無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

【スポンサーリンク】

【トロフィー】 Devil May Cry 5 (Sランク攻略編 Mission.04) 【攻略】

Devil May Cry 5 Special Edition

 

MIssion.04

 

 

DMC5DMD攻略第5弾。今回見ていくのはMission.04となるが、ここからV操作のミッションが始まる。操作感が大きく変わってしまうが、それにも挫けず頑張っていくべし。

 

 

 

 

youtu.be

 

攻略動画。少しずつ編集を改善しているつもりなのだが、どうなのだろうか。まぁいいか。

 

 

 

 

ミッション概要

 

操作キャラ V
登場ボス ニーズヘッグ
要注意エネミー ベヒモス、ヘルジュデッカ
備考

DTゲージを最大まで上げておくことを推奨。

 

 

使用キャラはV。ネロと比べて攻撃力と回避性能が低い代わりに、遠巻きから見ているだけで勝てる上にSTPが稼ぎやすいというピーキーな性能をしている。Sランクの取得自体は簡単になっている(と思う)ので、割と適当でもSランクが取れたりする。

ボスはニーズヘッグ。BPでの練習が不可能なので、単体で練習をしたい場合は苦労する。

要注意エネミーは、ベヒモスヘルジュデッカ。ベヒモスは2戦目に、ジュデッカは4戦目に登場する。

特にベヒモスは、個人的にボスより脅威になると思っているぐらい恐ろしい雑魚。掠っただけで従者が死ぬレベルで火力が高いので、とにかく従者が頻繁に死ぬ。その都合上、こちらから攻撃するだけでも苦労する羽目になる。おまけにタフなので、長期戦になるのは必至。

Vは、従者がいないと回避も足回りも大きく弱体化するので、従者が死んでしまうと避けきれず被弾してしまうリスクが高くなる。従者よりはタフとはいえ、V本体だって何度もベヒモスの攻撃を食らえるほど頑丈なわけでは無い。なので、ロクに手を出せずに殺されることも少なくない。攻略のヒントはナイトメアなので、そこは上手く活用できるようにしておこう。

ジュデッカに関しては、ワープ頻度が高すぎてとにかく戦闘が長引く。Vは、一撃で高いダメージを与える手段に乏しいキャラなので、こいつとの戦闘はグダグダと続いてしまう事が多い。そして、結果的にスタイリッシュランクががっつり下がりがち。他の敵と戦っている時以上に、丁寧な攻撃選択が求められる。「同じ攻撃ばかりを連打していると、一向にスタイリッシュランクが上がらなくなる」なんてことになるので、そこだけは気を付けるべし。

また、Vのミッション全てに言えることだが、開始前にDTゲージを最大まで拡張しておくことを推奨する。VはDTゲージの依存度がぶっちぎって高いキャラなので、この下準備はかなり重要になる。どちらにしろ、プラチナトロフィーの取得を狙うのであればDTゲージを最大まで上げることになるので、それも兼ねて先に済ませてしまおう。

 

 

 

 

各戦闘について

 

 

強制戦闘#1

 

  • エンプーサ×5
  • レッドエンプーサ×2
  • ヘルアンテノラ×2

 

 

 

小手調べ。ヘルアンテノラ以外はただの雑魚なので、苦戦はしないはず。この戦闘終了時に、DTゲージを最低でも3本は残しておくこと。可能であれば、最大まで溜めておくのが理想。

 

 

 

 

強制戦闘#2

 

  • ベヒモス×1
  • ピロバット×3

 

 

 

人によっては本ミッション最大の難所。冒頭にも書いた通り、ベヒモスがとても脅威。

ピロバットを先に倒しきってしまうと、ベヒモスがDTを引いてタフになってしまう。なので、ピロバットをリザイン状態にしてもとどめを刺さないこと。

それを踏まえた上で、ナイトメアをフル活用してベヒモスを速攻で処理していく。個人的なおすすめ方法は、ナイトメアのドミネーション(極太ビーム)を使用して倒す方法。

拘束具を最初に壊したら、相手が変態している間にドミネーションを撃ち込むだけ。ちゃんと当てれば、これで体力を8,9割程度は削れる。展開次第ではこれだけでベヒモスを処理しきれるし、もし倒しきれなくてもそのまますぐに倒せるはずなので、安定する方法だと思う。

 

 

 

 

強制戦闘#3

 

  • エンプーサ×3
  • レッドエンプーサ×3
  • ヘルカイナ×2

 

 

 

戦闘開始時に、DTゲージ消費無しでナイトメアが勝手に登場する。敵の種類も弱いものしかいないので、苦戦する要素無し。

 

 

 

 

強制戦闘#4

 

  • ヘルカイナ×2
  • ヘルアンテノラ×1
  • ノーバディ×1

 

 

 

ヘル系3体→ノーバディ1体の順で登場。ノーバディでグダるようなら、大人しくナイトメアを呼ぶ。

次の戦闘では開幕にナイトメアを呼びたいので、DTゲージを温存して戦闘を終了すること。個人的に、ノーバディの体力が残り1,2メモリ程度になったらナイトメアを引っ込めると、DTゲージの回収具合と戦闘の終了がちょうどよくなると思う。

 

 

 

 

強制戦闘#5

 

  • ヘルジュデッカ×1
  • ヘルアンテノラ×2

 

 

 

ヘルジュデッカが厄介。開幕からナイトメアを呼び、総攻撃でヘルアンテノラ2体を先に倒す。ジュデッカが頻繁にワープをしてV本体に攻撃してくるので、そちらに気を付けつつ立ち回る。

「カメラ外にいる敵は攻撃してこない」という、このシリーズお約束のシステムを利用すると楽になる戦闘。V本体はひたすら一歩退いたところに位置取りをしながら、カメラ内に敵を入れないようにする。その間に、適当に従者達には攻撃させておき、一切攻撃が来ない状態で一方的に攻撃をし続ける。そうするだけで、アンテノラ2体は大体倒しきれるので、戦うのが面倒であればこの方法が非常に有効。

この戦法は、この戦闘以外でも十分に使えるので覚えておくと良い。

 

 

 

 

ニーズヘッグ戦

 

 

 

ボス戦。大まかな流れとしては…

 

 

3つの触手を破壊→本体ダウン→本体の攻撃→触手復活→触手破壊→本体ダウン…

 

 

上のパターンの繰り返し。

開幕から触手による攻撃がいきなり来るので、後ろに退いて様子見することを推奨。

触手を破壊するターンが、最も手を焼くと思う。触手がいる間は攻撃が激しいので、ナイトメアを呼んで従者を無敵にしておかないと攻撃すらままならない事が多い。逆に、触手を殲滅したら攻撃がかなり大人しくなるので、そうなったら次はナイトメアを引っ込ませてDTゲージの回収に努める。

早い話が…

 

 

  • 触手を殲滅するまではナイトメアを召喚してガン攻め
  • 触手を倒しきったらナイトメアを解除してDTゲージを回収

 

 

と、するだけ。

触手を倒す際は、きちんとロックオンを触手に合わせておかないと攻撃が空振りすることが多いので、その点は意識しておくこと。

とどめを刺す際の硬直に攻撃を刺される場合は、ロイヤルフォークの採用を検討するとよい。その他の立ち回りについては、動画を参照。

ニーズヘッグを倒せばミッションクリア。お疲れ様でした。

 

 

 

 

以上。とりあえず、ノーコンティニューのボーナスさえ取れればSランクの取得は容易だと思うので、それ込みで考える方が良い。そうしない場合は結構苦労する羽目になると思われるので、個人的にはこのボーナス込みでSランクを狙う事をおすすめする。

Vは、基本的に後ろから戦闘を見ているだけなので、死なないだけという事ならば他のキャラに比べて達成は楽…なはず。

 

 

 

 

Mission.05に続く。

 

 

 

 

次:Mission.05↓

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

前:Mission.03↓

 

case56.hateblo.jp