読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 Horizon Zero Dawn (2)

Horizon Zero Dawn 通常版 - PS4

 

ロストをロスト

 

引き続きHorizonを進行。 最初こそいまいちハマりきれてなかった感じがあったが、ある程度進めて勝手が分かってくると徐々に面白くなってきた。例によって寄り道できるところが非常に多いので、寄り道だけで燃え尽きないように注意したいところ。

 

 

ソウトゥースと戦うところから再開。直前で購入していたトラップキャスターを駆使してこいつと戦うようだが…果たして上手く活用することが出来るのだろうか。腕の見せ所である。

 

f:id:case56:20170327003325j:plain

まずは、敵の観察。弱点部位の発見と、歩行ルートの確認をする。 どうやら弱点は腹部にあるらしく、弱点属性は炎らしい。ここまでわかるとは…モンスター毎に肉質と弱点属性をいちいち覚えなくてもいいのはありがたいような、少し寂しいような。モンハンではこんな機能は無いので、非常にありがたくて便利であると思う。

色々情報を確認したところで、歩行ルート上にワイヤーのトラップを張る。シビレ罠のようなもので、ワイヤーの間をターゲットが通ればビリッと麻痺させるようなものだった。まぁ、そこまで感電時間は長くないのだが。そんな感じで開戦。腹部にある弱点部位を狙いつつ、敵の強烈な攻撃を避けつつ。このゲーム、回避が非常に強力で、モンハンでいうところの回避性能+2がデフォルトで発動しているようなもの。なので、コロコロ適当に転がっているだけでヒョイヒョイ攻撃を避けられるのである。ニーアといい、最近のゲームは回避が強いものが多い気がする。そんなこんなで…

 

 

f:id:case56:20170327004208j:plain

無事討伐。クエストクリアッッ

ロストに褒められ、「これで試練も大丈夫だろう」的なことを言われたようなそうでもなかったような。正直忘れてしまった。

ソウトゥースを討伐した後、ロストと別れて試練の会場に向かうアーロイ。適度に採取もしつつ、目的地へ向かっていく。ここら辺は、まだサブクエストなどがあまり無かったので、寄り道のしようがなかった。ということで、さっさと進行する。幸い、目的地にはすぐに到着したのでさっさとメインを進める。すると…

 

 

f:id:case56:20170327004410j:plain

そんな悲しいこと言うなよ^^

そういうことで、ロストとはすぐにお別れ。こういうのってなんだかんだ後で再会できるものだよね。

 

 

ロストと別れた後、一人で試練の会場に向かうアーロイ嬢。中に入ろうとすると、「異端者か^^;」みたいな反応をされてしまったが、一旦中に入ってしまえばアーロイを異端者扱いする人間は大幅に減り、幾分かは過ごしやすくなっていた。試練の会場には人がたくさんおり、何かの祭でもやっているかのようだった。というか、今から挑む試練が祭のようなものなのだろうか。

 

 

色々な人と会話したり、下準備をしたりしてようやく試練が開始。異端者ということで、開始早々意地悪をされるアーロイ。敵を討伐した証を手に入れたと思えば、その証を破壊されまた手に入れなおす羽目になり、戦闘の軍団から離されてしまう。この試練を一番で勝利しないとアーロイの願いは聞き届けられないので、意地でも勝たなければならないのだが…

が、色々あって勝利。流石に省略しすぎか。やったぜ。…が、そんな喜んでいる暇もなく、試練の見張り役が何者かに射殺されてしまう。どうやらどこかの部族が奇襲しに来たようだ。見張り役のみならず、試練を受けていた若者たちも早々に殲滅されてしまう。弱いな、若人たちよ。アーロイも例外ではなく、敵のリーダーと思われる強力な人物にやられてしまいそうになる…が、そこへ…

 

 

f:id:case56:20170327005243j:plain

ロストが参上。アーロイを守ろうと強敵相手に臆することなく挑んでいく。殴っては殴られ、吹っ飛んでは駆け寄っていき、際どい戦闘を繰り広げる二人。勝つのはどちらか…と思われたが、際どい接戦を制したのは奇襲者の方であった。敗北し、腹に刃を突き立てられたロストは、アーロイの元へとなんとか這いずっていく。そうしている内に、虐殺現場に散りばめられていた火薬に火を点けようとする奇襲者達。このままではアーロイも自分も死んでしまうと判断したロストは、アーロイを崖から突き落とし生き延びさせようとする。崖から突き落とされたアーロイが最後にみた景色は…

 

 

f:id:case56:20170327010405j:plain

「生き延びろ」と言うロストと、派手な大爆発だった。アーメン。流石にこれは生き延びてました、的な展開は無さそう。まさか本当に永遠の別れになるとは…奇襲者許すまじ。なぜこのような虐殺があったのか。誰がこんな虐殺を仕向けたのか。今後、色々調べる必要がありそうだ。

 

 

虐殺をなんとか生き延びたアーロイは、山の中にある長老の住処に運ばれることとなった。ここで、とある真実を知る。

 

f:id:case56:20170327014912j:plain

 母についてである。アーロイは母がいないと言われていたが、それの意味がようやく分かることとなる。どうやら、アーロイは元々この機械の中にいたようで、ここで長老がアーロイを拾ったのが始まりだったんだとか。衝撃の事実を知り、呆然とするアーロイ。流石に、自分の母が機械だとは思わなかったのだろう。しかし、機械から人間が生まれるわけないよな…ということであれこれしていると、母と思われる人物がホログラムで映し出される。アーロイと似ていることからも、「もしかしてこれが母…?」と思うアーロイ。こうなったら、この女性について調べなければ…ということで、アーロイの旅がついに始まる。ついでに、試練の虐殺についても調べてみよう。ロストの敵討ちになるかもしれないしね。

長老の住処を発ち、メリディアンという地を目指すことになったアーロイ。その道中では色んな事が発生し… 

 

f:id:case56:20170327020403j:plain

「禍ツ機」と呼ばれる、穢れを帯びた機械獣の襲撃を退けたり… 

 

 

f:id:case56:20170327020543j:plain

オーバーライドという、機械獣に対するハッキングのようなものを会得したり(この時点では一種類の敵にしか行えなかった)…

 

 

f:id:case56:20170327022934j:plain

なぜか宙に浮いた死体があったり。こういう謎なバグは洋ゲーあるあるですね。 和ゲーでもあるか。

そんなこんなで寄り道しまくること数時間。とあるサブクエストが筆者の目に留まる。どうやら機械獣が生まれてくるところを探索できるようだ。敵の起源である地を探索できるクエストが重要でないはずがなく、絶対に何かしらのビッグな発見があるに違いない。そう踏んだ筆者は、嬉々として謎のメカメカしい遺跡へとアーロイを動かすのであった。

中に入ってみると、機械獣があれこれされながら製造されている現場に直面した。こいつはやっぱり何かありそうだぜ。警備の機械獣を蹴散らしつつ進んでいく。適度に回復薬が置いてあったので、特に苦戦することも詰まる事もなく進行。途中、一回落下死を挟んだが多分気のせい。

 

 

f:id:case56:20170327023254j:plain

そんなこんなで最深部に到達。ここで、高いところに設置されていたコアにオーバーライドを使用すると、新たな刺客が登場。炎を操る巨大なトカゲのような機械獣で、迫力満点熱さも満点。炎のブレスがなかなか避けにくく少々苦戦させられたが、何とかこいつを撃破。部位破壊を狙いたかったが、そんな余裕もなかった。悔しい。とまぁ、そんな感じで刺客を殲滅すると、結果的にオーバーライドが強化された。強化というのは、具体的に言うとオーバーライド出来る敵の種類が増えた。今までは一体にしか出来なかったが、一気に4種類ぐらいオーバーライドできる敵が増え、戦術の幅が一気に広がった。オーバーライドされた敵はアーロイの味方となり、アーロイと共に他の個体と戦ってくれる他、オーバーライドした個体によっては背中に騎乗することもできる。もちろん、機械獣に騎乗した方が移動速度は速くなるので、長距離を移動する場合はオーバーライドを使用した方が移動の効率が良くなる。なるほど、とりあえず便利な機能が拡張されたというわけだな。と、あれば…

 

 

 

f:id:case56:20170327023114j:plain

早速実践。あの強敵だったソウトゥースでさえもオーバーライド可能な対象となったので、戦力として非常に期待できるようになった。昨日の敵はなんとやらってやつか。残念ながらソウトゥースに騎乗することは出来なかったが、まぁ戦力としては十分すぎるぐらいの性能をしていたので良しとしよう。これで大人しく追従してくれればなおよかったのだが…流石にそこまで制御することはできないということなのか。それにしても、この「機械獣」対「機械獣」という絵面はなかなかに苛烈で見ごたえがある。機械獣とは言っても、動きは野生の動物そのものなのでまるで野生のトラ同士が戦っているかのような雰囲気がある。一見の価値ありですよ、こいつぁ。他の個体にオーバーライドしたらどのような戦闘が繰り広げられるのか、今から楽しみである。

 

 

と、今回はここまで。オーバーライドという新要素の解禁と、行ける場所が一気に増えたおかげで探索が楽しくなってきた。戦闘についてもなかなか面白いので、この高いモチベのままクリアまで突っ走っていきたいところ。寄り道で燃え尽きませんように。

 

 

続く。

 

 

Horizon Zero Dawn 通常版 - PS4

Horizon Zero Dawn 通常版 - PS4