無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【スポンサーリンク】

【雑記】 近況報告 (22)

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~

 

あと何十回何千時間

 

今年が残すところ二週間ちょいとなったところで降り立つ近況報告。一年ってのは早いんだか遅いんだかよく分からない。今年の年末は相も変わらず予定が無いので、ソフトの消化に気兼ねなく勤しむことにする。やったぜ。しかも、今年の年末は一味違う。なんてったって、PS5がありますからね。PS5ですよ、PS5。ウォルマート仕入れた分を転売していたりだとか、イギリスのAmazonで配達員がお客様にお届けすることなく勝手に持ち帰っただとか、転売ヤーから購入したPS5がただのレンガだったとか、とにかくもう日々当然のように事件やネタを提供してくれているPS5ですよ。そんな次世代機が手元にあるってんだから、この年末年始は楽しいに決まっているでしょうよ、ええ。こうして考えると、今年中に手に入って本当に良かったと思う。故障したら最低だけどね。

 

 

 

 

更新をサボりまくっていたわけだが、単純に色々ゲームを溜めこみ過ぎてブログに割く時間が無かったってだけ。ここまで立て込み、かつモチベの高いソフトが多いとどうしてもブログというものが後回しになってしまう。仕方ないね。その代わり、少々実りはあった。

 

 

 

 

f:id:case56:20201215224217j:plain

まずデモンズソウルをコンプ。今では有名で評価されているソウルシリーズの原点であり、その当時のジワ売れっぷりはなかなかの凄まじさだった。発売当初はあまりにも目立たなかった上、死にゲーというジャンルが馴染んでいなかった頃なので、ファミ通がうっかり(?)低評価を下してしまい、評価がじわじわと上がった後にネタにされてしまうようになったのは今では誰もが知っている笑い話。まぁ…元気出せよ、ファミ通

今遊んでみると、色々と不便、あるいは面倒な要素が多かったなぁという印象が結構強かった。主にソウル傾向や、二週目の敵のバ火力。一部マップの配置と狭さの不釣り合いさもそうかなぁ。あと、ボス前に要石が無いので、ボス戦のリトライが面倒。その癖死ぬ時は滅茶苦茶早いゲームなので、ボスの試行錯誤を沢山したいのに面倒な道中をその度にやらされるのはぶっちゃけストレス。こうして見ると、ダークソウル、ブラッドボーン、隻狼、と作品を重ねる毎にドンドン要らない要素、改善するべき要素を改善していき、遊びやすいストレスのないゲームに進化していってるんだなぁと感心した。ぬるくなった、と言いたい訳では無いよ。実際、デモンズより隻狼とかブラッドボーンの方が難しいと思うし。ただ、遊びやすさとストレス要素の少なさという観点で見れば、それらの方が上ってだけ。そんな感じだったので、ぶっちゃけデモンズはプレイしていて期待していたよりは面白いとは思えなかった。自分の中でハードルを上げ過ぎていたというのと、思い出補正が強すぎた。どうせリメイクという体で作り直すのなら、この辺の調整も見直してくれればよかったのに。正直、リメイクはリメイクだけど、実際のゲーム内容的にはリマスターの方が正しいような作品だったなぁという印象が非常に強いソフトだった。まぁ、それはそれで拘りを強く感じる職人気質のソフトであると言えるわけだが。再現度はめちゃくちゃ高かったよ。本当に綺麗になったまんまって感じ。ただ、良くも悪くもそれだけでした。

 

 

 

 

f:id:case56:20201215224249j:plain

他ゲー…は、DMC5SEとライザ2を少々進行。メインで進行していたソフトがデモンズだったが、DMC5SEもそこそこ遊んでいたわよ。とりあえず、SOSでM10まで到達。DHはオールSをさっくりと完了し、こぼした収集を埋めながらSOSオールSを狙っている段階。まぁ、PS4版をプレイ済みなのでこの辺はサクサクですわな。問題はHAHだが…自分がコンプ後に流行り出した、ファウストハットのレッドホットナイトの立ち回りでも実践してみようかしら。どれだけ楽になるんだろ。あんまり上手く行かなさそうだったら従来の自己流で行きましょう。まぁ、自分の場合はジャッジメント祭りなんですけどね。こっちもこっちで、ゲージ管理を徹底していればそこそこ楽ですわよ。ボス戦が完全にガチバトルになるのが面倒だけどね。

 

 

 

 

f:id:case56:20201215224312j:plain

ライザ2は、そんなにプレイできていない。単純に次世代機の連中に興味が持っていかれてしまった。あと、個人的にライザの登場人物は過去のアトリエシリーズに比べて魅力が無さ過ぎて、あんまりテンションが上がらないんですよね。キャラゲーという側面も強いシリーズなので、そこが死ぬと結構モチベが落ちる。キャラ同士の掛け合いとかコミカルなイベントが面白いゲームなのに、妙に真面目な雰囲気とやり取りばかりだし。なんというか…ライザ1から、自分とメーカーの間に少しズレが生じ始めたような気がしている。戦闘と錬金のシステムは好きなんだけどね。だがそこだけじゃないのがこのシリーズなんだよなぁ。でもまぁ…パトリツィアは可愛いと思います。うん。キャラが薄そうだけど。

 

 

 

 

といったところで今回はここまで。次にコンプするのはDMC5SEにしたいと思っているが、果たしてどうなるか。乞うご期待。ソフトのストック、モチベは悪くないので、しばらくは安泰だと思う。デモンズをさっくりやり切れたのがいい証拠である。次世代機ってやっぱりすごいですね。気持ちを自然と昂らせてくれる謎の魔力がある。

 

 

 

 

続く。

 

 

Maneater(マンイーター) - PS4

Maneater(マンイーター) - PS4

  • 発売日: 2020/12/17
  • メディア: Video Game