無名の手記

ゲームの感想やレビュー、攻略をただ綴っていくだけのブログ

【スポンサーリンク】

【雑記】 ルネサンス

アサシン クリード エツィオ コレクション 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

 

此方も推さねば…無作法というもの…

 

 

7/19に、PSplusのエクストラとプレミアムを対象としたゲームカタログにソフトが追加された。

ラインナップは以下の通り。

 

  • stray
  • FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE
  • Marvel’s Avengers (アベンジャーズ)
  • FINAL FANTASY VII REMAKE
  • アサシン クリード ユニティ
  • アサシン クリード4 ブラック フラッグ
  • アサシン クリード ローグ リマスター
  • アサシン クリード 自由の叫び
  • アサシン クリード エツィオコレクション
  • Spirit of the North: Enhanced Edition
  • ReadySet Heroes

 

なるほど。最初の追加にしてはだいぶ豪華である…と思う。完全新規の🐱に、FF7のPS5版…と、PS+に数千円追加で支払って加入する分にはリターンが大きいのは間違いないだろう。(1年プランの場合)

で、このラインナップの中に推したいソフトが一つだけある。どれくらい推したいかと言われると、それはもう激推しである。激熱の激好きで激推しである。その”激”まみれの作品とは…

 

  • stray
  • FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE
  • Marvel’s Avengers (アベンジャーズ)
  • FINAL FANTASY VII REMAKE
  • アサシン クリード ユニティ
  • アサシン クリード4 ブラック フラッグ
  • アサシン クリード ローグ リマスター
  • アサシン クリード 自由の叫び
  • アサシン クリード エツィオコレクションこれ
  • Spirit of the North: Enhanced Edition
  • ReadySet Heroes

 

そう、「アサシン クリード エツィオコレクション」である。"エッツィオ"じゃないよ。

アサクリ自体は、大体の作品をプレイ済みである(途中でやめた作品もいくつかあるが)。新作が出たらとりあえず手に取る程度には好きなシリーズであり、もしかしたら洋ゲーの中では一番好きなシリーズと言えるかもしれない。最新作のヴァルハラはアレだったけど。

その中でも2~Rまでの3作(エツィオサーガ)がとても好きである。エツィオサーガ、つまりはエツィオの列伝的作品集であり、またその全てはエツィオコレクションにも収録されている。

ん?「エツィオコレクション」…?妙だな、どっかで見たような気がするぞ……あrrrrっるぇどこだったっけなぁ……??

 

 

  • stray
  • FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE
  • Marvel’s Avengers (アベンジャーズ)
  • FINAL FANTASY VII REMAKE
  • アサシン クリード ユニティ
  • アサシン クリード4 ブラック フラッグ
  • アサシン クリード ローグ リマスター
  • アサシン クリード 自由の叫び
  • アサシン クリード エツィオコレクション
  • Spirit of the North: Enhanced Edition
  • ReadySet Heroes

 

 

はい、エクストラorプレミアムに加入していて、まだ未プレイな同志諸君は遊びましょう。

エツィオコレクションが好きというが、個人的には2がぶっちぎりで好き。BHとRはおまけ…と言ったらアレだが、2ほど強い思い入れがあるわけでは無い。

 

なんで2だけ”好き♡”がぶっ飛んでいるのかというと、話と街並みが理由になるだろうか。

アサクリの一番の魅力と言えば、現代のCG技術で再現された歴史的な建物や風景の中を、UBIお得意のパルクールを活用しながら縦横無尽に駆け回る…というのが挙がるだろう。暗殺?しなくてもほとんど正面突破でクリアできるし…

で、2の舞台となる時代と国は「15世紀のイタリア」である。ルネサンスだなんだと言っていたあの頃。樋口カッt

実際に遊んでみれば分かるだろうが、筆者のような中世ヨーロッパ風なRPGを嗜んで育ってきた人間にとって、この時代の街や雰囲気はなかなかにストライク。適当に走っているだけで、ある種の充足感を得られる。

最近のゲームは「現代~近未来風」なソフトが多いような気がするし、この雰囲気の街並みをこの規模で作り上げているソフトってなかなか無いのよね。あっても独自の味付けをしてあったりで、少しイメージからかけ離れていたり。なので、特に変化をつけるわけでもなくそのまま再現してくれている今作は、個人的にはかなりありがたくて魅力的な一作だったのだ。

古き良き歴史的な街並みを観光したいそこの君。あるいは、古き良き中世ヨーロッパの波動が消えかけているそこの君。あるいは、魂を15世紀のイタリアに置いてきたというそこのシニョール。今こそ、無料になったエツィオコレクションで、眠れるノスタルジックな感情を呼び覚ましてみてはいかがだろうか。セフィロスと同じ声をしたダ・ヴィンチも待ってるよ。

ちなみに、話は復讐劇です。その辺が好きな人はいいかもね。現代編?気にしなくていいんじゃないかな。

ゲーム性に関しては、今となっては物足りなさを感じるかもしれない。…が、かと言って遊べないレベルというわけでもないと思う。操作性が唯一の懸念要素かな?

暗殺をモチーフにしたステルスゲーだけど、あらゆる点でかなりガバガバなので、遊ぶのはかなり簡単。詰まるという事はまず無いと思われるので、心配不要。”真後ろで人を殺しても気が付かない警備兵がその辺をほっつき歩いているようなゲーム”だと言えば、「心配不要」という言葉にも説得力が付くだろうか?嘘だと思うなら遊んでみてくれ!それぐらいゆるく遊べて観光出来るゲームなのは本当なんだ、信じてくれ。

 

…とまぁ、こんな感じのアサクリ2(+BH&R)がタダで遊べちまうようになったので、PS+エクストラ以上に加入している人は是非遊んでみてほしい。個人的には、PS3時代のソフトの中ではかなり気に入っている作品の一つだった。あれから何作もアサクリシリーズは遊んできたが、今でも間違いなく2が一番好きだと即答できるぐらいには、このアサクリ2が好きだったのである。🐱もいいが、こちらのアサシンにも気が向いたら構ってやってほしいと思う今日この頃。

てか、3リマスターとオリジンズ、オデッセイ以外のアサクリは全部エクストラ&プレミアムで遊べるようになってるってことよね。もしかしたら、軌跡シリーズみたいに最新作以外は全部タダでアサクリが遊べるようになる日も来るのかしら。

 

 

 

 

終わり。