無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 Minecraft: PlayStation 4 Edition (3)

【PS4】Minecraft: PlayStation 4 Edition

 

そこを歩くという恐怖

 

引き続きマイクラを進行。 チマチマと進められているような気はする…が、少しモチベに陰りが見えてきた。なんというか、同じことの繰り返しで少し飽きが来た。そろそろプラチナ取得に向けた効率プレイに移る時か。色々不明な点が多く、このまま気ままにプレイしていてプラチナを取れる気がしないので、これからは色々調べながら進めていこうと思う。また、チュートリアルのワールドを駆使すると色々楽できそうなので、そちらも上手く活用していきたいところ。まぁ、次のソフトまでの時間なら沢山あるので、のんびり進めていこうと思う…いや、さっさと終わらせてよるのないくに2を買うべきか。さっさと終わらせようと思って終わらせられるのかねぇ。

 

 

ワールドのどっかから再開。どこら辺まで書いたんだっけ。もう覚えていない。が、特にシナリオ等があるゲームではないので、どこから再開したかは大した問題ではないだろう。

とりあえず、最初から気になっていた「レールの上」というトロフィーの取得に向けて準備を進める。トロッコに乗った状態で同じ方向に500m進み続けるというトロフィーなのだが、500m=ブロック500個分の長さらしいので、実際にはかなり長い距離となる。なんといっても、その分だけの長さを持つレールを作るのが大変。鉄をかなり消費するので、鉄をがっぽりと用意する必要があった。鉄の無駄遣い感が半端ないが…まぁトロフィーの為じゃ仕方あるまいて。それに、鉄を持ちすぎていてもそこまで活用する機会が無いので、多少乱用するぐらいがちょうどいいのかもしれない。

 

 

f:id:case56:20170901221417j:plain

というわけで獲得。マップの端から大体半分ぐらいまでの距離のレールを敷いたが、実際に移動して見ると案外短い。500ブロックと文字にするとかなりの距離に感じられたが、実際の距離はそうでもなかったようだ。少し拍子抜け。まぁでも、とりあえず取れて安心した。これで鉄集めからは解放されたわけだが…しかし、まだまだやることは尽きない。さて、次は何をしようか…

 

 

f:id:case56:20170901221813j:plain

やることが特に決まらずプラプラしていたら変な馬を発見。なにこの気持ち悪い柄…。てか馬の柄って色々見かけるんだけど、それって色んな柄の馬に餌をあげてチョメチョメさせたら無限に近いバリエーションの柄の馬を作り出せるってことなのかな?今のところ馬を一頭も捕まえていないのでよく分からないが、多分そうに違いない。人参ならば手に入っているので、気が向いた時にでも馬を飼育してみよう。

 

 

f:id:case56:20170901222219j:plain

そんなキモい馬はさておき、特にやることが見つからないor分からないので適当に洞窟を見つけては探索を繰り返す。が、洞窟は見ての通り非常に暗い。たいまつをこまめに設置していかないとすぐに真っ暗になってしまい、探索するのが困難になる。また、真っ暗でも敵はばっちりこちらを発見することができるので、不意打ちを食らうことが非常に多い。これがかなりびっくりする。特に、ほぼ無音で近づいては自爆していくクリーパーは非常に心臓に悪く、何度か「オウッ!」という声を出してしまった程。こういうドッキリ系のホラーは苦手なんだよなぁ。いつ敵と遭遇するか分からないし、微妙な前触れはあれどほぼ急に現れるので衝撃に備えようにも備えられない。マイクラ…やはりホラーゲーだったか……。正直、バイオ7より怖い。洞窟の探索が恐ろしい。あと、エンダーマンと呼ばれるエネミーのグラフィックが怖い。真っ黒の棒人間のようなグラをしているのだが、これがなかなかに奇妙で恐ろしい。これが全年齢対象のゲームだってんだから世の中分からないもんだよね。

 

 f:id:case56:20170903003804j:plain

 そんなおっかなびっくりな調子で洞窟を探索していると、ダイヤモンドを発見。かなり希少な鉱石であり、これを用いて作られる装備は鉄の装備よりも質が高い。また、ダイヤモンドで作られたつるはしでしか、黒曜石のブロックは掘ることが不可能。その黒曜石というのは、ネザーと呼ばれる地獄世界へ行くのに必要な物体であり、このゲームを次の段階へと進めるにはネザーに行く必要があることからそのブロックの採掘は必要不可欠。つまり、ダイヤモンドを入手したことにより、また一つこのゲームを進めることができるようになったという事。やったぜ。これでこのゲームのモチベが少し回復したぞ。

 

 

 …が、

 

 

入手できたダイヤモンド鉱石は2個のみ。それに対して、ダイヤモンドのつるはしを作成するのに必要なダイヤモンドは3個。あれ……1個足りなくね????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

/(^o^)\

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方ないので、ダイヤモンド探しを続行。残念ながら、近くにダイヤモンドはもう存在しておらず、ダイヤのつるはしを作るにはまた違う洞窟を探索しなければならない感じだった。ダイヤモンド…なんで3つセットで配置されてなかったし。まぁでも、ダイヤモンドを発見したおかげで次の目標が明確に定まってよかったかな。目標も無くプレイするにはそろそろモチベ的に厳しくなってきていたし。

 

 

f:id:case56:20170903010324j:plain

八つ当たりに、ダイヤモンドをもう一人の自分に投げつける。すると、トロフィー獲得。正直、マルチプレイ必須かと心配していたトロフィーだったが、サブアカウントさえあればコントローラー一つで一人で取得できるものだったので難なく取得。持っててよかったサブ垢。サブ垢のパスワードを忘れかけてて、インするのに手間取ってしまったのは内緒。

これで心置きなくダイヤモンドを探せるという事で、再びシングルプレイに戻り洞窟を探していく。調べて見ると、ダイヤモンドが生成される深度というのが決まっているらしく、結構地下深くまで到達しないとダイヤモンドは見つからないらしい。なるほど。でもそれって入った洞窟がどこら辺まで深度があるのかなんて分からないし、結局は運じゃない?単に地上から下に掘っていくだけで見つかるとも思えないし…うーむ。これは少し手間取りそうな予感。誰か譲ってくれ。

 

 

といったところで今回はここまで。進んでいるのか進んでいないのかよく分からなかったが、次の明確な目的は見つかった感じ。トロフィーに関する情報もある程度は調べたし、これからは目標設定に困ることなく進められそうかな?もっとも、ソロでそこまで進められるかは不明だが…協力者がいればもっと楽できるし、もっと楽しくプレイできたんだろうなぁ。身内にプレイしている人がいなかったのがなかなかに残念。まぁ、物事ってそんなもんですよね。

 

 

続く。