無名の手記

ゲームの感想やレビュー、攻略をただ綴っていくだけのブログ

【スポンサーリンク】

【雑記】 今後の購入予定 (2021/6~)

NINJA GAIDEN:マスターコレクション 【CEROレーティング「Z」】 (初回生産限定特典(特製リバーシブルジャケット仕様) 同梱)

 

めくるめく時の彼方へ

 

最近、色々な新作の発売日が発表乱舞されてきているので、現状の新作購入予定を再びここいらでまとめることにする。 正直、9月あたりはもうごちゃごちゃで全く把握しきれていない。パッと見ている感じ、今年の秋はなかなか忙しくなりそうな予感がしている。去年の秋はそこまで新作に追われておらず、むしろ少々退屈していた記憶があるので、今年はそうはならなさそうで楽しみである。とはいうものの、きちんと計画を立てて進めて行かないと、まるで消化が上手く行かずに発売されても全然遊べないまま時が流れる、なんてことになりかねない。それはよろしくない。買うだけ買って、全然手付かずで記憶の彼方へ追いやってしまう、なんてことは極力避けたいである。ここ最近は特に、疲労と心労が溜まりすぎてまともに活動が出来ていないので、その辺はもっと真剣に考えなければならない。バイオ8とニーアの骨は拾えましたか…?ゲームの進行の仕方もそうだが、リアルの環境についてもそろそろ潮時かねぇ。大きな分水嶺がすぐそこまで近づいてきているのを、感じずにはいられない。

 

 

 

 

そんな辛気臭い話はさておき、早速まとめていく。今回は、検討中や少し気になる程度のソフトも挙げていくよ。 もう何を買うのかは、その時になってみないと分からねぇんだ!

 

 

 

 

NINJA GAIDEN マスターコレクション(6/10)

 

NINJA GAIDEN:マスターコレクション 【CEROレーティング「Z」】 (初回生産限定特典(特製リバーシブルジャケット仕様) 同梱)

 

今月のマストバイ。予約済み。アクション好きは悪いことは言わない。買っておけ。下手くそにはシビア、慣れた人にはスタイリッシュ!そういった感じのかなりピーキーなアクションゲーム。ピーキーなゲームでも、面白いと感じられるまで上達すればいいのだよ。かく言う筆者だって、やり始めはボロクソだったし、2,3周してようやく面白みに気が付いたぐらいなのだ。すぐにあきらめないで、せめてセオリーを覚えるまではやってみてほしい。アクション好きなら多分ハマる。それ以外は知らん。

 

 

 

 

ラチェット&クランク パラレルトラブル(6/11)

 

【PS5】ラチェット&クランク パラレル・トラブル【早期購入特典】・ピクセライザー(武器ガラメカ) ・カーボノックスアーマーセット(封入)

 

今月のロンバックス。ニンジャガに興という興を剝奪された、可哀そうなロンバックス。ニンジャガが無ければ買ってたが…まぁ買ってもいいんだけど……やるのはいつになりますか??って感じなので、多分スルー。一通り落ち着いたら必ず買う。だって、ラチェクラってPS2の初代からほとんど遊んでるぐらい好きなんだもん。遊んでないのはfuture1ぐらいかな?一番好きだったのは3です。ガラメカの種類と、豊富な寄り道ミッションがたまらなく楽しかった。あとネファリウスは癒し。ロ~~~~~レンスッ!!!!!!!

 

 

 

 

スカーレットネクサス(6/24)

 

【PS5】SCARLET NEXUS【早期購入特典】ゲーム内追加コスチューム・アタッチメント入手コード (封入)

 

さっさと体験版をやって、そのクォリティを確かめたいところ。「CODE VEIN」や「GOD EATER」を開発していたところと同じなんだっけ?もうその時点で怪しい。その二作を遊んだ身としては、正直そんなに期待はできないかな、というのが正直なところ。体験版がよっぽどツボにはまらない限りは、発売日買いはしないと思う。ただ、チェックはしておきますわよ。もしかしたら奇跡が起きて良作なのかもしれないし。コードヴェインもゴッドイーターも、”惜しい”と思わせるぐらいの質はあったので、そこを上手くクリアしてくれてたら嬉しいですね。えっちで可愛い女の子がいたらもっと嬉しいかな!え、そういうゲームじゃないの?この開発なのに??そうですか。

 

 

 

 

シバルリー2(6/24)

 

Chivalry 2 - PS5(【予約特典】DLCコード:王家のツヴァイヘンダー 封入)

 

中世ヨーロッパの合戦をテーマにした、一人称視点の多人数乱戦アクション。βテストをやってはみたが、正直よく分からん…というのと、超多人数の乱戦故か、あんまり戦っても面白味が無い。わちゃわちゃを楽しむだけのゲームって印象。そもそも絵面が地味、タイマンだと深い駆け引きやテクニックは沢山あるのだが、いかんせん乱戦がメインなのであんまり関係が無い。結局良い戦いを繰り広げても横やりにあっさりぶっ殺される。必殺技的なものだったり爽快感あるシステムも無い。乱戦で適当にキルをかっさらっていくぐらいしか無いので、相手を倒した時の快感や優越感も無い。総じて、地味でカタルシスが無いといった印象。ただ、やってみればわかるのだが、なんか笑える。「ふふっ」ってなる。なんだろうね。死んでも笑えるんですよ、このゲーム。不思議だわほんと。テーマと雰囲気が独特なので、興味がある方は是非。筆者も少し気にはなってます。

 

 

 

 

すばらしきこのせかい(7/27)

 

新すばらしきこのせかい -PS4

 

7月のマストバイ。信じていいのか?スクエニ。いや、信じているぞ、スクエニ。これが💩だったらもう見限るわってレベルで期待している一本。DS、あるいはswitch版は遊んでいただけましたか?まだですか?システムはともかく、話や舞台設定が秀逸でしたよ。あと、ネクの成長を描いた作品としても見ごたえがあったかな、と今なら思えますね。序盤とEDで全然人が違うもんね。そして南師猩さんは続投ですか。このヘクトパスカルがぁ!!よっぽど人気だったんだね。

 

 

 

 

デモンゲイズ エクストラ(9/2)

 

DEMON GAZE EXTRA - PS4 (【初回特典】財宝セットDLC(仮称)、復刻リバーシブルジャケット &【Amazon.co.jp限定】アイテム企画中 同梱)

 

デモンを見つめる眼、それ即ちデモンゲイズ。デモンと見つめ合うと素直におしゃべり出来なくなってしまうあのD・RPGが、装いを新たに新生?リメイク??完全版???よく分からんが、なんか帰ってきたぞ!買います…多分。少なくとも、1,2,2GEと遊ぶ程度には楽しめてたんだな、このシリーズ。あれ、1GEも遊んでたっけ?そうだとしたら全部プレイ済みだったということになるな。PS4版しかないのかな?手軽にVitaで遊びたかったが…まぁいいでしょう。カジュアルなD・RPGということで、今やマイナーになりつつあるD・RPGの入門としてはかなり向いてると思う…てか、筆者自身、始めて遊んだD・RPGデモンゲイズ1だったんですよね。フリプで来てたやつを試しに遊んでみたら、結構ハマってしまったというわけで。軽く遊べるRPGを求める人には推したい一本。

 

 

 

 

テイルズオブアライズ(9/9)

 

【PS5】Tales of ARISE 【早期購入特典】ダウンロードコンテンツ4種が入手できるプロダクトコード (封入)【Amazon.co.jp限定】描き下ろしデカジャケ(外付)/アタッチメント「薔薇のフルル人形」が入手できるプロダクトコード(配信)

 

真の仲間を探すRPG…ではなく、ヒロインを前情報で騙すRPG。…笑えないおふざけは置いておこう。筆者は、ゼスティリアは話以前に戦闘がつまらなくてやめた。だって実質スレイとロゼはスタメン固定じゃんあの仕様。そりゃあんまり楽しめないよ。そして、その次に発売されたベルセリアはプラチナを取るまでハマった。そう、ハマったのである。戦闘とキャラが良かった。話は普通。他も普通。総じて高評価。ベルセリアが、ゼスティリアの汚名を返上してくれた。よって、個人的にはテイルズというブランドに対する評価はそんなに下がっていない。警戒するようにはなったけどね。まぁ、そもそもそこまでテイルズというものをやっていたわけでも無いし、好んでいたわけでも期待していたわけでも無いが…V以降しか触っていないにわかだし。ともあれ、今作はどうするかは未定。多分買う。でもライバルが同じ月の末にあるんだよなぁ。

 

 

 

 

 

英雄伝説 黎の軌跡(9/30)

 

 

まだ予約が始まっていない…だと……?

 

 

 

まだ予約が始まっていない?ってことは延期する可能性はそこそこ高い?不明である。英雄伝説というシリーズ自体はほとんど触れたことは無い。零と閃をほっっっっんの少し触っただけ。筆者個人としては、ファルコムはどちらかと言うとイースの方が馴染み深い。まぁそっちも2作しかまともにプレイしていないのだが…。

英雄伝説はチラチラと気にしてはいたのだが、良くも悪くも古風すぎるコマンド式の戦闘、お世辞にも良いとは言い難いグラフィックとモーション、そして非常に長く続いていて新規が参入しづらそうなストーリーとキャラ設定…と、長続きもしないし手を付けがたい要素がてんこ盛りという印象が強かった。それ故に、チラ見する程度で今までは終わっていた。が、今作からは色々と一新されているようで、様々な意味で過去作とはそこまで繋がりが無い…で、いいんですよね?ストーリーについてはそう聞くし、ゲームシステムもオーソドックスに極みだった過去作から一変。”アクションとコマンド式をいつでも切り替えられる”らしく、発表された動画を見ている限りではなかなか面白そうではある。戦闘民族なので、戦闘が面白ければ他がアレでも大概は許容できる人間故に、戦闘が面白そうというだけでもそこそこ期待感と購買意欲は高まる。どうしましょうね。テイルズという対抗馬が同月の初旬にいること、後述する某ゾンビゲーが二週間後にいること、軌跡シリーズというものに馴染みが全然無いこと…この辺を考えると、発売日に特攻は微妙そうだなぁというのが正直なところ。琴線に触れる女の子が発表されれば一発で予約入れるのになぁ。

 

 

 

 

Back 4 Blood(10/12)

 

バック・フォー・ブラッド デラックス・エディション 【同梱物】通常版より4日早く遊べるアクセス権 & 年間パス:発売後配信予定の3つの追加コンテンツがダウンロード可能(新たなストーリー、プレイアブルキャラクター、スペシャルミュータントのリドゥンなど) 同梱 【予約特典】ホープ要塞エリート武器スキンパックDLC 同梱 - PS5

 

L4Dの後継作品…とかなんとか聞くゾンビゲー。L4D自体は遊んだことが無いが、この手のCoopプレイが主体のサバイバルゾンビゲーは結構好み。友人が購入予定ということもあり、おそらく購入するであろう注目作。ただ、とてつもない不安要素があるのが何とも言えない感情にさせる。それは不具合。このゲーム、実は既に延期している。本来なら、6/24あたりに発売される予定だったらしいのだが10月と一気に延びた、という経緯がある。昨今の洋ゲー事情を見ていると、”延期”というだけでめちゃくちゃ嫌な予感しかしなくなる。リターナル、サイパン、グリードフォール、アウトライダーズ…延期して、不具合やバグ、クソ翻訳祭り…というなかなかに酷いものが連発され過ぎており、延期というワードを見ただけでアレルギー反応を起こしてしまう。大丈夫なんだろうね、君……正直その辺は全く期待していない。が、どうせこの手のゲームは需要の高さ故に中古になっても大して値下げはしないだろうし、ゲーム内容的にも期待はしたいと思える物なので、まともに遊べないと分かっていても多分買います。もしかしたら、発売日から普通に遊べるかもしれんしね。「流石に悲観的過ぎ」と思うかもしれないが、まぁ仕方ないでしょう。未完成のままゲームをリリースするようになり、ユーザーに不信感を植え付けた業界全体が悪い。

 

 

 

 

アイドルマスター スターリットシーズン(10/14)

 

【PS4】アイドルマスター スターリットシーズン【早期購入特典】衣装DLC『暁のゆかた』が入手できるプロダクトコード(封入)

 

ゾンビゲーの二日後には、血が一滴も流れないゲームがリリースされるようだ。…流血しないって認識で合ってるよね、このシリーズ?流石にこのタイトルで人が死ぬところは見たくないぞ??

全く触れたことのないアイマスシリーズだが、新作で結構気合の入ってそうな作品…ということで少々気になってはいる。本家のアニメとデレマスのアニメは見ていたので、キャラを全く知らないという訳でも無いんでね。ゲーム性はほとんど知らないが。アイドルとコミュニケーションを取るADVパートと、ライブ?か何かをする音ゲーパートの二つある…とか聞いたことあるような無かったような。まぁ気が向いた時にでもその辺は調べておこう。上で書いた黎の軌跡同様、触れたことのないシリーズで、発売日的にライバルが多いということで、現時点での購入確率はそこまで高くないかなぁ…

 

 

 

 

ファイナルファンタジー14: 暁月のフィナーレ(11/23)

 

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 【予約特典】アーリーアクセス+インゲームアイテム 配信【Amazon.co.jp限定】PC壁紙 配信 |Win対応オンラインコード版

 

ハマりすぎてゲームの進行計画がフィナーレ。これのせいで色々ともう破綻してしまっているが、全世界待望の拡張が11/23に満を持して登場。話に一区切りつくということで、その最後を見届けたいとは思っているし、それに向けて再開もしている。というわけで、多分これは購入すると断言していい。トロフィーも全然終わってないしね。収集品地獄過ぎて笑えるレベルだし、それに絞って遊んでいると気が滅入る。他のコンテンツを遊ぶ隙間に少しずつ進めているが、トロフィーが終わるのはまだまだ先になりそう。

  

 

 

 

ダイイングライト2 ステイヒューマン(12/7)

 

【PS5】ダイイングライト2 ステイ ヒューマン【予約特典】DLCコード3種セット(外付け)【Amazon.co.jp 特典】アイテム未定

 

ビカムヒューマン?いいえ、ステイヒューマン。人間のままでいるのだ。 一部熱狂的なファンがいるゾンビゲーの続編が、ようやく今年の末に登場。初代はクリアまでプレイ済みであり、まぁそこそこは楽しめた。が、そこまで突出した高評価という訳でも無かったので、発売日買いするほど興味があるかと言われると…正直微妙なライン。FF14の拡張が近いというのもあって、購入の可能性はやや控えめといったところ。

 

 

 

 

ディアブロ2 リザレクテッド(未定)

Horizon Forbidden West(未定)

Relayer(未定)

Forspoken(未定)

 

まだ見ぬ新作達。ホライゾンとリレイヤーは今年に出るのかな?もし出るなら時期は考えてほしい。特にホライゾン。最近動画が出たが、それを見た感じなかなか良さげだったので期待は高い。相変わらずアーロイはブサイクみたいだけど。初代の方がまだよかったっぽい。初代も大概だったが。リレイヤーは…なんとなくビジュアルが引っかかったって程度。そんなに注目はしていない。続報待ちである。開発が「GOD WARS(だっけ?)」と同じと言われて、複雑そうな顔をする人がチラホラいたので、あんまり注目しない方が良いのかもしれない。どうなんでしょうね。やったことも見たことも無いから分からない。

ディアブロ2リメイクは結構期待している。3しかやっていない身だが、結構ハマったので2も同様にハマれる…と信じたい。2は死人が出たって言われてたぐらいの名作らしいしね。ゲームやりすぎて死亡ってある意味安楽死だよなぁ…うらやましい。

 Forspokenはスクエニの新作アクションRPG。正直これは期待している。スクエニなのに。まぁ見た感じ海外のスタジオが作ってるっぽいし、最近のFFとかその辺の微妙な流れ関係なさそうな開発ってのは大きいかな。続報がに期待。てか、予定では2022に出るらしいから、まだまだ先ですね。

 

 

 

 

以上。いやー、思いのほか多い。”気になっているもの”も含めるとここまで数が増えるかね。全部買うのは勿論しないが、極力購入して触っていきたいが…どうなるか。冒頭でも書いたが、最近体調が凄まじく悪く、まともにゲーム周りの活動ができている日がかなり減っているというのが正直なところ。疲労というよりは心労の類なので、まぁ早々に手を打って早く解放されたいですね。今年は憂いの無い年末を過ごしたいが果たしてどうなるか。乞うご期待。

 

 

 

終わり