無名の手記

ゲームの感想やレビュー、攻略をただ綴っていくだけのブログ

【スポンサーリンク】

【雑記】 近況報告(37)

NINJA GAIDEN:マスターコレクション 【CEROレーティング「Z」】

 

真っ白な未来 君と描いて

 

ゲームのモチベが爆上がりの近況報告37。思いのほか久々に触るニンジャガが楽しくて仕方が無いという状況で、他のゲームのモチベは飛んでいった。その前にやっていたソフトはソフィーのアトリエDXとFF14だったあけだが、今はニンジャガに集中している。8,9年以上…Σ2にいたっては、十年前ぐらいにやっていたソフトのわけだが、ばっちり楽しめるのが素晴らしい。やはり名作だった。いつやっても楽しめるというのは名作と呼ばれる条件の一つだと思うが、それをここまで体現されるともう何も言えない。みんな、やろう。Σ2+でゴミだった部分は大体改善されており、TMの仕様を除けばΣ2をそのまま移植した、と考えて問題ないレベル。まぁ、TMの調整が雑過ぎて「結局今のチーニンにまともな調整は無理か^^;」と諦めがついたわけだが。ニンジャガ4はもういらないです。今後はもうリマスターだけでいいと思います。この体たらくで、シビアなアクションゲームであるニンジャガの新作出されても、ストレスが溜まるゲームしか作れないんじゃないか?という懸念しか出てこない。結論から言えば、プラチナトロフィーを取ることは可能にはなっているので、そこはクリアされている。しかし、これが”楽しいチャレンジ”であるか、と聞かれると答えはNO。戦略もへったくれも無いグッチャグチャの乱戦が当たり前ステータスだけ雑に下げて、「あとは味方AIの運が良ければクリアできます^^」っていうのは流石に酷いと思います。そんな雑な仕事を自分の好きなタイトルでされたくなかったわ。

 

 

 

 

開幕から愚痴っぽくなったが、早速近況報告に入る。今遊んでいるソフトは…

 

 

 

 

以上。ニンジャガの登場により、FF14の熱は更に冷めた。まぁぼちぼちやっていくという感じで良いでしょう。完全に手を付けなくなって休止のようになると、また本格的に腰を上げて再開するとなると辛くなりそうなので、忘れない程度に継続していきたいところ。

 

 

 

ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ DX

 

ソフィーのアトリエは、終盤には入っている模様。トロフィー的にはまだまだだが、育成、ストーリー、共に佳境を匂わせる程度の様子は見られる。ニンジャガまでに終わらせたいと地味に考えてはいたが…仕方ないね。

攻略も揃っているし、何より一度プレイ済みなので完走できるか、という点においては何の心配もしていない。こちらも忘れない程度には常に触れ続けたいところだが… 

 

 

 

 

f:id:case56:20210611194808j:plain

で、本命のニンジャガ。悩んだ結果、Σ2から開始。一番面白かったし、ストーリー的な繋がりもかなり希薄なので、もう2からやっちゃっていいだろうという感じ。久々にやったが、やはりとても楽しい。Σ2とΣ2+を合算すれば、十数周は遊んでいたソフトのはずだが、開始してみるとなかなかこれが止まらなくなる。そうよ…この感覚をずっと待っていたのよ……やはりニンジャガは素晴らしいアクションゲームだ………。確かに難しいし、敵のパターンと戦い方のセオリーを覚えるのが前提の設計のため、初心者ほど早々にポッキリと折られてしまい、脱落してしまうのだろう。しかし、そこは少しだけ頑張ってみてほしい。敵の攻撃もちゃんと対策を練ればやり過ごせるし、理不尽な敵の数に見えても、チュートリアルで見かけた技を駆使すれば簡単に無双できるようになっている。

 

 

 

進捗としては、ストーリーを強者の道で一周し、問題のTMに挑戦中。関門は間違いなくここなので、ここをさっさと消化できるだけしておきたい。というわけで、一番難しい極みから消化していくことにした。Σ2では極み1と2が鬼門だったわけだが、なんと驚くことに普通にクリアできた。極み1にいたっては、初見でクリアできたという謎展開。その分極み2では死にまくったけど。AI操作キャラの固さがなかなかに凄まじいというのと、敵の火力がびっくりするぐらい下がっていたのが大きな原因。多分、今回の鬼門は極み2と3なんだろうなぁという印象を受けた。1はごり押しでなんとかなる。ただ、エリザベートだけはきちんと練習しておきましょう。味方AIとの相性が恐ろしく悪いようで、エリザベートと戦っていると味方の体力がゴリゴリ削られてしまい、非常に危うくなる。人間操作ですら手ごわい相手なので、まぁ無能なAIに任せたらそうなりますよね。

極み2は、全体的な敵の火力が上がっているのできちんと戦わなければ最後の魔神幻心3体で終わる。かなり死ぬ上、かなりの乱戦になるので、体力は十分に確保しておかなければ話にならない。幻心に限って、火力と体力がかなり下がっているので、短期決戦で死なないようにすればその内クリアできる。ぶっちゃけ、実力半分運半分の問題というという印象だった。羅刹、天狗、お婆、魔神幻心の練習をきちんとしていれば、後は時間と試行回数の問題だと思う。まぁ、大体ノーダメで全部倒せるぐらいに練習すれば行けるでしょう。

3は、AIが何の役にも立たない仕様になっているので、ほぼほぼプレイヤーが全て対処するぐらいの心持ちでなければならない。とりあえず、タゲられているボスに各キャラを連れて行き、味方が固まらないようにする。大仏はこれで問題なし。問題は女神で、雷のオンパレードでてんやわんやになること間違いなし。AIは全ての雷を体で受ける漢気仕様になっているため、短期決戦で行かなければまず先にやられる。女神は最後、首に弓を撃たなければならないわけだが、ここでタッグの利点が生きる。死んで蘇生された側は、ヘイトがリセットされる。つまり、どちらの女神にもタゲられていない状態になる。これを利用し、死人が出たら蘇生された側を操作して、フリーの状態でさっさと弓を撃ち込む。これで女神のとどめはゴリ押せる。残り一体になったら普通にストーリーと同様に戦うだけ。体力がミリとかじゃなければ大体勝てる。

 

 

 

ニンジャガの状況はこんな感じ。Σ2の全てのミッションでクリア者が既に出ているので、コンプは可能と見て間違いなさそう。難易度は、リマスターよりPS3版の方が上かなぁという印象。Σ2がコンプ出来て、Σ2リマスターがコンプできない人は多分いないんじゃないかな?って程度には難易度が下がっているので、Σ2コンプ者は安心して購入しましょう。敵の火力の下がりっぷりにおそらく笑いが出るはず。まぁ、レイクルとか寄生プレイでプラチナ取った人は知らんけど。Σ2とリマスターを両方やってて、リマスターだけコンプしていなかったら…そういうことなのかもしれない。まだコンプしてないのにそういうこと言って大丈夫なのか?

 

 

 

 

今回はここまで。すばせかまでに、ニンジャガΣ2をなんとかコンプまで持っていきたいところだが…まぁこの分なら行けそうかな?不可能でないってのが分かっただけでも重畳。ニンジャガが終わったらソフィーを再開するかΣに行くかは不明。3REは…あんまり触る気は無いが、なんやかんや言っておそらくいつかは触ると思う。結局はファンだからね!Σ2と同様ミッションはクソバランスなんだろうけど。そもそも元がクソバランスというのは置いておこう。

とりあえず、ゲームのモチベはかなり上がったので嬉しいですね。アトリエとニンジャガとFF14だけでしばらくやっていけそう。あとは体調を整えるだけ。エルデンリングの発売日も決まったし、ゲーム界隈の未来は明るそうだ。

 

 

 

 

続く。