無名の手記

ゲームについての感想や攻略をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【プレイ日記】 バットマン リターン・トゥ・アーカム (2)

バットマン:リターン・トゥ・アーカム - PS4

 

アーカムアサイラム 

 

Lumoが終わったので、バットマンに集中できるようになった。Lumoは難しかったと言えば難しかったが、終わってみれば極端に難しかったというわけでもなく、無駄な作業も必要とされないしいいトロフィー構成だったと思う。つまらないゲームではなかったし、やり応えのあるトロフィーを求めているという人や、気になっているという人はこの機会に是非プレイしてみてほしい。

話をバットマンに戻す。いいペースかは不明だが、ストーリー的にはもう後半に入っている模様。次で本編は終われるかな?ただ、収集要素は全然手を付けられていないので、そちらの面ではまだまだ終われなさそう。収集要素は全部で240個と多いので、なかなか骨が折れそうである。

 

 

地上に戻ったところから再開。所長を追って色々やっていたら地上に出たのだったか?正直よく覚えていない。筆者だけかもしれないが、洋ゲーってストーリーが頭に入りにくい気がする。なんというか、全体的に淡白に進み過ぎというか。物語の見せ方が合わないのかな?よく分からない。 

 

 

f:id:case56:20170523172400j:plain

そして、慣れもしないゲームでいきなり最高難易度を選択したというだけあって、結構死ぬ。死ぬ度にジョーカーやハーレー・クィンに煽られるので、なかなかに悲しくなってくる。あと、このゲームオーバー画面が少し怖い。真黒な背景に悪役がヌッと現れるこの演出。小さい子ならトラウマになるのでは…いや、小さい子ならこんなゲームプレイしないか。

 

 

f:id:case56:20170523173401j:plain

所長を助けるためならこんな奴だって相手にしちゃうぜ。なにやら人体実験の産物だそうで、驚異的な力を得られるとかなんとか。対処法がよく分からず初見では殺されてしまったが、2度目のチャレンジではヒントをもらえたので、それを実行することで難なく撃破。完全に見かけ倒しですね。

巨漢(タイタン)を討伐すると、ようやく所長を救出。 所長には一旦アーカムアサイラムを出てもらい、安全圏から活躍してもらうことに。まぁ、こんな危険な囚人が蔓延る地を普通の人間が歩き回るのは危険極まりないことだし、納得してもらうしかない。

 

 

f:id:case56:20170523173650j:plain

所長と別れた後、アーカムアサイラムに秘密裏に作っておいた秘密基地にて、敵陣営の動向を探るバットマン。忘れてしまったが、まぁここで何かを掴んで次なる動きを起こしたような。ここら辺の記憶が飛んでしまっているので、ここら辺はスルーすることに。気になる人は、実際にプレイしてみよう!

その後…

 

 

f:id:case56:20170523235309j:plain

過去のトラウマと対面し、精神的に参ったと思えば…

 

 

f:id:case56:20170523235238j:plain

謎のガスマスクおじさんとかくれんぼをしたり…

 

 

f:id:case56:20170523235408j:plain

よく分からん機器を入手し、電子ドアのロックを外せるようになったり。

こんな具合で、何かと頑張りまくるバットマン。ここら辺は物語的にはあまり大きく動かなかったので省略。たしか、ドクターやよく知らないお偉いさんを救助しまくっていたような気がする。正直、どうでもいい善行だったように思える。ガスマスクおじさん(名をスケアクロウ)とはあと2,3回ほど戦うことになると思うので、名前ぐらいは覚えておこう。正直、あのかくれんぼパートは欠片も面白くなかったので、あまり何度も戦いたくないというのが正直なところ。こういうゲームをプレイしていると、ステルス系のゲームはあまり自分に合わないのではないかという気がしてくる。アサクリレベルの簡単なステルスなら全然こなせるが…シビアなステルスはもう自分には無理なのかもしれない。

色々頑張りまくった結果…

 

 

f:id:case56:20170523235457j:plain

ようやくハーレー・クィンを捕らえることに成功するバットマン。長かった。所長も助かったし、敵の相棒もひっ捕らえた。これは敵にとって大きな打撃となるのでは?と思われたが、案外そうでもないような様子。ジョーカーは相変わらずへらへらしている。まぁ、少なくとも敵の一人を無力化したことは確かなので、ここは素直に喜ぶことにする。結局、ハーレー・クィンはジョーカーの何だったのか。バットマンに関しては全く詳しくないので、そこら辺の事情をよく理解していない。今度映画でも借りて見ようかな…映画をするならゲームをするタイプの人間なので、映画にも疎いのである。何から見ればいいんだろう。まぁ、それはおいおい調べていくことにする。

 

 

といったところで、今回はここまで。ジョーカーの相棒を確保し、少しは事態が良くなってきたのかな?さっさとこの騒動を解決し、こんな収容所とはおさらばしたいのだが…簡単にはいかない様子。まだ見ぬ敵も沢山いるので、バットマンの苦難はまだまだ続きそうだ。それにしても、超能力が使えるわけでもなく、よくいるヒーローみたいにスーパーパワーが使えるわけでもない。そんな普通の人間が、よくもまぁここまで異形な敵を相手にしたり、頭のイカれた悪党と戦ったりできるなぁと感心させられる。沢山あるガジェットの力なのか、それともバットマン自身の身体能力と頭脳が成せる業なのか。ヒーローってすごいんですね。

 

 

続く。

 

 

バットマン:リターン・トゥ・アーカム - PS4

バットマン:リターン・トゥ・アーカム - PS4