無名の手記

ゲームについての感想や攻略(主にトロフィー)をただ綴っていくだけのブログ

MENU

【スポンサーリンク】

【プレイ日記】 十三機兵防衛圏 (1)

十三機兵防衛圏 - PS4

 

運命が起動する。

 

十三機兵防衛圏を進行。ぶっちゃけ、あんまり進捗はよろしくない。発売から二週間以上経過しており、トロフィー的には非常に簡単なことからコンプ者は既に多数。かくいう筆者は…まだ中盤ぐらい?おっせぇ…けど仕方がない。最近疲れすぎてあんまりまともにゲームをしていないというのと、このゲームが予想よりもかなりADVっぽい設計をしていて、プレイ意欲の維持が思いのほか難しかったというのが主な理由か。ただキャラを動かして淡々とテキストを読み進めていくゲームと言うのは、もう今の自分には合わなくなっているのかもしれない。デトロイトやヘビーレインのような、プレイヤー自身で操作するシーンが多いものならともかく、基本的にちょっと動かして話を見るだけ、というのは正直やっていて少ししんどい。ただ話が進行されていくのを見るだけなら、アニメでいい。自分はゲームならではの楽しみ方がしたい。せっかくコントローラーを握りながらやっているのだから、もっとこちらをゲームに介入させてほしい。多分、ノベルゲーを最近全くやらなくなった理由はこの辺が深く関わっているのだろうと思う。最後にやったノベルゲーだっていつよ…グリザイアの果実を2015か2016の頭にやったぐらいだったかな?あれも中盤あたりからやるのがしんどくなっていった記憶がある。やはり、筆者は骨の髄まで戦闘民族だった。

 

 

 

 

f:id:case56:20191215085817j:plain

起動画面。13人の少年少女達の甘酸っぱい防衛生活が始まる。右端のこれは…ブルマ⁉アスリートの子っていいですよね。良い感じに絞られている身体が…そそるぜこれは。変に痩せているよりかは、健康的な身体をしている方が良いと思いませんか?思いませんか、そうですか。

 

 

 

 

f:id:case56:20191215090005j:plain

ゲームが始まったら、すぐにJKがすっぽんぽんに。私の性欲の防衛圏はそろそろ限界なのですが…知られざる五十六番機兵が出撃してしまう。

というのは置いといて、まず始まるのは戦闘のチュートリアルシミュレーションRPGタワーディフェンスを足して2で割ったような戦闘システムだが、リアルタイムで全ての行動が進行していくので、おそらくゲームが進んでくると忙しくなるタイプ。正直、この戦闘システムは結構好き。最大6人まで操作キャラとして盤面に出すことができ、残りのメンバーはみんなターミナルと呼ばれる防衛対象の周りであれこれしてるだけ。で、みんなでこのターミナルを怪獣から守りましょうっていうのがこのゲームの目的。うん、簡単ですね。ターミナルの破壊以外にも、機兵が大破して放り出されたパイロットが殺されてもダメ。どうやら、機兵が大破したら強制的に修復させられるらしいが、その際はパイロットは外に放り出されるらしい。そうなっている間は、パイロットはワンパンで殺されてしまうとのこと。そりゃそうだ。生身の高校生にミサイルでも飛ばしてみろ、毛一本も残らんぞ。ブルマ一枚なら残るかもしれないけど。というわけで、これもまた失敗条件の一つとなっている。どんな演出になるのか若干気になるが、まぁ気が向いたら見てみよう。

 

 

 

 

f:id:case56:20191215090737j:plain

チュートリアルが終わったら、ADVパート開始。華の高校生生活を謳歌し、様々な女の子と出会いを重ねて自分好みの子を攻略していく。戦闘パートが世界の防衛圏で守備をするゲームであれば、こちらは少女の防衛圏に自分が突撃するパートである。これはこれで難しい。各キャラの性格や好みを理解し、適切な選択をしていかなければ成功せず、結果的にプレイヤーと主人公の高校一年生が悲しみを背負ってしまうことになる。戦いに生き続けた筆者としては、こちらの方がよほど難しい。人の心は複雑怪奇。少年よ、相手のことを理解してやれる男になれ。

…というのは嘘で、13人いる主人公から選択でき、各キャラの視点で複雑な物語を少しずつ進行していく。恋愛要素はあるし、高校生らしい青春っぽさもふんだんに撒かれているのだが、基本的には恋愛シミュレーションじみたゲーム性ではない。何度も同じ場面から始まるのだが、やる度に選択肢が追加されていくので、徐々に話は進んでいくようにはなっている。分岐のしどころ等も全てチャートで分かるので、進行は至って簡単。話は結構面白いのだが、最初にも述べた通りノベルゲーっぽさが強いので、若干退屈。なかなか思うようにモチベが保てない。こう考えると、ヘビーレインとかデトロイトってADVとしては上手く作られていたんだなって思いますね。文字通り没入感が違うわ。

 

 

 

 

f:id:case56:20191215093513j:plain

なっちゃんかわいい。最初から13人全員で遊べるわけでは無く、一人ずつ話の進行に応じて解禁されていく。なので、最初の方は遊べるキャラが限られている…まぁ、それでも10人ぐらいまではすぐに解禁されるので、自由に遊べるまでの時間はそこまで長くない。二人ほど進行できるのが遅いキャラがいるが、それ以外はサクサクと進行できるようになる…はず。

 

 

 

 

f:id:case56:20191215093730j:plain

2019年のAOTY(Angel Of The Year)はネルケ様の一人勝ちかと思われていたが、2019年が残り一か月を切ったここでまさかのライバル出現。陸上部キャプテンちゃんかわいい。なぜメインキャラじゃないのか…身長が低めで、黒髪、若干クールっぽい性格に童顔って…強すぎる。パーフェクトだ、ウォルター。ネルケ様は王座を守ることができるのか…天使の防衛圏が、今始まる。

 

 

 

 

f:id:case56:20191215094138j:plain

高校一年でその道を開拓するのは早すぎるのではないでしょうか。

 

 

 

 

f:id:case56:20191215094219j:plain

個人的に、今のところは男キャラは比治山、三浦がお気に入り。女キャラは、なっちゃんと陸上部キャプテンが好き。薬師寺はゲーム内のデフォルメされた感じの立ち絵は好き。声だけだと如月ちゃんが一番好き。あ、あと三浦君の妹の千尋ちゃんもかわいい。てか、女キャラは大体かわいいよね、このゲーム。ずるい。恵まれた高校生活を送りやがってこのゲームの男どもはよぉ。自分も…混ざりたかった……!

 

 

 

 

f:id:case56:20191215094511j:plain

こんな妹に傍にいて欲しい人生でした。姉とかいう生ゴミなんていらねぇんだよ。

 

 

 

 

f:id:case56:20191215094712j:plain

現在の進行度は、バトル進行度71%、ADV進行度55%、ミステリーファイル進行度33%といったところ。全然進んでねぇな。今年中にはケリがつくと思うので、今年は十三機兵で終わりですかね。良作で一年を締めくくれるのはありがたい。次は何やろうかしら。候補は多いので、その辺は全く心配していない。いや、本当に多いよ。多すぎて決められない。嬉しい限りである。

 

 

 

 

続く。

 

 

 

 

十三機兵防衛圏 - PS4

十三機兵防衛圏 - PS4

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: Video Game
 

 

 

Bloodstained: Ritual of the Night - PS4

Bloodstained: Ritual of the Night - PS4

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: Game Source Entertainment
  • 発売日: 2019/10/24
  • メディア: Video Game