無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【スポンサーリンク】

【雑記】 トロフィーレベル☆44突破

f:id:case56:20191226060826j:plain

 

☆44

 

トロフィーレベルがクッソ久しぶりに上がったようなので、恒例の一発を書く。毎回書いていると思うが、徐々にこのシリーズの記事を書く空白が大きくなりつつあるのは気のせいだろうか?いや、気のせいでは無い…はず。まぁ、トロフィーブースト(笑)なんてことはやっていないので、それを考慮すると案外妥当なのかもしれない。そうでもないか?

 

 

 

 

☆43に上昇していたのが、2019年の8月終わり。よって、レベルアップに半年以上もかかったことになる。嘘だろお前…その間、何か高難易度をやっていたのかというと…まさかの0。原因は大体明確。アイスボーンのせい。あれだけで何時間だっけ?400時間ぐらい持ってかれてたからね。仕方ないね。それにしても遅すぎるとは思うが…モンハン以外にもたつくようなゲームをやっていた記憶が無い。やる気ねぇな。しかし、やってるゲームにRPGが多く、特にアトリエシリーズが2本と、まぁそこそこ時間がかかるラインナップではあったのかもしれない。たしかに、RPGを結構やっていた記憶がある。いやー、それ抜きにしてもブラッドステインドとかGBVSとか短時間で終わるのもやってるよね?やっぱり怠慢が過ぎるな。反省しましょう。てか、もう少し寝落ちを減らしましょう。一番の敗因はそこでしょう。年の問題だから口を突っ込むだけ無駄か。

 

 

 

 

レア度の所持数云々は省略。だって大して変わって無いし…レア度と難易度は比例しない云々はもう言い飽きたし。流石に、もうこのブログの読者様方にそんなことを言う愚か者はいないと信じたいですね。「いやいや、我こそは新参者でそんな話は分からんで御座候!」という方は、過去記事にそこんとこに触れたものを書いてあるのでそこを読んでくれ!これを読めば、今日からあなたも家族です。結構ぶっちゃけたこと書いてるんで、人を選ぶ記事かもしれませんね。でもレア度と難易度の関係性の部分に関しては、ちゃんと根拠と論理を並べて書いているので、知らない人には少し面白い話になっている…と、思いたい。

 

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、恒例のレベル間にプレイしたソフトの羅列。北斗羅裂拳。今回は☆43~☆44だぞ!()内の数字は、プラチナトロフィー取得難易度or現在の筆者のトロフィー取得率。数字が大きいほど難易度は高い。

 

 

 

 

アサシンクリードⅢ リマスター(トロフィー取得率:18%)

 

アサシン クリードIII リマスター - PS4 【CEROレーティング「Z」】

 

一発目はみんな大好きアサクリ。筆者は「アサクリやりたい病」という不治の病を持っており、定期的に発症しては未プレイのアサクリシリーズを遊ぶという、暗殺の輪廻にとらわれている。今回は3が被害者となりました。船がだるくて中断。やっぱ船はいらねぇわ。うん。てか、次はオデッセイがやりたくなってきている。オデッセイもかじりかけなんですよね。アサシンかじり虫。おしりとおしりでお知り合いなら、アサシンとアサシンで………刺し合い?上手くもなんともねぇな。

 

 

 

Marvel's Spider-Man(2.5/10)

 

【PS4】Marvel's Spider-Man Value Selection

 

みんな大好きスパイディ。一旦やめていた作品だが、なんかやる気が湧いたので再開。無事コンプ。珍しい事例その1。大体、一回中断して長い時間が経過した作品ってそのままほったらかしでお別れしちゃうんですよね。本当に珍しい。しかもかわいい女の子が出ないゲームのに。まぁ、飽きてくるような収集要素やチャレンジ要素がほとんど終わった状態から再開したので、面倒な要素が省かれていたから完走できた、と見れば納得は出来る話であるのだが。アクションの軽さと、移動の快適さ、グラフィックの美麗さ…全体を通して軽快で爽快という感じであり、ここまで遊びやすくて気持ちのいいアクションを作ってきたあたり、流石はインソムニアックといったところか。まぁ、今なら安くなってるだろうから、興味があれば触れる価値はあるかと。飽きやすい人は、チャレンジを埋めている過程で飽きると思うけどね。でも欠点はそこだけって感じ。他の部分は、総じて好印象でした。

 

 

攻略:

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

トロピコ6(トロフィー取得率:9%)

 

トロピコ 6 - PS4

 

今となっては、完全に存在を忘れていたソフト。全く消化する気が無かった。ごめんなさい。オントロを共に取得してくれた方々、ありがとうございました。

 

 

 

 

ライザのアトリエ~常闇の女王と秘密の隠れ家~(2/10)

 

ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ (パッケージ版封入特典(エクストラサウンドコレクション ダウンロードシリアル) 同梱) - PS4

 

一世を風靡した太もも。出来は上々…だったが、個人的にキャラとイベントに物足りなさを感じた。なんというか、ここまでシリアスじゃなくていい。もっっっっっとゆるくていい。あと、具体的に言葉にできないんだけど、キャラに魅力が無い。特に男キャラが、びっくりするぐらい記憶に残らなかった。錬金と戦闘のシステム自体は好感触だったので、そこら辺を次回で改善してくれればもっと面白くなりそう。まぁ…でも楽しかったですよ。なんだかんだアトリエシリーズは安定してますね。

 

 

 

攻略:

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

恋姫演武-遼来来-(トロフィー取得率:11%)

 

恋姫✝演武 - PS4

 

やる気のエンジンがかかりません。チマチマつまんではいるんだけど、いまいちしっくりこない…が、山場がオフラインにしかないので、ゆっくりやればいいやって感じ。とりあえず、今年中には終わらせるつもりではいる。

 

 

 

 

モンスターハンター ワールド:アイスボーン(8/10)

 

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション - PS4

 

2019年の個人的なKOTY。コンプしたら二度とやらないと言っていたが、本当にやっていないあたり、「やっぱり面白く無かったよね、今作」って感じ。クラッチがつまらないのもあるけど、モンスター側の調整が下手すぎたのも×。モンハンはかなり好きなACTだったんけど、今作のおかげで次回作に対する期待値がガタ落ち。ぶっちゃけ、購入するかどうか悩むレベルまで落ちてしまっている。とりあえず、クラッチが続投されたら様子見かな。それぐらい印象が悪い。次回作は、体験版が出れば絶対にやろうと思う。そこで買うかどうか決める。

 

 

攻略:

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

十三機兵防衛圏(1.5/10)

 

十三機兵防衛圏 - PS4

 

じわりじわりと売り上げを伸ばしているという話題作。実際、面白かった…が、途中から話の展開に頭の理解が追い付けなくなってきて、少し楽しみ切れない期間が出来てしまったのが残念。要はお前が馬鹿だったって話だろ?しかし、 話自体はうまくまとまっていたし、後でまとめ等を読むと綺麗に呑み込めて気持ちが良かった。いや、話題になるだけはありますよ、このゲーム。まぁ…でも、ADV特有の紙芝居っぽさが残っており、見ている時間が長すぎたっていうのは不満ではあったかな。理解が追い付かなかったと言っていた時は尚更それを感じた。ポチポチと操作しながら見てるだけなら、映画とかアニメでいいという考えを持っているので、ゲームならではの体験をしたかったかなというのがちょっとした不満。それ以外は〇。ヴァニラウェアの2Dの表現力は本当に唯一無二だよね。次回作に期待。てか、この作品の戦闘部分にフォーカスした作品も出してくれていいのよ?

 

 

攻略:

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

ラムラーナ2(トロフィー取得率:19%)

 

LA-MULANA 2(ラ・ムラーナ2) - PS4

 

遺跡探索ACT。例によって途中。かじっては再開しを繰り返せばその内終わるだろの精神その2。まぁ、多分大丈夫でしょ(適当)

 

 

 

 

Bloodstained: Ritual of the Night(3/10)

 

Bloodstained: Ritual of the Night - PS4

 

悪魔城の精神を継いだメトロイドヴァニア。ドラキュラシリーズはやったことが無かったが、今作は楽しめた。探索+2DACT+少々の成長要素の組み合わせはやはり強い。こういうゲームはインディーズに多いが、これからも増え続けて欲しいですね。

 

 

攻略:

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

イースⅨ -Monstrum NOX-(3.5/10)

 

イースIX -Monstrum NOX - PS4

 

「君は、アドル・クリスティンを知っているか!?」のCMで有名な、イースシリーズの最新作。そのCMって9じゃなくて8だろ。聖女アプリリス様と筆者を邂逅させた、思い出深い作品。フフ、見事だ。白猫ももちろんかわいいですよ、ええ。「はひっ!?」はゲーム史に残る名言になってしまったというのは、もはや敢えて言うまでも無い有名な事実である。そういや、今回のアドル君ってラッキースケベしてないな…あ、そうか、本編中のアドル君はほとんど…ね。ネタバレしちゃうところでした。

 

 

攻略:

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

ボーダーランズ3(トロフィー取得率:6%)

 

【PS4】ボーダーランズ3

 

ボダラン最新作。最近、筆者の肩と首の凝りが酷すぎて、FPSをやると普通に気持ち悪くなってしまうので、進行を中断中。やっぱ年だよ、あんた。

 

 

 

 

グランブルーファンタジー ヴァーサス(2.5/10)

 

グランブルーファンタジー ヴァーサス【同梱特典】グランブルーファンタジー ゲーム内アイテムコード 同梱 - PS4

 

みんな大好きグラブル…なのだが、まさかの格ゲー化。あのキャラが殴っては蹴り、そして切り刻まれて脱衣フィニッシュ!グラブルはほとんど知らない筆者だったが、かわいいキャラは教えてもらったのでその辺が出ればいいなぁと思いつつ、フレンドと気ままに遊んで終わりました。追加キャラで、フォリアかビカラが来たら再開します。そして日本一を目指します。応援よろしくお願いします。

 

 

攻略:

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~(5/10)

 

リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~  - PS4

 

言わずと知れた名作。2017年のGOTY。文化庁から芸術部門で優秀賞をもらったとかいう、ゲーム業界で極めて珍しく名誉な賞を受賞した作品。それは隻狼だろ。

いや、マジで面白かったんで、RPG好きなら触れてくれって感じ。てか、不思議シリーズは本当にやって損はないと思います。キャラデザも個人的には一番好きだし。そして、なによりリディーちゃんという聖天使に出会えたこの幸福…そして、終えてしまったこの喪失……あれ、涙が止まらない。この出会いを糧に、私は次なる天使と出会うため、人生という荒野を彷徨い続ける。筆者が先に死ぬか、それとも天使に出会えるか……二つに一つ。いやでも…わりぃ、やっぱつれぇわ。

 

 

攻略:

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

 

ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション(トロフィー取得率:54%)

 

ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション - PS4

 

懐かしのロックマンゼロ…とゼクス。ゼロはロックマンシリーズの中でもトップクラスに思い入れがあるロックマンなので、この移植は非常にありがたい。DMCといいバイオといい、最近のCAPCOMは本当に波に乗っている感がすごい。モンハンは死んだけど。

この作品の2をやっている途中で、☆44になった模様。気づくのが少し遅れてしまった。ちなみに、今はゼクスを進行中。ゼロ1~4は終わったので、残りはそこまで残ってい無さそう。ゼクスはたしかやっていなかったはずなので、楽しみたいですね。

 

 

 

 

以上。結構やってたっていうのと、最近は割とゲームの進捗が良くなっているのが分かった。これは良い傾向。今後やっていく予定のソフト等は、近況報告の記事で書いているので省略。まぁ、適当にやっていくよ、うん。ただ、そろそろ物足りなさを感じてきているので、☆44~45間は高難易度を挟むと思う。候補は恋姫演武、キャサリンあたり。他に何か面白そうなものがあれば適宜つまんでいきたいところ。何かないかな。ただ、興味が惹かれるソフト以外は当然やる気0なので、そこんところがまた難しいですよね。VANQUISHリマスター早くでないかな。あと対馬も。5,6月が待ち遠しいですね。

 

 

 

 

☆45に続く。

 

 

 

 

 

 

DEAD OR SCHOOL - PS4

DEAD OR SCHOOL - PS4

  • 発売日: 2019/08/29
  • メディア: Video Game
 

 

 

【PS4】侍道外伝 KATANAKAMI

【PS4】侍道外伝 KATANAKAMI

  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: Video Game