版が出るまではおそらく遊び続けると思われるので、またあとで色々追加するかもしれない。コンボ動画もちらほら上がってきているようなので、そちらも見ると何かしらヒントを得られるかもしれない。まぁともあれ、この記事を機にこのゲームのプレイヤーやファンが少しでも増えてくれると嬉しいな、と思う。

 

 

 

 

f:id:case56:20190211045003j:plain

DMC5は、3/8に発売予定です。よろしくね☆

 

 

 

 

製品版に続く?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DEVIL MAY CRY 4 Special Edition Best Price - PS4

DEVIL MAY CRY 4 Special Edition Best Price - PS4