無名の手記

ゲームの感想やレビュー、攻略をただ綴っていくだけのブログ

【スポンサーリンク】

【トロフィー】 Devil May Cry 5 (Sランク攻略編 Mission.05) 【攻略】

Devil May Cry 5 Special Edition

 

Mission.05

 

 

DMC5SEのDMD攻略第6回。今回は、Mission.05を見ていく。引き続きV操作のミッションとなるが、個人的にはV操作のミッションの最難関はここだと思っている。まぁ、最難関とは言ってもノーコンでクリアするだけで、Sランクの取得は簡単にできるのだが。

 

 

 

 

youtu.be

 

動画。文字を読むのが面倒ならば、こっちを見た方が早い。

 

 

 

 

ミッション概要

 

操作キャラ V
登場ボス エルダーゲリュオンナイト
要注意エネミー ヘルジュデッカ、エンプーサクイーン
備考

「ノーコンティニュー」のボーナス取得を前提に進めることを推奨。

 

 

使用キャラはV。今回のミッションは、登場エネミーが少々厳しいものとなっているので、ある程度は操作に慣れておかないと思うように進行できないかもしれない。

攻略のヒントは、やはりナイトメア(とDTゲージ管理)。DTゲージには常に気を配るよう、癖をつけておきたい。

ボスはエルダーゲリュオンナイト。前回のニーズヘッグと同様、BPでの練習が不可能。なので、単体で練習をしたい場合は苦労する。詳しくはボスの項にて記載する。

要注意エネミーは、ヘルジュデッカエンプーサクイーン。ヘルジュデッカは2戦目に、エンプーサクイーンは3戦目に登場する。

ジュデッカはともかく、エンプーサクイーンが強烈。ベヒモスほどではないにしろ、従者が狩られまくること間違いなしな強敵なので、ナイトメアによる無敵化と蘇生をフル活用するべし。

今回のミッション独自に気を付けることとして、STPがきつめであることが挙がる。上手く進めればボーナス無しでもSランク基準を満たせるとは思うが、率直に言ってそれは少し厳しいと思う。ノーダメージまでとはもちろん言わないが、ノーコンティニューは達成できるよう進行した方が良い。そうするだけでも最終STPに1.2倍の補正が入るので、Sランクの取得はかなり楽になる。「ノーコン!?」と思う人がもしかしたらいるかもしれないが、少なくとも自力でSTPを6000以上稼ぐよりかは簡単にSランクを取れるのは間違いないだろう。

 

 

 

 

各戦闘について

 

 

強制戦闘#1

 

  • ライアット ×4

 

 

 

いきなり難関。細長くて狭い通路で、4匹のトカゲが牙を剥く。ナイトメアに乗ってドミネーションを速攻で撃ち込むか、乗らずに堅実に攻めさせるかはお好みで。

とりあえず、カメラ内に敵を入れないことが一番重要。カメラ外に頑張っておいやっていれば、敵の攻撃はまず来ない。そうすることで、Vだけではなく従者の安全も確保されるので、攻撃面と防御面両方で有利になれる。

 

 

 

 

強制戦闘#2

 

  • ヘルカイナ ×3
  • ヘルアンテノラ ×1
  • ヘルジュデッカ ×1(上記の4体を殲滅後に出現)

 

 

特に問題の無い戦闘。ドラム缶の爆発や、ギルガメスの脚に巻き込まれないように注意。

ヘルジュデッカは、グダるようなら最初から割り切ってナイトメアを呼んだ方が、結果的にSTPを稼げることが多い。ナイトメアがいる間に殺しきらずに、少しだけ敵の体力を残した状態で引っ込めれば、消費した分のDTゲージを回収することも可能なので、その辺を上手く回せるよう慣れておくと良い。

しかし、消費のし過ぎは注意。次の戦闘の事も考えて、最低でも3本はDTゲージを残しておきたい。

 

 

 

 

強制戦闘#3

 

  • エンプーサクイーン ×1
  • グリーンエンプーサ ×2

 

 

難関その2。エンプーサクイーンがシンプルに強い。従者が掠っただけで死んでいく攻撃力に、攻撃範囲、攻撃頻度共に強烈。更に、難易度DMDということで、ある程度戦闘が進むとDTを引いてタフになる。

正直、ナイトメアがいないと勝負にならないレベルの戦力差なので、DT管理は慎重に。読書と挑発をこまめにしておけば、苦しくなる前には倒せるはず。動画内では読書してるつもりがしてなくて、大損こきまくってたのは内緒。

また、ナイトメアに乗るのはおすすめしない。やってみれば分かるが、速攻でDTゲージが無くなってご帰宅なさるだけではなく、そのせいで従者の蘇生が酷く面倒になる。

 

 

 

 

強制戦闘#4

 

  • ヘルカイナ ×2
  • ヘルアンテノラ ×1
  • グリーンエンプーサ ×2(ヘルカイナとアンテノラを殲滅後登場)
  • ノーバディ ×2(ヘルカイナとアンテノラを殲滅後登場)

 

 

ボス前のDTゲージ回復ゾーン。動画内では全然回収温存するのを忘れていたけど。

ノーバディは、比較的従者には厄介な相手なので、ナイトメアを呼んでボコるのが安定。その際は、DTゲージを使い過ぎないよう注意。その他は特に言うこと無し。ドラム缶はありがたく利用させてもらおう。

 

 

 

 

エルダーゲリュオンナイト戦

 

 

ボス戦。ゲリュオンに騎乗した、キャバリエーレアンジェロ。

戦闘マップが広い上に、かなり動き回るのでナイトメアとの相性がかなり悪い。動きの重いナイトメアは相手についていけず、攻撃を空振りがち。よって、ダメージが思うように稼げない。

こうした事情から、攻撃はシャドウとグリフォン頼みになりがちである。極端なことを言えば、ナイトメアはもう従者の蘇生要因程度に考えてしまっても問題は無い。もちろん、ナイトメアの攻撃が全く命中しないわけでは無いので、火力に全く期待できないというわけでは無いのだが…プレイしている感じ、気休め程度にしかなっている感じがしなかったのが正直なところ。

シャドウとグリフォンがメインのダメージソースである以上は、その2体がすぐに死なないように気を配る必要がある。動画内でも触れているが、シャドウとグリフォンは特定のアクションを行う事で、任意のタイミングでVの近くに引き戻すことが出来る。シャドウならば「フォースドムーブ」、グリフォンならば「ハンギング」「スイッチバック」が該当する。

これらのアクションを利用して、シャドウとグリフォンがあっさり死なないように、ポジションの操作をしてやるのがこの戦闘ではかなり重要。特に、ボス周囲に攻撃をするタイプの攻撃が来てしまうと、シャドウはほぼほぼ巻き込まれて死ぬ。グリフォンも結構な確率で死ぬ。

それらの危険な攻撃は、予備動作が分かりやすい上に攻撃の発生が遅いので、両者とも引き戻すのは間に合うことが多い。なので、敵の様子にはきちんと気を配り続け、的確に従者を避難させることに慣れておくべし。

あとは遠巻きから眺めるだけ。可能な限り読書をするのは勿論大事なのだが、いかんせん敵の動きが激しい。のんびり読書をしているとあっという間に距離を離されてしまい、シャドウの射程外まで逃げられてしまう。そうなるとダメージを全然稼げなくなってしまうので、敵を追いかけなければならない。

この追いかけっこがかなり多いので、正直あまり読書をしている暇が無い。なので、DTゲージの回収は、挑発の方が活躍する機会が多いだろう。

 

エルダーゲリュオンナイトを倒せばミッションクリア。お疲れさまでした。

 

 

 

 

以上。

STPの稼ぎにくいミッションなのは冒頭でも触れたが、STPが足りない場合はボーナスの取得を視野に入れて進めればよい。

ノーコンティニューのボーナスだけでも十分なので、どうしても自力で6000以上のSTPが稼げないと感じられたら、そちらの方向でMissionを進めよう。

 

 

 

 

Mission.06に続く。

 

 

 

 

次:Mission.06↓

 

case56.hateblo.jp

 

 

 

前:Mission.04↓

 

case56.hateblo.jp