無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【スポンサーリンク】

【プレイ日記】 イースⅨ -Monstrum NOX- (1)

イースIX -Monstrum NOX - PS4

 

監獄都市×異能アクション!

 

あけましておめでとうございます。新年早々にブラッドステインドが終わったので、次に触るソフトは何にするべ…ということで、なんとなくイースⅨを購入してきた。イースシリーズは、セルセタの樹海(vita版)以来に触れる。いや、本当はVita版の8も触れていたのだが、すぐにやめたので記憶にほとんど残っていないので省く。敢えて残っている記憶を挙げるとすれば、序盤にアドル君がパーティーの女の子にラッキースケベを発動したぐらい。いいご身分だな、冒険者ってのはよぉ…歩くだけで美人なねーちゃんにスケベ出来るなんて大した格差だぜまったく。あやかりてぇよ。私女だけど。

 

 

 

 

f:id:case56:20200104035522j:plain

スタート画面。可愛い女性が物憂げな表情で座っている。左手には拳銃、右肩には…羽?まさか、これが噂の鳥人間?左半身は、肉体というよりかは義手義足の類に見えなくもない。風貌からしてなんとも謎に包まれた女性だが、一つだけ分かることがある。それは、麗しいということである。奇跡シリーズもそうなんだけど、最近のファルコムのゲームってキャライラストが筆者の好みな感じなんですよね。アニメ調なんだけど、癖のない感じ。万人受けする絵柄っていうの?この56ケン、思わず前屈みです。

 

 

 

 

f:id:case56:20200104035547j:plain

起動して、バルドゥークという街の監獄にぶち込まれたらすぐに操作開始。お馴染みの、イケメン赤毛ことアドル君の尻を拝む生活がまた始まる。上でも書いた通り、最後にまともにやったイースセルセタの樹海だったので、操作性の軽快さが大幅に増していて少々驚き。回避からジャンプまでものすごくなめらかに動く。これが技術の進歩…そういえば、ファルコムは今作から開発においてモーションキャプチャーを導入したとか聞いたけど、それが関係しているんですかね。いや、本当にこの操作感は軽快で爽快ですわよ。筆者は結構気に入りました。

チュートリアルがてら話が少し進んでいく。途中で、スタート画面にいた女の子(アプリリス)にアドル君が銃で撃たれる。ロアナプラかな?そのまま死亡…せずになんか覚醒。「赤の王」とかいう二つ名を頂戴し、フックショットじみた異能アクションを習得。これがまた便利で、移動にも戦闘にも大いに活躍してくれる。今作は、移動に関するアクションが豊富に用意されているみたいで、その各々が軽快で使い勝手がよろしい。インファマスとかが特にそうだったんだけど、多彩なアクションで文字通り縦横無尽に素早く移動できるゲームって好き。俗に言う、「動かしているだけで楽しい」ってやつ。インファマスの新作は対馬が出てからなんだろうけど、待ってますわよ。

 

 

 

 

f:id:case56:20200104040252g:plain

あと、地味に驚いたのはアドル君が空中で前転をかましていたこと。勢いや助走をつけた状態ならばともかく、垂直飛びからでも平気で繰り出すから驚きを隠せない。筋肉おかしくね?その推進力はどこから…?私は喉から。流石冒険者冒険者たり得るには、まずは空中で前転を繰り出せなければならないらしい。なんというファンタジー。なんというマジカル。良い子は必ずマットの上で真似をするように。昔、体育の授業で前宙の練習をしていて、着地に失敗して思いっきり膝で鼻を打って鼻血出したのを思い出した。これが本当の赤の王ってか(ガハハ

 

 

 

 

f:id:case56:20200104035947j:plain

もちろん、RPGらしくお仲間も沢山いらっしゃる。個人的に白猫がアツい。このスキル画面の表情良くないですか??ちょっと悪ガキっぽい感じ。まぁ素の人間性はめちゃくちゃまともなお嬢様なんですけどね。飼いたい。いや、飼われたい。有り余っているであろうお父上の資産で筆者を養ってほしい。お金ください。足舐めでもなんでもしますから。あれ、足舐めってご褒美じゃね…?無給でもやっちゃうぞ。

 

 

 

 

f:id:case56:20200104041411j:plain

ファルコムのマスコットである、みっしぃとの夢の共演。猫同士仲良くしてくれ。いや、でもかわいいですね。登場する度にかわいいと言葉を漏らしてしまう。やっぱりこれぐらいの子が一番かわいい気がする。いよいよロリコンと呼ばれても言い訳が出来なくなってきたな。だが、それでいい。

 

 

 

 

f:id:case56:20200104041349g:plain

今作は、要所要所で「グリムワルドの夜」という名目で殲滅戦が展開される。文字通りの殲滅戦で、防衛対象を守るか破壊対象を破壊する、という目標がある以外は敵を倒し続けるだけである。バルドゥーク防衛圏。自分も五十六番機兵に乗って加勢しなきゃ…

毎回毎回、アプリリス様から開幕のお言葉を頂けるのだが、今のところは地上で喋るパターンと建物の上で喋るパターンの二種類確認できている。最後の夜だけは固有の演出が来そう。こういう演出嫌いじゃないですわよ。でも、この方とお近づきになって、男女の夜の営みをすることになった際にも、毎回こういう開幕の宣言をするのかと思うと…だが、それがいい。おじさんの異能、見せつけちゃうぞ^^

 

 

 

 

f:id:case56:20200104111917j:plain

しかも、勝利したら毎回褒めてくれる。嬉しい。自分の存在意義を、ほんの少しだけ与えられたような気分になれる。己の存在価値を見出す最も手軽な手段は、他人に求められることでありますからね。こういうクールだけど理知的なママもアリだな……ママの呼吸…壱の型、褒めちぎり。こんな人に毎回褒められるんだったら、アドル君達もなんだってやれちゃうよね。羨ましい。いや、妬ましい。悔しい。おじさんも怪人にしてください。既に病人ではあるけどな。

 

 

 

 

f:id:case56:20200104112149j:plain

今の進行状況は、5章に入ったあたり。正月休み中ということも相まって、プレイ時間が悪くないペースで増加している。悪くない。このままクリアまで、あわよくばコンプまで駆け抜けたい。一つ疑問なのだが、なぜか白猫(キリシャ)だけレベルアップに必要な経験値が低くないですか?一人だけレベルアップのペースが少しだけ高い。このゲーム性とPTメンバーの人数だったら、レベルはなるべく均等に保ちたいので、レベルアップのペースが異なるのは少々やりづらい。まぁ些細な話ではあるんだけど。これじゃあ何も知らない人が見たら、「かわいい女の子だけやたらレベルが高い!こいつは色欲に溺れたロリコンだ!」とか騒がれてしまう。みなさん、違いますよ。これはゲームが悪いんですよ。いや、本当に。どういう意図があるのか少し気になる。

 

 

 

 

今回はここまで。面白い。モチベは今のところそこそこ。まぁ、他に強くやりたいと思うソフトがあるわけでもないので、最低でもクリアまではいけそうか?ゲームに対するモチベの湧き方が元々意味不明な人間だったが、最近はもっと意味不明になってきているので、どう転ぶかは筆者自身も見当がつかない。しかし、少なくとも次に買う予定である新作はVANQUISHリマスター(2/18に発売だっけ?)なので、時間は有り余っている。余裕はあるでしょう。

他に、ボダラン3とファークライ2つ、シャドウオブウォーをゲオセールでまとめて買ったので、他のどれかに浮気するかもしれない。でも、ぶっちゃけたことを言えばボダラン以外はあんまりやる気は無い。これは、「この値段で買えるのは間違いなく今しかない」と思ったから買っただけなので、やりたくて買ったというよりは得が大きいから買ったという感じ。買い物上手ってやつ。最終的にやらないならそれって結局無駄金じゃね…?もっと言えば、他に気になっているソフトやストックされているソフトもまだまだ多数あるので、適当に気が向いたものを気が向いた時につまんでいきましょう。そうしましょう。

 

 

 

 

続く。

 

 

 

 

イースIX -Monstrum NOX - PS4

イースIX -Monstrum NOX - PS4